舞台のアイデアを生む魔法のカード

 

ダイソーの情報カード300枚を購入する。これ1枚につき1アイデアを思いついたらすぐ書く。頭に浮かんだことは全部カードに封じるイメージでもったいなく思わずガンガンカードを使っていく。

それを大きなホワイトボードに磁石でランダムに貼っていき、ペンでそれぞれのアイデアを紐付ける。紐づけてる最中にアイデアとアイデアが出逢って新たなアイデアが生まれたらそれもカードに記入。

ポイントは不採用になるとわかってるアイデアも一つ一つすくい上げること。現時点では実現不可能だったりいろんな理由でボツ案かもしれないけど、1万のボツ案の屍の上に最高の1のアイデアは生まれるのでボツ案大事!

そして、もう一つのポイントはカードをケチらず1枚に1つのアイデアを書く。1つのアイデアを書いてる最中に、頭の中は別の新たなことを思いついてしまってることはよくある。それを一緒くたに1枚のカードに書かず、もう一枚の新しいカードに書くこと。そうしておくと、あとからカードを紐付けさせるときに不便なので必ず1枚につき1アイデアを守る。

アイデア限定でなくてもいい。忘れてたやるべきことをハッと思い出すこともある。それも書けばいい。なんだか気持ちがモヤモヤするならそのときの気持ちを書いてみる。

頭や心にはふだん、言葉として意識してないけどシャボン玉のように湧いては消える言葉になっていない言葉がものすごくたくさんある。それらを認識して外に出してあげることで、思考や感情の循環が良くなり、新鮮なアイデアが生まれるんだと思う。

何に価値があるのかなーとよく考えるんだけど。それはきっとその人だけのアイデア、その人だけの想い、その人だけの言葉。あなたのフィルターを通過したもの。このカードに書き起こして、ホワイトボードに貼り付けて俯瞰することは私にとってはフィルターの掃除だったり、フィルターを通過させる作業だ。

いろいろなものを見聞きして食べて触れて…様々な事を思い感じているけれど、ほんとシャボン玉のように儚くパチンと割れて消えてしまう。アイデアはもっと儚い。

私は自分の意見やアイデアを育てるためにまずは想いのカケラを集める。舞台はそうしたひとつひとつのカケラが集まってリミックスされて、一目一目丁寧に編むようにしてひとつのものになる。どこの何が舞台上の私の表現の元になるかは必ずしもダンスの稽古中からでは全然なくて、むしろ9割の日常の何気ないものが表現に化けている。

まるで夢のようだ。見ていたはずの夢が思い出せないように、あぁあれはなんだったかな、すごくいいことを思いついた気がするんだけどっていつも悔しい気持ちになるんだよね。ヒラヒラととぶ蝶を追いかけて虫網で捕まえるのがこの魔法のカード。

 

実現させて

はじめてアイデアは生きる。

 

だから思いついたら迷いなくどんどん実現に向けて動くこと。「俺もそれは考えてたんだよー」って人様が実現させたアイデアを「俺だって」と言うけれど、やはり実現させたもの勝ち。だって実現しなければそれはあなたの夢の中で追いかけている蝶と同じなのだから。