なかなか人との付き合いを切れない人

悪い人じゃないんだけどね〜とわざわざその人との繋がりを弁護するような言葉を吐いてしまう付き合いに意味があるのか考えたことはありますか。会えばどんな話をするのかほとんど予測できちゃう人とばかり会ってませんか。本当の本当の本当にその人といることが楽しいと思えていますか。そういう人との付き合いをやめることって考えられますか。

そう聞かれたら、少し考え込んでしまいますよね。

そして次には「でも」か「だって」が口をついて出てしまう。会うと過去の話しかできない人と会う時間を作ることは本当に互いのためなのであろうか。自分たちはいつの話をしているのか少し意識してみるといい。楽しいは楽しいんだけど…の「けど…」に続く違和感にちゃんと気が付いてあげることが大事だと思う。見なかったことにして「楽しい」と思い込もうとしている。ってことないですか。

そういう付き合いを断ち切れないのは、そんなことをしてしまったら自分に友達なんて一人もいないことに気づいてしまうから、できないのだ。互いにそういう結びつきで繋がっていることにうっすら気が付いているようで気がつかないフリをしている。それは実は自分も相手も大事にしていなくて雑に扱っているってことになる。付き合いをやめる、あなたといるのは本当の本当の本当は楽しくないからって。それって、人でなしみたいな、冷たい人に感じるだろうけども。孤独が怖くて楽しくもないのに繋ぎ止めているその付き合いの方が誠実ではなく、エゴの塊なのである。

馬の合う友達に出会えることは運任せ、奇跡的に、たまたま出会えるものという受け身の姿勢でいることが、こうした事態に陥る原因ではないだろうか。「出会いがない」なんてことはなく、たまたま居合わせた職場や学校の友達のみでなく、自ら繋がりを構築していくそんな友達があなたにはいるだろうか。あなたが選んで、そして相手にもあなたが選ばれて付き合っている友達を持つこと。また、そういう風に友達は作れると知ることで、なぁなぁな関係を断ち切れるようになるのだ。それから一人は孤独かもしれないけれど、孤立ではないと知ることも大事だと思う。

孤独を受け止めらるようになったところから本当に人付き合いが始まるのだと私は思う。