人気と信用

ある音楽家が私は好きで、その方の作る音楽は唯一無二で個性きわだつ音楽なのだ。もともと映画館でみたとある映画のオープニングの曲が凄まじくかっこよくて本編よりもその曲が流れるたびに血が沸くような興奮を覚え、曲の方が印象に残った。エンドロールで作曲家をメモって、他の曲も聞くようになった。

彼は相当な変わり者で、ライブなどではMCは手短に「とっとと次の曲にいきます」とか。ファンがキャーッと騒ぐと「うるさい!俺はファンとか嫌いなんだ!」ととんでもないツンデレを発揮する方なのだ。

なんだか、周りを見渡せばファンやお客様に迎合しまくりな人が多い気がするのだ。もちろんファンやお客様あってのことなのは百も承知で、とてもありがたい存在ではある。握手できるアイドルやユーチューバーをはじめとした、「ファンと共に」という形をとる人たちの出現により、これが主流になっているけども、骨太なアーティストが極端に減ってしまったようにも思う。

手なんか届かなくていい、天才、鬼才に私は心が震える。ニコッとなんてファンサービスはいらない。

人気と信用が皆欲しいと思うのだが、ここで一つ考えてみたいのは、歩み寄りや寄り添い、それから与える、用意するという行為だけが人気と信用を作るのではないということ。突き放すとか、壁を作る、逃げる、遠ざけるも人気と信用を作るのだ。これってすごく面白い。恋愛に似ている。

先日「新しいコミュニティの作り方」というイベントに出てきたのだけども、そのイベント云々の話ではなくて…今の時代求められているのが「居場所」「居場所」「居場所」居場所という言葉がたくさん出てきた。居場所がみんなそんなにないと感じるのか。そうした居場所に加わるハードルはめちゃめちゃ低めに設計されている。でも、熱量を高くするにはどうしたらいいかということが多く質問に上がっていたように思う。

私、個人が好きな形としては、ナチュラルに紆余曲折あってそういう存在になっているものの方が好きだし、面白みがある。お膳立てされた居場所や偶像にはさして興味が湧かないけれども、結構な数の方がデザイン(設計)された居場所や偶像を好むのだなと新しい発見だった。

ブランディングというのもこちら側が意図的に見せていくというよりかは大衆が勝手にカテゴライズや取り上げをしていくという方向性が好ましい。私は。

人気とか信用を意識せず、とっとと次の曲にいくようにぶっちぎっていくのもある意味人気と信用を築くのだ。

 

2018年7月7・8日 大瀧冬佳ソロ公演予告

 

HOME