何も言っていないに等しい言葉5選

これを書いたら、今後えらく発信しにくくなるのだけど。

 

「共感しました!」という言葉

よくコメント欄で見かける、共感した!その通りですね!という言葉たち。きっと自分が今まで何となく感じていたことが言語化されていたことへの感動の気持ちを表しているのだろからそれが悪いとは言っていない。けれどもあなたがいつもそうした言語化ができないのは「共感しました」止まりだからだと思うのです。そこから何をどう共感したのか自分の言葉で紡ぐ癖をつけると、そのうち自分の言葉で語れるようになると思う。

つまり、これはあなたは何も言っていないに等しいのだ。

「やっぱり人だよね」という言葉

そらそーだろと思うのです。人柄の良し悪しなんて正直とても測りにくく全く参考にならない尺度だ。だからこそ、私たちは最低限のセオリーを守る(仕事なら尚更のこと)ことは大前提として人と関わると思うので、「やっぱり」と再確認されると「え、今更?」と思ってしまう。むしろスタートする前にそこはあるもんだと思っている。今更何言ってるのワード3位以内にランクインしそうだ。

「難しいよね」という言葉

いろいろと自分の意見を言った挙句の締めの言葉で「夫婦って難しいよね」とか「子育てって難しいよね」「イベントって難しいよね」って言葉。「うん、そうだね、で??」ってことを私たちは今まで話していたのではないか??と感じてしまう。難しいから何なのだ。その言葉は解決できないのは自分のせいではなく問題が複雑だからだってことでやり過ごそうとしてる放棄の言葉に聞こえちゃう。私も言いがちなのだけど。

「盛会をお祈りします」という言葉

…その祈り、意味ある??基本的に祈りというものがよくわからない。盛会への祈りに限らず、被災地への祈りも意味があるのかわからない。何か行動した方が祈りより価値があるような。百歩譲って祈りに効果があるとして、その祈っていることをわざわざ人に伝えるというのはただのアピールでしかないなぁと思う。

「人それぞれだよね」という言葉

でしょーね!!!!って思っちゃう。いや、そりゃそうだろ。もっともらしく言ってるけど、超当たり前のことでしょ、それ。その上で私たちは今話してるんじゃないのかな??って言葉。

 

「そうですねー」という言葉

以上、私がふだんモヤってる言葉たちをお届けしました。こちらに何をして欲しいのか察ささせる尻切れとんぼみたいなのも好きじゃないです。大人なら意思を持って、しっかり自己主張して欲しいです。

「で?」って言葉で返しそうなのを飲み込んで「そうですねー」で流してる私も大概何も言ってないのと同じですがね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP