ついにNYへ!!!大きすぎる夢の叶え方

 

自分はこの程度っていう枠を壊していこう

先を驀進していく人の推進力に勇気をもらうことってあるよね。勢いって大切。これくらいかなっていう枠を設けずに、これやりたい!こうだったら楽しい!そんな明るい未来の可能性にかけていけるって素敵だ。でも現実は理想とはかけ離れていて、フッと冴えない自分や不自由な環境に引き戻されちゃう時ってある。

そういう時に、しほりさんみたいな存在って、しのごの言わずやったらんかい!!!と言う圧倒的なパワーでクヨクヨした気持ちを吹き飛ばしてくれて、それ以上に動き出さずにはいられないほどのワクワクを感じさせてくれる。
そんなしほりさんのでっかい夢の共有!
いよいよ船出です。

 

音楽家で作詞作曲家のしほりさんがついにNYへ!

アーティストビザがおり、NYへいよいよ飛び立つ!おめでとうございます!!!アメリカで枠から解き放たれたしほりさんから目を離しちゃだめ!音楽家というスケールでなく、表現者として多岐に渡って大きく活動していかれることと思います。日本人初のブロードウェイミュージカルの創作、ハリウッド進出。体は小さいけれども、心とエネルギーの大きさは世界クラスなしほりさんです。そのビジョンの大きさや、まばゆい輝きにいつもドキドキワクワクな気持ちをもらいました。

大きすぎる夢をみる

私は予告ホームランとか、前人未到とか、快進撃とか、そんな言葉を自分のリアルな毎日につけながら人生のあゆみを楽しんでいる。ブロードウェイだの、NYだの言うとあまりに現実とはかけ離れすぎ規模が大きすぎて、周りのみんなはまだ半信半疑と言うか、他人事と言うか、わーっと興奮するほどには巻き込めていない段階であり、おそらくしほりさんもそんなことを感じているんではないかと思う。それでも旗を掲げるってこと。だからこそ旗を掲げること。

大きな夢を抱くって言うのは実はすごく「今」を大切にすることと同義だと私は思っている。遠くのようで、今この瞬間の取るに足らない些細な選択が遠くの未来には大きな影響を与えたりするんだ。実現のタイムラグを考えると、大きければ大きいほど途方も無いけれども、だからこそ「今」の在り方こそが夢を叶える自分ってことなんだ。

理想の未来へのチューニング

それはチューニングに似ていると思っている。大きな夢を叶えている状態が当たり前の状態である自分の在り方をインストールする必要があって、今の叶っていない現実の自分のままではそう言う些細な選択は僅差で現実に引っ張られ続けるのだ。

「パンがないならケーキを食べればいいじゃない」これは誰が言ったか。は、どうでもいいのだけど。この言葉が当たり前に口から出てくる、環境、価値観…それは当時生活に苦しむ平民たちには全くもって理解ができなかった。格差がある。乖離している。それが自分の中で同じように起きていると考えてみる。

NYブロードウェイに立つ自分。と、東京阿佐ヶ谷の小劇場に立つ自分。それからヤクルトレディをして雨の日も雪の日も配達をしている自分。これは私の未来、現在、過去になるわけだけで、どれも私だ。その一人の人間の中でも全く異なる環境と価値観になるとは思わないだろうか。しかも、この未来現在過去の感覚はわずか2年。2年後の自分は「パンがないならケーキを食べればいいなじゃない」って当たり前に口から出てくる人間になることだって容易い。

そうして私は夢を叶えていきた。

武道館で歌うのが夢なシンガーソングライターは安室ちゃんに憧れて武道館のライブで感動して涙を流している場合じゃないの。何をしに行くかって、安室ちゃんから見える景色をインストールしに行く。安室ちゃんは、どんな胸の高鳴りであそこに立っているの?観客の熱狂をどんな気持ちで見ているんだろう?今の自分が武道館に立ったら、きっと人のエネルギーの波に圧倒されてまともに立っていることすらできないかもしれない。それを、目の前の安室ちゃんのように舞台に立つ、憑依する練習をしにライブを見に行くんだよ。あの熱狂の渦に巻き込まれずに、むしろこちらから渦を巻き起こす、緊張なんかに安室ちゃんが飲まれているわけないじゃないですか。

だって、そうじゃん。何かの奇跡が起きて、一気に自分にファンがうん万人とつき、武道館ライブが決定しましたー!明日ライブです!ってなったとしよう。もう場も全て与えられた。それで、立てますか?立てないんだよ。「パンがなかったら、ケーキがある」なんて発想全然用意できていないから。

チューニングってそう言うことだ。

プロフェッショナルとは

この2017年は私にとって大きな節目で。大瀧冬佳劇場第一幕終了。くらいに、今までの27年間余すことなく全てをぶつけ燃やしきった旗揚げ公演を終えて、もう5月の段階で終わってしまっていた。そこで、いや〜そろそろ動こうと思った瞬間に出会ったのがしほりさんだった。

彼女との出会いのおかげで、私の2017年後半戦もとても充実したものとなった。

本物のプロフェッショナルと言う今まで出会ったことのない、いわば「ケーキが当たり前の人」に出会った感じ。私は「パンさえ食べられない人」の中でそれが当たり前で仕事をしてきた。いや、そんなことはなくて、ロイヤルバレエ団を目指していた時は「ケーキの人」と一緒にそういえばいたし、自分もそうだった。

しほりさんの高い能力と、願望実現力と言うか、行動力、知性、無邪気さ、なんだか全てが私にとっては大きな刺激で、チューニングをたくさんさせてもらった。「パンをやっと食べている私」をぐんぐん引き上げてくれるだけのパワーもしほりさんにはあって、この人は夢を本当に叶えるんだろうなってその説得力をものすごく感じる。

まぁ、それが夢の共有であり、競争しない共創の世界なんだ。批判とか、「どうぜ無理だ」とかそういったネガティブな力に負けない圧倒的な可能性を魅せる力を持った人をプロフェッショナルと言うんじゃないかって思う。しほりさんはまさにそんな人で、だから、これからNYに旅立つことが決まったのは、出会って短い期間なのだけど、自分のことのようにとっても嬉しい。私も頑張ろうと思う。


大瀧冬佳プライベートレッスンの受付始めました。
※12・1月の予約申し込み受付してます!!!お日にちお時間ご希望にそえます。場所は東京都あきる野市内です。

はじめての方へ(プライベートレッスン)

・単発なら、1時間3,500円

・週一月4回なら、4回で10,000円

でお受けさせていただきます!(全て税込です)
内容はヨガときっかり限定しておらず、ヨガやバレエ、ピラティス、古武術、などなど混ざったものをプライベートレッスンなのでオーダーメイドでレッスン内容組み立てさせてもらってます!

目的に合わせて、リフレクソロジーやメディテーションやカウンセリングや座学なども人によっては相談して組みこまさせてもらってますm(_ _)m

初回申込フォーム→https://goo.gl/forms/OzlljhUwq0nUZjTe2

2回目以降のご予約→https://goo.gl/forms/x7ABpwfgoNmSgXOb2

 


■大瀧冬佳監修 「カラダの教科書vol.1~2」販売中

・1冊 ¥3,160-.(税、送料込み)
・PDF版 ¥1,360-.(税込)

https://onlineballet.thebase.in/

解剖学の知識を実際にダンスに応用できるまで考えておられるすばらしい内容だと思いました。
また積極的に世に発信しておられる活動も素晴らしいと思いました。是非頑張ってください!(アレクサンダーテクニーク講師の方よりご感想)
他、ダンスカンパニーUzmeの旗揚げ公演「Mao」のオリジナルサウンドトラック全11曲を収録したアルバムも残りわずかですが販売しております。

朝活オンラインでヨガができます

こちらは参加費月額300円で毎日受け放題です!

運動難易度は妊婦でもできるレベルの易しめ

日頃の運動不足を解消したい人におすすめです。

また、朝早起きして体を動かし日の出の光を浴びると

一日とてもパワフルにおくれます!!!

エネルギッシュに毎日を過ごしたい人もぜひお気軽にご参加ください。

朝オンラインヨガ


■【大瀧冬佳*来年の公演予定】

2018年4月   大瀧冬佳ソロ公演開催予定(スタッフ募集中)
2018年6月末  UzmeArtFes開催予定(一般参加者募集中
2018年11月 NY単独公演開催予定
2018年12月 東京凱旋公演開催予定

お問合せ、ご質問随時歓迎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP