なんだかんだ言ってキレイな人を選ぶ

 

 

人は無意識に顔で選んでいる

AさんとBさんがいて、キレイなAさんと、雰囲気なんとなく暗いBさんが同じ1万円のアクセサリーを売っていたら多分Aさんから買うんじゃないかと思う。さまざな職業があるけれども、顔、形の持って生まれた造形抜きにしてもキレイな人はいるもので、そちらに好感を抱き無意識にそちらの方が選ばれるのは致し方ないことなんだ。

やはり、私も最終決断を下す時、例えば「この人に大事な自分のチームに入ってもらって仕事を任せるかどうか」とか「この人を信用していいかどうか」「この人を切るかどうか」も究極、顔で決めている。損得勘定でこの人を入れたらこんなメリットがあるよね〜って言うのに流されそうになるけれども、でもやっぱり打算で決めたものは後になってしわ寄せがやってくる。顔から醸し出される輝きってどんなに隠しても輝きを放つし、逆に顔のくすみはどんなに塗りたくって、着飾ってデコレーションしてみても嘘はつけないものなんだ。心の鏡だと思う。誰もがそれを無意識に感じ取っているはずだ。ただ、打算に流されるかどうかだけ。

キレイにも色々あるが…

キレイと一口に言っても、その定義は難しい。

綺麗の意味は…

 色・形などが華やかな美しさをもっているさま。「―な花」「―に着飾る」

 姿・顔かたちが整っていて美しいさま。「―な脚」「―な女性」

 声などが快く聞こえるさま。「―な発音」

 よごれがなく清潔なさま。「手を―に洗う」「―な空気」「―な選挙」

 男女間に肉体的な交渉がないさま。清純。「―な関係」

 乱れたところがないさま。整然としているさま。「机の上を―に片づける」

 (「きれいに」の形で)残りなく物事が行われるさま。すっかり。「―に忘れる」「―にたいらげる」

美人の意味は…

 容姿の美しい女性。美女。

 容姿の美しい男子。

美しいの意味は…

 色・形・音などの調和がとれていて快く感じられるさま。人の心や態度の好ましく理想的であるさまにもいう。

 妻子など、肉親をいとしく思うさま。また、小さなものを可憐に思うさま。かわいい。いとしい。愛すべきである。

 りっぱである。見事だ。

 (連用形を副詞的に用いる)きれいさっぱりとしている。

綺麗な人とは「調和がとれている人」のことだった!?

さして容姿端麗に生まれなかったみなさんに朗報だ。どうやら、先天的な要素だけでなく、「調和がとれている」ということが美人に不可欠な要素であることが判明。

確かに、北川景子くらい美人でも文句や愚痴しか言わないでいつも精神が不安定で病的に痩せていたりしたら、美しいとは決して思えないだろう。それよか、美味しそうにご飯を食べて、ニコニコ笑って、精神が大人で安定して一緒にいて心地が良い普通の顔の人の方が遥かに美しく思える。

「健康」というだけで、かなり美人に近づくのではないかと。

ちなみに健康というのは、ただ「病気でない状態」や「弱っていない状態」のことを言うのではなくWHOによると「肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」と、思うよりハードルが高い。

健康はどうしたって日々の積み重ねからしか磨かれない

美しい人にはワケがあるな〜と近くで見ていると思う。周りを観察してみてほしい。肉体的にも精神的にも社会的にも満たされた状態にあるな〜って思える人ってどれくらいいるか。そして自分自身はどうなのか。そうした美人さんは、何と言うか一事が万事美しい。ブスは一事が万事ブス。普通の人は一事が万事普通。全ての行動や、その人の言葉、食べている物、振る舞い、態度、生活習慣、全部がやっぱり顔に繋がっているのが観察するとよく見えてくるはずだ。

だから、私は人に見られているかどうかって全く関係なくて、自分が美しくあることが自分にとっての譲れない美学だ。人に見られていなくても自分に恥ずかしくない行動を取りたい。なんかそこは自分の弱い心に負けたくないなって思って生きてきた。

日々の積み重ねなのでね、とりあえず明日は早起き頑張ろう。明日11/2から朝ヨガ始めます。

そろそろなんとかしなきゃ!この腹、この体力

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP