アンサンブルダンサー募集要項(2018年8月18日現在)

2020年春にめがけて!

ダンスカンパニーUzme第三回公演「春の祭典」は2020年春の開催を目指して絶賛制作中です。今回、アンサンブルダンサーのオーディションは行わずレッスン参加を条件に募集をスタートしました。

レッスン参加が条件の理由とは

2018年秋から2020年春までの団長大瀧冬佳のレッスン参加が条件となります。その理由は、まずは私自身が魂揺さぶられる舞台を見てみたいからです。

お金や時間をたっぷりかければいい舞台ができるのかというと、そこは全くもってイコールではないのが芸術の面白いところです。何が人の根底から揺さぶるほどに影響を与えているのか。そこの追求です。

その私なりの答えの一つが今季からスタートさせるレッスンに秘密があります。ずっと考えていたんです。何が人を動かすのかって。みんな心や魂は置いてきぼりにして生きているのですが、いくら頭に問いかけても響くことはないその魂に訴えかけるには??

魂は魂でしか揺さぶれない、そして魂ってなんなのかを理数系で理論派で、でもアーティストな私は考えて答えが出てきたので、それを伝授していきたいなと。

そして最強の磁場を生み出す舞台を作りたいと思ったので、今回はレッスン参加からコミットしていただく形にしました。

クラス概要

◇フォローアップクラス

ダンス基礎(体幹、軸の強化、リズム感、グルーブ感)ダンス応用(テクニック強化、表現、創作)体力強化、体型改善、体質改善と舞台上で群舞を踊るためのワークなど。作品理解の解像度をあげるワークなども行なっていきます。各種イベントなどの本番あり。経験と実績を積んでいきます。レッスン前後にプロに必要な座学があります。毎週宿題が出ます。

・毎週土曜 18:00~20:00
・高田馬場駅徒歩5分のスタジオ(リノリウム、バーあり)
・レッスン料 2,000円/1h

◇トレーニングクラス

個人トレーニングクラス。フォローアップクラスで補えない個人的なフォローに入るためカスタムしながらクラス内容を作っていきます。

・毎週または隔週 固定曜日時間(相談の上決定)
・東秋留駅徒歩3分の自宅スタジオ(リノリウム、バーあり)
・レッスン料 2,000円/1h

上記二つのクラスを受けていただきます。お休み、変更などの諸連絡はFBグループページにてお知らせさせていただきます。

ゴール

目標 特別指名される人物
手段 才能のフル発揮
目的 魂の悦びを感じるため

動けるダンサー、踊れるダンサーはごまんと溢れています。でも強烈に虜にさせられるようなダンサーはごくごく僅かです。強烈に虜にさせるとまでは言わないにしろ、ファンが一人もいないのに「プロダンサー」を名乗られることも少なくないです。ファンのほとんどは教え子だったりすることもあります。それは悪いことではないですが、熾烈ですよね。分母が大きくなれば確率は下がります。

アンサンブルダンサーってどうせその他大勢でしょ、なんて思っている人はその時点で終わってますから、よく聞いてください。たとえその他大勢でも、主役を食うことが全然あります。客席は素直です。主役は一番目立つところで踊っているから主役なのではなく、やっぱりお客さんが主役にしているのですよね。主役が同じ舞台上にいるのに客の視線が群舞のたった一人にグッと集中させられちゃうことだってあります。

何が言いたいかっていうと、ずっとずっと奥が深いのです。自分にスポットライトが当たらないからってそんな単純な話じゃないんですよね。光は自分が放つし、コントロールするものです。特別指名される人物を目指したいです。それはあなたがどこでどの役を踊っていようが。です。

その手段としては持てる才能のフル発揮だと思っています。人がもっとも生を実感したり、最高ー!って思う瞬間はどんな時なのかに興味ありませんか?簡単に調べることができます。Twitterで「最高」で検索をかけると、今この瞬間「最高!」だと思っている人たちが出てきます。その内容を読み解いていくと、「ライブ」「仲間」「能力を発揮した」の3つのキーワードでまとめられることばかりが出てきます。あとは趣味に没頭して、大好きなアイドルや作品に浸かっている瞬間が最高と思うようです。

私たちは、人に認められたり、お金持ちになったりすることを目指しがちですが、人生の最高の瞬間というのはそれらはあまり関係ないことがわかります。

最高〜!!って満面の笑みで笑っている人はとても魅力的に映るのはわかりますか?私は人を魅了するのはそんな笑顔だと思うので、「才能のフル発揮」を手段にしてみました。

目的は「生きててよかった〜!」「魂が打ち震えているぜ!」という瞬間をあなたの人生の一ページに刻むことが私とUzmeみんなの目的です。魂は魂でしか揺さぶれないので、己が震えない作品で観客を感動させることなんて不可能です。それに最終的に大事なものって愛でしょう?そこをやっていく以外他に何があるのかなって思うわけです。

お申込みはこちら

一流に触れる前に「いまいち」とジャッジする人は三流

 

いつか行きたいところは計画を先に立ててしまう

やりたいことや、行きたいところなどの願望がある時はそれの具体的な計画を立てると結構な確率で実現する。行けるかどうかとか、やれるかどうかを思い悩むよりも、行くとしたら「いつ?」「どうやって?」「いくら?」「必要なものは?」「何は外せない?」「誰と?」なんてもう行くと決まった前提で計画を立ててしまおう。よく聞くことだけれども、「いつか行きたいな」「いつかやりたいな」の『いつか』はやってこないんだよね。現実的に今は無理な状況だよねってこと多いから、『いつか』と考えるんだと思う。でも、妄想はタダなので、考えてみたらいい。

 

突然ですがNYに行きたくないですか?

ニューヨーク??

旅行ってそこに何があるか、ある程度知っていないと行かないって不思議だ。知らないから行くのではなくて、あれがみたいから行くってのが面白い。私が言いたいのは、私も行ったことはないけれども一緒に世界最高のエンタメを観に行こうよ!ということだ。

 

一流に触れる前に判断するのはナンセンスだ

「あーそれ、微妙だったよ」「あんまり好きじゃないな」「それの何がいいの?」「あれはよくないよ」「とってもつまらないよ」と、何かに対してすぐに嫌いとジャッジするのは非常にもったいない。特に中途半端なレベルのものに触れ知っただけなのにそれを否定するのはちょっと恥ずかしい。

「あなたがそれを微妙だと思うのは一流に触れていないからだ」ということは多いと思う。私もやりがちだ。例えば野球はあんまり好きじゃない。でも大きなスタジアムでものすごいゲームを観戦したら一気に好きになるのだろう。うにが好きじゃない。でも北海道の新鮮なうにを食べたら好きになるかもしれない。

何事も極めれば一流だと思う。どんなにつまらなそうなことでも、向き合い方次第で面白くもつまらなくもなると思うのだ。

 

好きなもの、興味をそそるものが多い方が人生は楽しいはず

基本、否定から入る人って生きていて楽しいのかと聞いてみたくなる。(という否定w)とにかく、好きなものは多い方がいい。言い方変えれば、嫌いなものばかり、つまらないものばかりな人生は楽しいのかって話。

 

さて一流のエンタメやアートに触れてみよう!

めっちゃ遠回りな話をしてきたけれども着地点はここ。私がハマりにハマっている「舞台」というものをみなさんにも感じて欲しい。なのでね、ニューヨークのエンタメツアーを組むことにした。ダンスカンパニーUzmeの制作過程をみられて、それからエンタメの聖地と言われるニューヨークのアートを堪能して欲しい。日本でもいろんな舞台がたくさん上演されている。アートやエンタメって生活になくてはならないものではない。日本はこれだけ豊かなのにアート後進国なのだ。他の国の人がどれくらいアートに密着した日常を過ごしているのかとかを体感しに行くのもいい。

私自身も、世界一のバレリーナになろうと心に決めたきっかけはロシアの世界トップのバレリーナをみた時だった。やっぱり世界一に触れるのはいい。

ニューヨークツアーを組もう!!

来年2018年の11月に組むつもりで準備を進めている。前述したようにまず行く前提で計画を立てるのが大事!私たちは3日間4ステージの単独公演をするつもりだ。小屋入り、リハーサル等含めてNY到着からの5日間は自主公演に取り組み、終演後の10日間くらいをNYで何をするか夢を膨らましているところだ。

今って、手の平の中にニューヨークの事情も知った気になれるくらいの情報に簡単に触れられる。でもだからこそ、足使って自分の五感を使って吸収する自らが取りに行った情報の価値ってすごく高まっているんじゃないかと思う。私たちはなんでも知っているようで、何も知らない。体感でしか得られないものをぜひ取りに行きたい。

ここまでめっちゃNY押しで書いてきたけれども、私たちダンスカンパニーUzmeの公演も東京公演と同じ作品を上演しても、NYはNYで全く別のものになるはずだ。NYについたぜー!かましたるぜー!っていうUzmeが乗りに乗った舞台がどんなものかということもこのツアーに参加して、ぜひ体感しにきて欲しいなと思う。

参加してみたくなった方は…

私は来年2018年8月にクラウドファンディングをする予定だ。そのリターンが、公演の先行チケット購入窓口であり、ツアー申込窓口にできたらいいなと考えている。Uzmeの活動の支援もできて、なおかつ個人で行くよりずっとお得な価格プラス内容のツアー参加券というのが私の理想。なので、「いつか行きたいな」と少しでも思った方は、具体的な妄想を始めて欲しい。そして、来年8月までに20〜30万円ほどを用意し始め、来年11月初旬に10日ほど予定を空けることを計画すればほぼ行けると思う。来年の8月までと考えると…今からならまだ10ヶ月もある。単純に月に3万ずつ積立れば行けてしまう。3万円なんてあなたが高校生だとしても、時給1,000円のアルバイトを週二回4時間ずつ働けば稼げてしまう。と言った感じで具体的に行動に落とし込めば高校生でも行けちゃう。

大瀧冬佳の動向をおっていれば、そのうちうるさいくらいの告知が始まるだろう。

 

 

【関連記事】
なぜか16万アクセスも記録している人気記事(2017年10月現在)

情報が簡単に仕入れられる時代に生まれて、逆にいうと仕入れられない人は遅れをとってしまう時代

繰り返し繰り返し実践するから身につく【かさこマガジンを読んで】

 

 

一度で体得できるほどできちゃいない

だからくりかえしくりかえし振り返るのだ

 

かさこさんというライターのブログ塾を2015年10月に受講した

この方はセルフマガジンという個人版の会社案内のような冊子をつくり

全国どこでも何部でも送料無料・冊子無料で配布するという酔狂なことをされている方だ

個人でネットの印刷会社に依頼し製本しているにも関わらず

その数なんと3万部!!

全て自費。

 

 

かさこさんの新しい2017年版かさこマガジン

 

添削してみた!!

 

 

赤ペンで採点していたら

「かさこさんのマガジンを添削してんの!?」と

ひかるくんに突っ込まれたが

セルフマガジン大賞をとった私でも

そんな畏れ多いことはさすがにしません!笑

 

一度、受講した私でも大いに役立つ内容だったので

復習をしてみたのだ

どれだけ実践できているのか

数値化してみました

 

「好きを仕事に」するための7つの武器マスター率

64%

思ったより全然できていませんでした。

 

3月中までにやること

・HPの情報整理←早急に!

・サービスメニューの設置←未だに確定していない

・名刺←マガジンありゃいいだろと作らずじまい

 

次!「多くの人に読んでもらうブログにするための6つのポイント」

達成率 63%

全然ですね…まだできることがあった

 

思いや経歴、信念はわかったから

もう少しダンスについて触れていこうと思います

 

でも、カラダの仕組みとか動かし方

これ、検索で訪れてくれる人が圧倒的に多い記事です

もう少し増やすのと

 

それからカンパニーの試行錯誤レポも

きっと誰かの役に立つかもしれません

組織を動かしたり

お金や人や時間をまわしたり

それからクリエイティブな分野のことも

どうやって音楽や振りやあらゆる創作物を作っているのか

 

仕事に関わることはほぼ書いていないこのブログ

悪くはないと思っていたけれど

まだできるならやってみたらいい!!

 

そう、かさこさんのマガジンにも書いてありました

60点でもいいから発信してみる!!

 

私も思う、「やりきってみないと検証できない」と

 

 

課題としてずっと残っている名刺

これは

・キャッチフレーズ

・肩書き

・サービスメニュー

が決まってないから作るのを延期しちゃってます

 

で、キャッチコピーの作り方がとてもわかりやすく書かれてました

①ターゲット

私なら最近わかったのは40代女性(主婦)が圧倒的に多い

→40代主婦を揺さぶるダンサー

②ジャンル

私ならバレエ?オリジナル?即興?

→バレエダンサー/オリジナルダンサー!?/即興ダンサー

③サービス・商品の特長

私なら商品が私なので私の特長「孤高」

→孤高のダンサー

④効果

私なら「目が覚める」なんだよ、目が覚めるって!笑

→目を覚まされるダンサー

⑤実績

私なら昨年年間30ステージだったから

→年間30ステージを踏むダンサー

⑥経歴

私ならロイヤルバレエ団合格

→ロイヤルバレエ団にも認められたダンサー

 

⑦個性

私なら波瀾万丈としか言えないから

→波瀾万丈ダンサー

 

と、まぁこんな感じでしょうか??

かさこマガジン他のページまだまだ続きます

私はかさこさんをすでに存じているので

この先のページはすでに知っていることばかりでしたが

みなさんにはとても面白いかと思います

かさこマガジン気になった方は

http://www.kasako.com/kasakomz.html

こちらから無料で請求できます

送料も無料!

 

ついでにUzmeマガジンもお知らせしちゃう

ご請求方法は私に会えた方のみで現在は行なってます
PDF版でご覧ください!
http://9ch.jp/uzm_mag.pdf

 

 

大瀧冬佳に会える日はこちら

【冬佳シェア会やります(不定期開催)】
()の中は現在の参加者数
2/18(土)10:00~12:00,13:00~15:00(1名)
2/20 (月)10:00~12:00(1名),13:00~15:00
2/21 (火)10:00~11:30
2/22 (水)10:00~12:00,13:00~15:00

こちらはですね、ビジネス戦略(あるのか!?)な話や、セルフブランディングの話や、大瀧冬佳ブログの育て方書き方の話や、過去の生い立ちの話や、のろけ話や、なんでも2時間話し続ける会です。全出し人間とよく言われます。参加は男女問わず。オンラインでも希望があれば対応してみようかと思ってます。
場所は三鷹、吉祥寺付近

お代金は5,000円頂いてます。お一人様からでもお受けしてます。メッセージくださるだけで対応してますのでどうぞよろしくお願いします!!

 もれなく冊子無料でお渡しします。

★★★

ダンスカンパニーUzmeオフィシャルサイト

ダンスカンパニUzme youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCzCxEP__dPJBaadvLRv7eUQ

ダンスカンパニーUzme Twitter
https://twitter.com/Uzme_dance

ダンスカンパニーUzme Facebook
https://www.facebook.com/uzme.thedancecompany/

 

10/14 揺さぶる晩餐会 – 覗 Uzme –

 

心揺れる一夜を共にすごしましょう。
大瀧冬佳率いるダンスカンパニーUzme一同、ファンタジーな、でも、力強く疼く生命の神秘〜そんな世界観をお届けします。

来年5月の旗揚げ公演に向けて団員のお披露目会もかねて、みなさまと美味しいごはんを囲みながらの立食パーティーをしたいと思ってます!
ライブステージでは、Uzme旗揚げ公演「Mao」のショートバージョン。大瀧冬佳ソロダンス。伝説の男宮島周作トークライブ。などなど胸に迫る催し物も数多く企画しております。

 

【演目】

1部19:00〜19:30
・パレード-「Mao」第一幕より(Uzme団員総出演)
・乖離-「Mao」第二幕より(Uzmeメインダンサー)

・桜流し-「Mao」第三幕より(Uzme団員総出演)

2部19:30〜19:50
・山本哲生「Hero」
・大瀧冬佳+鞄職人「To share our dream」
・大瀧冬佳「elastic heart」

3部20:00〜20:30
・伝説の男 宮島周作トークライブwith大瀧冬佳

20:30〜
フリータイム

【日程】
2016年10月14日(金)
開場18:30
開演19:00
閉場21:00

【会場】
・秋葉原 ハンドレッドスクエア

東京都台東区浅草橋5-3-2秋葉原スクエアビル7F

・地図・アクセスhttp://100square.jp/map

 

【参加費】
入場料3,000円(当日現金払い)

VIP席8,000円 完全予約制 先着10名様(事前振込)

 

※小学生以下 入場無料

※立食形式でVIP席のみお席の確保がございます

※VIP席特典→食事付き、ドリンク(アルコール含む)飲み放題、特等席でのご観覧、など

 

・お支払い方法
当日現金にてお支払いください。

【お申込み方法】
1.イベントページの参加ボタンを押してください。https://www.facebook.com/events/1795078324039213/
2.当日、お知らせメールはこちらからお送りいたしませんので、そのまま会場に各自お越しください。

【出演者】

大瀧冬佳
宇賀神サトル
山本哲生
アリノツバサ
光帆
細貝あづさ
宮島周作
藤田美香

(順不同9/10時点)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

[企業さま、個人さま]

当日、受付時にご入場者さまへの配布物に

企業さま、個人さまのチラシやフライヤーを

ご一緒に入れさせていただくことができます。

 

Uzmeの後援者さまとして協賛金額によって

企業さま、個人さまのPRの場としてお使いいただけます。

 

[1,000円]

個人さまのA5チラシをこちらでご入場者さますべてに配布いたします

[3,000円]

個人さま、企業さまの~A4のPR冊子をこちらでご入場者さますべてに配布いたします

[5,000円]

Uzmeのイベント、公演等でのパンフレットに企業名、個人名、を掲載いたします

[10,000円]

Uzmeのイベント、公演等でのパンフレット、配布物に企業名、個人名+商品PR、活動内容を掲載いたします

 

掲載、チラシ配布希望の方はこちらからお問い合わせください。

https://goo.gl/forms/GjMr1KYJoKQnbsPZ2

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

9/3よりついに始動!自分を妥協せずフルで打ち出すということ

 

 

 

 

大瀧冬佳率いるダンスカンパニーUzme

いろんな人が賛同し仲間になってくれている

「ココに全てをかけてもいいと思ってる」

「大瀧冬佳だから中途半端なことじゃないからやりたいんだ」

「一緒についていきたい」

そんな風にみんな言ってくれて

私は一瞬、弱気になったりもした

 

でもさ、第一回のキックオフミーティングのときに

私自分の口から言ったんだよ

「みんながどれだけ尽力してくれても

私は『ありがとう』って言わないよ。

今も喉のここまで出懸かってるけれど

私は『ありがとう』というくらいなら

そのエネルギー全部表現にぶつけて感謝を示す」

 

 

そうなんだよね

私は自分の作りたいものに

命、魂、体、全部を注ごう

 

大瀧冬佳がやりたいもの

それをどれだけフルでぶつかっていけるか

ほんと、ここだけなんだ

 

私が感じてきた悲しみや怒り

喪失感、空虚感、無力感

絶望からの無

でも、一筋の光を手繰り寄せるように

もがいてあがいて見つけた

生きる喜び、踊る喜び

そして、私は舞台に立っている

 

 

そんな唯一無二の私の内面を

どれだけ表現できるのかなってところだけで

私は来年5月まで走っていくのだろう

 

今のままでは全然足りないんだよね

表現に耐えうるカラダじゃないんだ

 

内面に外側がついていかない

とてもフラストレーションがたまる

 

一ミリも妥協したくない

こんなふうにぶつかっていって

思ったものができなかったら

こんなふうにぶつかっていって

期待はずれだったら

こんなふうにぶつかっていって

大したものじゃなかったら

こんなふうにぶつかっていって

自分だけのゴールに到達できなかったら

 

そういうことを気にして

大概の人は保険をかけた

なんとなくのところでやってるだろう

見せかけの挑戦で満足するのだろう

 

表現者やアーティストは

捨て身だ

自分の全部を打ち出すギャンブラー

だからこそ、人の心を打つのだと思う

 

そして、人に感動をとか

人を熱狂に包み込ませるとかをゴールにしてるんじゃなくて

限界やゴールなんかなくて

自分のフルを常に出しつづける

限界を越えていく

どっか、頭の安全装置がぶっ壊れてるとしか思えない

 

 

でも、私もこれを作りたいに一直線なんだ

それが楽しいから

その他のことなんてどうでもいい

 

私、まだ26才でこれはほんの序章に過ぎなかった

って思う日もいつかやってくるかもしれない

だけども、今の一瞬、一瞬が今の最高でありたい

 

人生はそう長くない

やりたいことは今やる

もしかして、本当はこんなふうに

自分の人生を体現するような公演をうつのは

時期尚早と言えるかも

だけども今できることは今しかないんだなぁ

 

この未熟な私のままで

不器用ながらも表現していきたい

ふだんは表出しないけど

肚の中で暴れ狂う魔物をね

出せる場をつくりたいんだよね

私の体がそれに耐えうるかが今の課題

 

そんな一片を大分中津でやってみます

自分をギリギリまで表現できるか

ここから勝負です

あぁ、ほんとうに怖い

できるのかできないのか

今の全部でぶつかっていこう!!

ただそれだけです

 

9/3 10:40~「大瀧冬佳ダンス」観覧無料(投げ銭)

詳細はこちら

 

バレエ

 

ヨガ

 

 

お知らせ

 

 

 

リーダーの品格をつくる3つのこと

 

 

1.リーダーは常に手隙であれ

 

リーダーって動き回ってはならないと思う

リーダーは台風の目であること

 

ーなぜか。

 

あなたが動き回ったら

あなたを軸として動くたくさんの人がブレるから

 

そしてチームとして団体として動く利点は

相互に助け合い、

歩みが一定でつまずくことがなくなること

リーダーが重要な役目の仕事をしてしまったら

チームの動きが緊急事態が起こったとき停止します

 

リーダーはどこのポジションの非常事態にも

いつでも対処できるようにスタンバっていること

またはすぐに代打できる人に振れること

周りを細かく丁寧に見渡すことが仕事だと思うのです

 

マ◯ドナルドのチームワークはすごい!

繁盛店のピークタイム

ドライブスルーにカウンターに客でごった返す

 

・キャッシャー(ドライブスルーのレジの人)

・カウンター(店舗の接客、レジ)

・ランナー(注文が入るのと同時に商品を用意する人)

・ポテト(名前忘れたけどポテトをひたすら作りつづける人)

・作る人(これも名前忘れた)

・ドライブスルーのオーダーとる人(これも名前忘れた)

と、もっと細かく分担されている

営業しながら同時進行で客席の清掃や

ゴミ箱の点検もピークタイムでも欠かさない

 

みんながあくせく働いているのに

店長やマネージャーの偉い人は何もしない

 

バカなバイトは文句を言うけれど

とっても重要な役割を担っている

・クレームが入ったらその対応

・バイトが急に早退したらその穴埋め

・商品の入れ忘れがあったらお届けに

・従業員の休憩時間、入退勤などの指示管理

 

つまり緊急事態に備えている

全体を見渡して営業が円滑にすすむように

いなきゃいけないポジションなのだ

 

それをもし、他の従業員同様あくせく働いていたら

…最悪、営業停止になる

 

リーダーは常に手隙であれ!

動いてはならぬ、が、リーダーが全体を動かしているんですね〜

image

責任をとれる位置にいるってこと

そして役をふれること

 

 

2.リーダーはビジョンをメンバーに見せるのが仕事

 

上記にも書いたように

台風の目であること、つまり求心力が大切だと思う

 

求心力ってなんだろうか?

「ココに行くよ!!」っていう目的地を示し

それがとても魅力的だと思ってくれたメンバーが

集い手となり足となり、ひとつの生き物のように

そこへすすめるのだと思うのです

 

ビジョンがあやふやだったり

あ、これもいい!あれもいい!

だと不信感、そして次第に解散!!

 

また、ココに行けるのかな?

と舵取りに迷いや不安があってはならない

 

私はこんなときワンピースの麦わらのルフィを思い出す

「海賊王にオレはなる!!!」

何度、この言葉が出てくるか

(見てないし、読んでないけど)

 

そのビジョンは誰のためでもなく

まっすぐ今の自分のため!

というところもミソかと思います。

誰かのご機嫌をうかがうことは絶対にしない

 

これって当たり前だけど結構難しいかも

 

夢、希望、情熱

とっても臭いし、ちょっと恥ずかしいけど

自分にどこまでも素直なんですね〜

堂々と宣言できる

誰かの目に臆せず旗を掲げられる

 

これってすごく大事なことだと思う

私利私欲や不安からでもない

純粋な想いをシンプルに宣言できるって

きっと置いてきてしまった人は多いのではないか?

 

目的地を示すこと

 

 

3.言わずもがな決断という舵取り

 

リーダーが考え込んではならない

台風の目なので、回転しつづけることだ!

 

問題対処への瞬発力が大事

 

瞬 発 力 !

「瞬間的に作動する筋肉の力。瞬間的に発揮できる手足のばねの力」

という意味なのですが

私はダンスの視点から

100の力が出せるとしてすでに100出していたら

そっから1も出ないのです

見ていてもなんとメリハリのない踊りか!

 

だから0であることね

ニュートラル

 

 

力を抜きつづけること

目の前の問題に対して使う労力も一瞬、

すぐに0にもどすこと

 

私が独特なのかもしれないけれど

できるかぎり指示や段取りを組むことを

積極的にしないようにしている

力を発揮しないで、0でいる

人は自分の持っている能力を発揮できることに

一番やりがいや喜びを感じるので

リーダーはその場の提供をする

 

さらに私はどこで自分が発揮できるかを

本人に考えざるを得ない状況をつくることにしている

(っていい風に言ってるけど、そうなってしまうが正しい)

結果、リーダーからの指示待ち人間は0になる!!

 

そして決断って

「決める」と「断つ」なので

メンバーへの役割分担も

「決める」があれば「断つ」ことも同時にある

そこで情とか恩があるからとかで選ばない

道なき道をすすむとき

道しるべはたくさんの他の例だったり

有識者の意見だったり

情報は山のようにあるけれども

 

最後は己の直感で決めることになる

直感って第六感的なものでもあるけど

洞察、推理、推察、による

ほんと小さな違和感を見落とさず

膨大な情報処理を一瞬ですますことなのかもしれない

 


 

という3つのことが大事かな〜って

ダンスカンパニーUzme団長をしながら思いました〜

 

私は先陣きってすすむようなリーダーではない

的確な指示をパッパと与えられるようなリーダーでもない

 

学生のころからリーダーはよくやっていたけど

ずっとそんな感じです

 

周りが勝手にサッとフォローに回りあうようなチームづくりが得意

直感で適材適所に能力を発揮してもらえる場所に誘導することも得意かも

 

そんなダンスカンパニーUzmeは

メンバーまだまだ募集中です

できるかできないかより

やりたいかやりたくないか

やるかやらないか

その思いがあればメンバーになれます

 

人生ってそんなもの

できるかできないかで選択しているうちは

その程度だと思うの

今ある能力をどんどん伸ばして

それを思う存分発揮したいってあなたは望んでるはず

 

やりたいの?やるの?

私からの質問はたったそれだけ

 

何ができるかはそのあと考えればよい!

具体的な活動

 

 

レッスン情報

8月のスケジュールでました!!!!

バレエ