恩返しは恩を仇で返すつもりで

 

こんな経験ありませんか?

みんなが応援してくれている!みんなが期待してくれている!こんなに支えてもらっているのだから期待に応えねば!と肩に力が入るあまり、思う結果が出せなかった時のことを考えて足がすくんでしまったり、怖くなってしまったり、最初は好きで始めたことがみんなに応援され注目されればされるほどに結果を出すことが義務になってしまっていた経験。

私は子育てでもそれを経験したし、2回目の結婚を決めた時もそうだった。子供をちゃんと育てなきゃ!と思うあまりに、見失ってしまうんだ。

それじゃ、子供がかわいそうという言葉を恐れた。子供にさみしい思いをさせているんじゃないか、愛情不足になってるんじゃないか。そうして、もっともっとと肩に力が入ることないですか。

最大公約数を考える

でも結局、あなたはあなたのニュートラルを保てている時が一番結果が出るんだよ。いつも自分の「フラット」を意識する。恩をかけてもらうと人間だもの、応えたくなるし、返したくなる。感謝の気持ちを伝えたくなる。私なら、私の人生で一番の何かをその人に返したいなと思う。

私の最大公約数ってなんだろうって考える。子育てもそうなのだ。私が母として送れる最高のギフトってなんだろうか。お客様に対してもそうだ。応援してくれる人にも、もっと大きな視野で私にできることを考えると…ちょっと一旦、感謝の気持ちとか恩に報いたいという気持ちを捨てることだ。縛られた大瀧冬佳はおしまいだと思うから。なるべくいろんなものから自分を解き放って自由でいることが一周回って、恩返しになり、子育てであり、お客様の気持ちに答えることになると思う。

私はもしかしたらかなり自分に自信がなくて、自分の出した結果でさえ自分を褒められず、周りの人のおかげだと本気で思っていて、なかなか自分に満足できない。これは悲観しているのか、むしろ自分はこんなもんじゃないという自信の現れなのかどっちか自分でもわからないけど…とにかく、「ありがとう」なんて言葉だけで感謝の気持ちを表すことをそれで示しちゃっていいのかなと不安でいっぱいになる。だから私は最大の感謝を示すために感謝の心を捨てる。感謝しなきゃという縛りを自ら解いて、解放してあげた方が私は結果を出せるのでそうする。子育ても無責任なのは、産んだ責任を果たしたいからだ。

恩は仇で返すくらいがちょうどいい

何も人でなしになれって話ではなくて。結局、他人よりも自分をないがしろにしていると、それはあなたの本当にしたいことからどんどん遠ざかるんだよってこと。

大切な人に迷惑かけたくない、心配かけたくないっていう人いるじゃないですか。そんな時に「私は大丈夫」って全然大丈夫そうじゃないあなたが言っても相手はめっちゃ心配するでしょ。心配かけたくないなら、「大丈夫じゃない!」って大丈夫じゃない時にちゃんと自らヘルプ求められる人だと思われていた方が相手は安心するんだよ。自分の限界わかっている人だなって安心させられる。

甘えられない、頼れないなんて言う人もそうだと思うんだけども、周りからしたら、常に危なっかしいあなたのこと気にしていて、それってすごく甘えていると思うんだ。

結果主義者だから結果を出すことから最も遠いところに行く必要がある。恩返しをするために恩を忘れるくらい自分に夢中になるのだ。回り回って一番の恩返しになると私は信じている。返さなきゃ返さなきゃと義務のように縛られ生きている私にするためにその人は私に恩をかけてくれたわけじゃないと思うのだ。その気持ちもわかるからこそ、仇で返すくらいに自分一番で生きている。

自分に枷をつけるのにはもう飽きた

私は以前まで「枷好き」だった。自分に制約をかけることで自由を奪い、それでも達成する自分に興奮を覚えると言う一種の変態だったのかな。

誓約が制約になるなと気がついたのは最近。誓いの言葉は枷なんだ。でも物理的にも心理的にも妨げるものはない方が速く自由に走れるに決まっている。誓いを破るとか、約束を破るって言うのは人としてどうなのかと問われるでしょう?けれどもその誓約が制約になって、本当の目的(お互いが幸せでいること)の妨げになっていたりするんじゃないかって。

枷はない方がいいと思う。そして、思うより人は「枷好き」が多い。トラウマがあるからとか、愛されない理由をすぐつけたがる。責任もおいたがるし、拘束も大好き。私も自分にずっと幸せになれない枷をたくさんジャラジャラとつけて走っていたように思う。それに飽きてきて、やーめた!もういいや、幸せになろ!って決めたんだ。

はじめの話に戻ると、誰かにめっちゃ応援されていようが、期待をたくさんかけられていようが、責任があなたにあろうが、それを枷にするのはただの変態だってこと。やることはきっと本当は変わらないはずで。勝手にあなたが背追い込んだだけなんだ。それは辿り着きたい場所や、得たい結果、望むゴールに何か意味があるの?って振り返ると何もないでしょう?

 

所詮、暇つぶしだよね。こんな道草食っている場合じゃないんだよ!イカンイカン、何遊んでるんだ私は!!!と今日も自分に叱咤しました。実にくだらない悩みだったな。「私は人を本当の意味で信じられていないんだ!」「それは今まで愛されて育ってないからだ!」なんてやっている人いるじゃない?あれは暇だからだよ。そんな枷は飽きるまでつけて、もう飽きたんならサッサと捨てちゃうことだね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP