たらればばかり言ってる暇があったら今すぐ着手せよ

 

ダメだ…わかってるのに「たられば」ばかりで何も結局してない…なんてことになってない?

いつになったら動き出すのだ。

〇〇したら…とどんどん先送りにし、〇〇してれば…と過去ばかり嘆いて、結局あなたはいつを生きているのか。今だろ!

バッターボックスに立たずに、試合には出ず、ベンチからあーだこーだと言ってるだけ。いざとなったら闘えると思ってるでしょーけど、みんながすり傷作りながらも闘ってる間サボっていた代償は大きいよ。闘え!試合に出ろ!

 

とはいえ、今は動けるときではないのだよね。休むときなんだよね。あぁ、そうこうしてる間にあの子もその子もどんどん先に進んでいく。と、焦りも感じるよね。だからこそ、口をついて出る、「〇〇したら」という自分への誓いの言葉。

 

いいんだよ、そんな風に予防線張らなくても誰もあなたを見捨てない、見下さない、見限らない。それより何より、あなたがあなた自身を、「〇〇してなければ」「自分を認められない」「自分を許せない」「自分の価値を信じられない」ってことなんだよね。

 

そう思ってしまうのも分からなくもないけど、そんなに頑張りすぎなくてもいいんだよ。肩の力を抜いて、ゆっくり呼吸して、空を見上げて。笑って。

 

やるときはやるときで、やらないときはやらない。シンプルなことなんだ。〇〇したらやるなんて言わないで、やるかやらないかでいいんだよ。

 

闘うのかベンチで休むのかハッキリしろ。ハッキリと自分で納得しないといずれにしろ後悔するんだよ。

 

中途半端に「やれる私」を演出して自分の首を締めるのはサッサとやめてしまえ!たられば言ってるのが一番ダサいし、しんどいよ。

 

スッキリ、はっきり、つまりなく。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP