八王子成人式プレゼントプロジェクトークラウドファンディングやpolcaを今こそ使うとき!ー

 

成人式をプレゼントしよう!

facebookを見ていたら素敵な投稿が流れてきた。八王子の呉服屋さんの投稿で、先日の成人式当日に起きた卑劣な事件にさしあたって呉服屋としてできることを考えられたそうだ。投稿内容は泣き寝入りをするしかなかった新成人の皆さん

にもう一度成人式をプレゼントしようという企画しているという内容。

 

プレゼント内容

  • 気に入った振袖を着せてあげたい
  • ヘアメイクをしてあげたい
  • 記念撮影をしてあげたい
  • 厄除けをしてあげたい
  • 式典をもう一度開いてあげたい

という内容だそうだ。「大人が裏切ったのなら、救える力があるのも大人だ」という言葉がすごく印象的だった。

 

新成人に送るエールとして

「成人式」自体の価値なんてただの自己満足と言われればそれまでだ。結婚式や成人式など、晴れ着を着てなんのためにするのかってそういう価値観は人によってそれぞれである。だから、「成人式をプレゼント」という企画は人によっては「私は別に成人式行かなかったし」とか「それも社会の厳しさだ」とかいう人もいたりするのかなって思う。

「晴れ着を着て、式典に出ること」成人を迎えた親子にとって一生に一度の大切な日だからという価値観に加え、私は、この「成人式プレゼント」企画にもう一つの意義があるように感じる。それは、これから大人の一員、一社会人として世の中に出て行く人たちに向けて、世の中にはひどいことを平気でする大人もいるけれども、たくさんの力を合わせたらプラスのことが生み出せるのを行動として大人が指し示すのは意義があると思うのだ。

あなたにとっていいことを人は、自分の能力やそれからお金も自由に使って支え合えるという世の中は素敵だと思う。やられ損な思い出を訴えるという手段でなく、プラスのもので覆うって素敵だなって。

 

能力を循環させていく

私には着付けすることも、ヘアメイクする能力も、貸せる振袖もないので、このプロジェクトをボランティアで行おうとしている人たちに資金を援助するという形で力になろうと思った。で、私には小さな力ではあるけれども、それなりにこのブログを読んでくれている方や、Uzmeや私のファンがいてくださっているので、少しばかり人に知られている。なので、そういった力を集結させる小さなポイントになることはできるかと思うので、polcaで資金援助したい人を募ることにした。

さらに、いただいた今月の朝活の参加費を全額こちらに送らせていただこうと思う。つまり、自分の蓄積して着た能力をお金という形を通過させて新成人の皆さんに還元できたらいいなということだ。

立ち上げたpolcaはこちら↓

https://polca.jp/projects/XlewOGr4WHx

 

facebookで行なっている朝活はこちら↓

https://www.facebook.com/groups/1748328892062822/

 

集まった資金を送金したらまたブログ上で報告させていただきます!小さな力でもないよりマシかと思うので、フットワーク軽くやってみようと思う。

 

恩返しでなく恩送りをしろと言われた

なんせ、私も今までたくさんの大人に助けられてきた。お金を援助し続けてくれた人もいたし、アドバイスをくれたり、手を貸してくれる人もいて、親のいない私はいつかそんな大人になりたいってずっと思ってきた。たくさん助けてもらって、生かされた命なので、いつも恩返しがしたいって思ってきたのだけど、そうして助けてくれるようなかっこいい大人って絶対に私からのお礼は受け取ってくれないものなんだよね。

 

「恩返しなんていいから、次の世代に恩を送れるくらいの大人になれ!それを俺は望んでいる」痺れましたな。一生忘れない。そういう痺れる大人になるには、私はまだまだまだまだだけどもまぁ、その一歩として7つ下の後輩たちに私のできることをしたい!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP