一流に触れる前に「いまいち」とジャッジする人は三流

 

いつか行きたいところは計画を先に立ててしまう

やりたいことや、行きたいところなどの願望がある時はそれの具体的な計画を立てると結構な確率で実現する。行けるかどうかとか、やれるかどうかを思い悩むよりも、行くとしたら「いつ?」「どうやって?」「いくら?」「必要なものは?」「何は外せない?」「誰と?」なんてもう行くと決まった前提で計画を立ててしまおう。よく聞くことだけれども、「いつか行きたいな」「いつかやりたいな」の『いつか』はやってこないんだよね。現実的に今は無理な状況だよねってこと多いから、『いつか』と考えるんだと思う。でも、妄想はタダなので、考えてみたらいい。

 

突然ですがNYに行きたくないですか?

ニューヨーク??

旅行ってそこに何があるか、ある程度知っていないと行かないって不思議だ。知らないから行くのではなくて、あれがみたいから行くってのが面白い。私が言いたいのは、私も行ったことはないけれども一緒に世界最高のエンタメを観に行こうよ!ということだ。

 

一流に触れる前に判断するのはナンセンスだ

「あーそれ、微妙だったよ」「あんまり好きじゃないな」「それの何がいいの?」「あれはよくないよ」「とってもつまらないよ」と、何かに対してすぐに嫌いとジャッジするのは非常にもったいない。特に中途半端なレベルのものに触れ知っただけなのにそれを否定するのはちょっと恥ずかしい。

「あなたがそれを微妙だと思うのは一流に触れていないからだ」ということは多いと思う。私もやりがちだ。例えば野球はあんまり好きじゃない。でも大きなスタジアムでものすごいゲームを観戦したら一気に好きになるのだろう。うにが好きじゃない。でも北海道の新鮮なうにを食べたら好きになるかもしれない。

何事も極めれば一流だと思う。どんなにつまらなそうなことでも、向き合い方次第で面白くもつまらなくもなると思うのだ。

 

好きなもの、興味をそそるものが多い方が人生は楽しいはず

基本、否定から入る人って生きていて楽しいのかと聞いてみたくなる。(という否定w)とにかく、好きなものは多い方がいい。言い方変えれば、嫌いなものばかり、つまらないものばかりな人生は楽しいのかって話。

 

さて一流のエンタメやアートに触れてみよう!

めっちゃ遠回りな話をしてきたけれども着地点はここ。私がハマりにハマっている「舞台」というものをみなさんにも感じて欲しい。なのでね、ニューヨークのエンタメツアーを組むことにした。ダンスカンパニーUzmeの制作過程をみられて、それからエンタメの聖地と言われるニューヨークのアートを堪能して欲しい。日本でもいろんな舞台がたくさん上演されている。アートやエンタメって生活になくてはならないものではない。日本はこれだけ豊かなのにアート後進国なのだ。他の国の人がどれくらいアートに密着した日常を過ごしているのかとかを体感しに行くのもいい。

私自身も、世界一のバレリーナになろうと心に決めたきっかけはロシアの世界トップのバレリーナをみた時だった。やっぱり世界一に触れるのはいい。

ニューヨークツアーを組もう!!

来年2018年の11月に組むつもりで準備を進めている。前述したようにまず行く前提で計画を立てるのが大事!私たちは3日間4ステージの単独公演をするつもりだ。小屋入り、リハーサル等含めてNY到着からの5日間は自主公演に取り組み、終演後の10日間くらいをNYで何をするか夢を膨らましているところだ。

今って、手の平の中にニューヨークの事情も知った気になれるくらいの情報に簡単に触れられる。でもだからこそ、足使って自分の五感を使って吸収する自らが取りに行った情報の価値ってすごく高まっているんじゃないかと思う。私たちはなんでも知っているようで、何も知らない。体感でしか得られないものをぜひ取りに行きたい。

ここまでめっちゃNY押しで書いてきたけれども、私たちダンスカンパニーUzmeの公演も東京公演と同じ作品を上演しても、NYはNYで全く別のものになるはずだ。NYについたぜー!かましたるぜー!っていうUzmeが乗りに乗った舞台がどんなものかということもこのツアーに参加して、ぜひ体感しにきて欲しいなと思う。

参加してみたくなった方は…

私は来年2018年8月にクラウドファンディングをする予定だ。そのリターンが、公演の先行チケット購入窓口であり、ツアー申込窓口にできたらいいなと考えている。Uzmeの活動の支援もできて、なおかつ個人で行くよりずっとお得な価格プラス内容のツアー参加券というのが私の理想。なので、「いつか行きたいな」と少しでも思った方は、具体的な妄想を始めて欲しい。そして、来年8月までに20〜30万円ほどを用意し始め、来年11月初旬に10日ほど予定を空けることを計画すればほぼ行けると思う。来年の8月までと考えると…今からならまだ10ヶ月もある。単純に月に3万ずつ積立れば行けてしまう。3万円なんてあなたが高校生だとしても、時給1,000円のアルバイトを週二回4時間ずつ働けば稼げてしまう。と言った感じで具体的に行動に落とし込めば高校生でも行けちゃう。

大瀧冬佳の動向をおっていれば、そのうちうるさいくらいの告知が始まるだろう。

 

 

【関連記事】
なぜか16万アクセスも記録している人気記事(2017年10月現在)

情報が簡単に仕入れられる時代に生まれて、逆にいうと仕入れられない人は遅れをとってしまう時代

伝えたいことを育てるという考え方

 

伝えたいこと育ててますか??

 

先ほど書いたこちらの記事↓

フッと浮かんだことをそのまま喋れる相手って誰までですか?

 

自分の中に湧いた伝えたいことから出力までがノンストップだと、私のような表現者や何かを生み出す生産側の人はやっていけないんじゃないかと思う。上記の記事で挙げられている感情型の人は基本的に「消費者」としてコンテンツに触れている人たちだ。生み出す、0→1をするのが仕事な人の場合は日常的に自分の興味をそそられることが周りに落ちていないかアンテナを張っている。少なくとも私は。眼に映るもの、耳に入るもの全てが、創作の原石。なので、なるべく好奇心を働かせて感受性高く拾ってしまうのが性分で、そして、それを自分の中で育てて自分というフィルターを通して世に送り出す。そういうことをしているのだ。

 

だから、自分の中をたくさんの情報がそのままスルーしていくなんて勿体無いとさえ思うし、考えたり、感じ切ったり、スルメイカみたいに味がなくなるまで味わい尽くすのが癖になっているのだ。「なぜ」「なに」「どうして」を飽きるまで考える。で、自分はどう思うのか。社会に何を訴えたいのか。

 

今の時代、スルースキルがないとしんどいよって言われるし、自分の中にフックがありすぎていちいち引っかかる自分も時にめんどくさくなるが、この性質を失ったときは私は表現者でなくなるんじゃないかって思う。それに人が思うよりも、自分ごととして飲み込むまでにはめっちゃ噛み砕いて唾液が消化しやすく胃に優しいものにしてくれているから大丈夫。簡単にいうと、自分には直撃させていない。あえて、作品を作りたいから胃の腑に自らぶち込んで自分を揺さぶらせる時もあるにはあるけれども。というように、スルーというのが全くできなくていちいち引っかかってしまうのは、全て作品を作るため。自分が表現者であるため。感情のヒダを多く持っていたいから。

 

で、その「伝えたいこと」なんだけど。自分が何をしてたいのかとか、何が好きかとか、どう思うのか、どう考えるのか、感じるのかっていうのはある程度自分の中でインプットもアウトプットもせずにジッと待って育てる時間が必要だと思う。今はとても時間の流れやいろんなことが速い時代だと思うのだけども、「育てる」をないがしろにしすぎではないか。それを補うのに、ひたすら情報のインプットに勤しんでいるように見える。自分の意見や考えって出していれば枯渇してくるから。だから、その危機感を覚えては、情報を飲んでいく。世に回る情報はなんだか使い回しのものが多くなってきている。

 

自分の中から生み出すっていうのは、なかなか辛い作業だ。手っ取り早く本やネットや人の作品見たりしてインスピレーションを受けて、補いたくなる。自分というものの無さを補完できると安心するから。自分の中には何もないんだなという現実に気がつくのは本当に残酷だ。だから、アーティストが薬に溺れるのもわかる気がする。

 

私が思うに、究極、人から羨望の眼差しを浴びたり、影響力をもったり、お金持ちになったりするのはこの自分の中から生み出した伝えたいことによるものだと思う。ドーピング的に知識を蓄えてちょっと加工して自分のもののように振舞ってもやはりオリジナルには敵わない。「育てる」ということを意識しなさいと、今、十月十日のこの妊娠でふと赤ちゃんに言われた気がした。自分の価値を高めるってそういうことなのかもしれない。

 

だから、感情型の人って、思ったことそのまま口から吐き出しているが、その中身はあまりないことが多い。誰もが言っていることだったり、いわゆる聞いたことのある「常識」というものだったりで、その人を感じることは一つもない。その人がその人であるアイデンティティって私は「何を考えているか」なんだと思う「意見」だ。名前や肩書きや、地位や名誉にあるのではなく、どんな意見を持っているかじゃないかと思う。だから意見を育てるのだ。

 

「私」は誰なのかで仕事をしていきたい。

 

大瀧冬佳FB(フォロー歓迎)

9/3よりついに始動!自分を妥協せずフルで打ち出すということ

 

 

 

 

大瀧冬佳率いるダンスカンパニーUzme

いろんな人が賛同し仲間になってくれている

「ココに全てをかけてもいいと思ってる」

「大瀧冬佳だから中途半端なことじゃないからやりたいんだ」

「一緒についていきたい」

そんな風にみんな言ってくれて

私は一瞬、弱気になったりもした

 

でもさ、第一回のキックオフミーティングのときに

私自分の口から言ったんだよ

「みんながどれだけ尽力してくれても

私は『ありがとう』って言わないよ。

今も喉のここまで出懸かってるけれど

私は『ありがとう』というくらいなら

そのエネルギー全部表現にぶつけて感謝を示す」

 

 

そうなんだよね

私は自分の作りたいものに

命、魂、体、全部を注ごう

 

大瀧冬佳がやりたいもの

それをどれだけフルでぶつかっていけるか

ほんと、ここだけなんだ

 

私が感じてきた悲しみや怒り

喪失感、空虚感、無力感

絶望からの無

でも、一筋の光を手繰り寄せるように

もがいてあがいて見つけた

生きる喜び、踊る喜び

そして、私は舞台に立っている

 

 

そんな唯一無二の私の内面を

どれだけ表現できるのかなってところだけで

私は来年5月まで走っていくのだろう

 

今のままでは全然足りないんだよね

表現に耐えうるカラダじゃないんだ

 

内面に外側がついていかない

とてもフラストレーションがたまる

 

一ミリも妥協したくない

こんなふうにぶつかっていって

思ったものができなかったら

こんなふうにぶつかっていって

期待はずれだったら

こんなふうにぶつかっていって

大したものじゃなかったら

こんなふうにぶつかっていって

自分だけのゴールに到達できなかったら

 

そういうことを気にして

大概の人は保険をかけた

なんとなくのところでやってるだろう

見せかけの挑戦で満足するのだろう

 

表現者やアーティストは

捨て身だ

自分の全部を打ち出すギャンブラー

だからこそ、人の心を打つのだと思う

 

そして、人に感動をとか

人を熱狂に包み込ませるとかをゴールにしてるんじゃなくて

限界やゴールなんかなくて

自分のフルを常に出しつづける

限界を越えていく

どっか、頭の安全装置がぶっ壊れてるとしか思えない

 

 

でも、私もこれを作りたいに一直線なんだ

それが楽しいから

その他のことなんてどうでもいい

 

私、まだ26才でこれはほんの序章に過ぎなかった

って思う日もいつかやってくるかもしれない

だけども、今の一瞬、一瞬が今の最高でありたい

 

人生はそう長くない

やりたいことは今やる

もしかして、本当はこんなふうに

自分の人生を体現するような公演をうつのは

時期尚早と言えるかも

だけども今できることは今しかないんだなぁ

 

この未熟な私のままで

不器用ながらも表現していきたい

ふだんは表出しないけど

肚の中で暴れ狂う魔物をね

出せる場をつくりたいんだよね

私の体がそれに耐えうるかが今の課題

 

そんな一片を大分中津でやってみます

自分をギリギリまで表現できるか

ここから勝負です

あぁ、ほんとうに怖い

できるのかできないのか

今の全部でぶつかっていこう!!

ただそれだけです

 

9/3 10:40~「大瀧冬佳ダンス」観覧無料(投げ銭)

詳細はこちら

 

バレエ

 

ヨガ

 

 

お知らせ

 

 

 

いつまで消費しながら文句言ってるの?発信しちゃえば?〜私がブログを書きはじめたきっかけ〜

 

 

私がブログを書きはじめたきっかけ

image

去年の4月あたりから

私はいつまで消費することで

仮の楽しみで人生誤摩化しつづけるんだろう?

という疑問がむくむくと膨れ上がってた

 

もともと小さい頃から

私は生み出す側だったはずなのに

何を誰に隠れるように生きはじめてしまったんだろう

 

誰かが作った仕組みの中で

楽しい!幸せだ!と誤摩化してる

消費じゃなくて本来私のしたいことは発信

生み出す側なはずだと思った

 

でも、なかなかできずにいたんだけど

少しずつ小さな動きを試みて

まず、身近な人に発信スル側になりたいと伝えることから

 

そうこうしてるうちに

かさこさんのブログに行き当たったんですよ

 

で、たまたま読んだのが

これ

http://kasakoblog.exblog.jp/23388119/

「たった一人か二人の嫌いな人を気遣うために自分の人生を台無しにしているあなたへ」

もう、私はこのときパンパンにふくらんでたんだと思う

「好きに生きさせて!!!」って思いでいっぱいになってたんだと思う。

このかさこさんの記事を読んだら

そのパンパンになった私に針でパンっと割ってもらった感じで

今もこうして留まるとこ知らずに進んでいる

 

もう抑圧は勘弁して!って感じだったから

一気にもうどうでもよくなって

抑圧されてた分、勢い良く進みだせた

 

『なんてもったいない人生なんだろう』

『嫌いな人に焦点をあてて人生を送っている限り、
一生、人生はつまらないまま終わるだろう。
そんなんでいいのか?』

 

一言、一言と読み進めるうちに

目が覚めてきて気付いたら

もうかさこ塾に申し込んでいた

かさこさんに

「ちょっと上限いっぱいで友達申請できないんですけど

どうにかなりませんか?」というようなメッセージまで送っていた

 

私の父は未だ健在である

ネットで居所がバレる可能性がある

私がどこで何をしているのか

もう10年も以上も会っていないが

父は私を気にしている

 

だから、私はSNSなんてやらなかった

極ふつうに生きることで

極ふつうの幸せや安定を手にできれば

それでいいと自分に言い聞かせてきた

 

でも、限界だった

私にはやりたいことがある

そんな世界でたったひとりの存在に怯え

なぜ私はやりたいこともやらずに死んでいかねばならないのだ

 

結局、発信しはじめて第一回目のバレエ教室開催に

父の再婚相手が偽名をつかって参加してたけど

もう、だから、なんなのだと。

 

私に好きに生きさせてくれ

もう妨害してくれるなと

 

よく、そんなふうにどうしたら

全公開で名前と顔をだして

いいたいことを言えるのかと聞かれるけれど

 

私は10代の若い頃に

家や全ての所持品、さらには友達や地元

そしてさらには「冬佳」という名前すらも

捨てて生きねばならない窮地に立たされたんだ

 

名前を捨てるってことがどんなことだかわかるかな?

名前を捨てない代わりに逃げて逃げて逃げまくる生活だった

根無し草、はぐれ雲のように突発的に消えては

また別の場所でしらっと生活をはじめるのだけど

知り合った人にあまり多くは明かさず

「大瀧冬佳」として生きることに制限をかけてたんだ

 

それがどれだけ窮屈なことか

市役所にもいちいちブロックをかけてもらったり

とにかく「大瀧冬佳」として生きることを許されない

 

もういい加減何からも逃げないところで生きていきたい

「大瀧冬佳」として胸をはって生きていたい

 

 

そんなときに出逢ったかさこさんのあの記事は

最後の最後、私の思いにパンと風穴を開けられてしまった

 

だから今がある

もう肚をくくったと言うか

私はその世界でたった一人のためでなく

私のために、私を応援してくれる人の方に

目をむけて生きていったらいいじゃん!って自然に思っちゃったんだよね

 

で、その結果は見ての通り

私はやりたいことができて

たくさんの人に囲まれて

子育てもおおらかにゆったりできている

 

そんなことも含めて

「fuyukaohtaki.comの育て方×大瀧冬佳後援会」

では3時間ぶっとおしで話させてもらっている。

こちらはそろそろ次回の日程を発表しますが

今のところ8/28の12:00~

平日も今月もう一日くらいやろうと思ってます

 

そして、9/3は大分中津にて

ダンスを披露させていただいて

1日に60分のヨガWSを3回

事前予約もはじまってるよ!!

クリスタルボウルの音色とともに

私のヨガの世界を堪能できるよ

https://goo.gl/forms/TH1HASm2l5HZlUKt1

お申込みはこちら↑

ヨガ

詳細はこちら↑

 

大瀧冬佳をもっと知りたくなった方は

こちらから「ふゆかマガジン」をご請求ください

Fuyukaマガジン

 

大瀧冬佳バレエレッスン情報

8月のスケジュールアップしました!

バレエ

 

 

したいことがあるなら、やればいいのに。チャンスがこないなら自分でつくる。

 

 

したいことがあるなら言えばいいのに

あぁ、言いつづけた!

でもねもっと人を動かす何か

強い求心力が必要だなって思ってた

 

言うのはただ、誰でもできる

そんなときどうしたらよかったのか

分かってしまったよ!!!!

したいことがあるならやってしまえばいい

 

今は無理なことほどやってしまえばいい

あたしがしたいことには

「人」「金」「時間」「場所」

かなりのものが必要で何ひとつなかったのね

でもやってしまった、したらスゴいことが起きた!

 

 

ん〜どうしようかな〜って悩んでたことさえ忘れて

何となく、公演をするならどこの劇場がいいかな〜って調べてみた

一発目にかかった検索でステキな劇場をみつけてしまった

なので、思わずそのまま見学をさせてもらうよう電話した

(もちろん使う予定はない!笑)

 

そしたら、たまたまFacebook上で

私と踊りたいとブログに書いている方がいて

じゃあ、一緒に劇場見に行きませんか?とお誘いしたのだ

…ちょっと、待てよ?

下見いくよー!って声かけたら他にも一緒に行ってくれる人いるかも!

というわけで、Facebookのイベントとしてたててみた!

 

なんと当日、13人の申込みで9人の方が参加してくれた

3人集まりゃ文殊の知恵というけれど

9人集まったのですんごーーーい面白い企画になった

そうそう!これが好きなの!!

何が生まれるかわからないドキドキ。

人と人が起こす化学変化。

今、まさにその渦中におりまして

結果よりもこの過程ふくめてホント楽しい

 

今日も昨日もこの公演関連で協力させてほしいと連絡がくる

私は「カンパニーをつくる、団員募集中!」と言いつづけた1年間

問合せは0で、進展は1ミリもしなかったのに

今は時速50㎞くらいでどんどん進展し人も集まっている

 

脚本と振付ともに私がやるならこの方に!!

と憧れを抱いていた方にアプローチして

おひとりにはついにOKがでた!!!

 

求心力を生み出すのは

ストーリーをもった人間の行動、そして結果、実績

 

 

やりきったあとでないと検証できない

なのにやる前から「まだ」できないと決めてしまうのは

かなりもったいないんだよ!

やるだけでは大した学びの収穫はない

つかったカロリーの元をとるにはやりきって最大の収穫を得たい

やりきる120%の力で

それができないなら全く動かない、やらないというのが私です

自ずと好きなことしかできないんですよね

 

 

そして、改めて

人が人を呼ぶ、人の力を思い知りました

いやいやまだまだこれから!

大瀧冬佳率いるダンスカンパニーUzme

面白くなってきました

 

ミックジャガーのポートフォリオなんかを手がけた

世界的カメラマンの宮島周作さんは

68才にしてプロのダンサーを目指してます

そんな方も我がカンパニーの一員として出演予定

 

東京シティバレエ団のダンサーや

幼なじみや個性の強い出演者が他にもおられる

ひとりひとりにファンがうんとつきそう!!

 

さらに、今回の舞台は舞台の前から物語が始まります

映像班、プロモーション班は精鋭ぞろいで

ほんとに頼もしい!!!

 

ダンスのスキルだけをガッと押し出したものというより

ダンスはツールであるということ、

一部の専門家しかわからない芸術なんてつまらないので

だれにでもわかるストーリーを軸に舞台を展開させようと

脚本家さんに依頼してます

 

 

私だけじゃなくて同じ高い温度で

みんながワクワクしてるのが嬉しい!

 

「中途半端なことならやらない

大瀧冬佳だから一緒にやりたくなった

やりがいが欲しい」

 

そんなことをメンバーに言われたら

私、どうしたらいいの、

やるよね、口だけじゃなくてやるよ

夢をみせつづけよう

終わりのない可能性を見させてあげる!!!

って、ちょっと臭いかっこいいことも言いたくなっちゃうじゃん笑

 

そんなワケで、カンパニー情報ひとまずそろえてみました!

Uzmeの由来・メッセージ

・Uzmeからのお知らせ

団員情報(随時更新)

募集情報重要!

 

 

 

 

 

 

 

 

貧しい人間の育て方・豊かな人間の育て方

 

いいこと教えてあげる!!

なぜあなたは恵まれないのか?

 

奪おうとしてるから

 

奪っていなくて、口では恵まれている人を

「いいね!」「ステキ!」といいながら

心の中では嫉妬にまみれてるんじゃ同じこと

 

なんであの人が?

特に可愛くもないし美人でもないし

特別優れた何かがありそうにも見えない

なのになんであの人だけ恵まれるのだ

お金にも人にも愛されているの??

なんで、私は愛されないの?あいつらのせいよ!って

 

それは…

妬み、嫉み、ひがみ、やっかみ

単純にそれを抱えてるからだと思うよ

あの人が愛されてることとあなたが愛されないことは

なんも関係ないのに、

あの人が愛されてるから自分の取り分がなくなるみたいな

その心の貧しさが、豊かさからは無縁な場所へ自らを導いてるんじゃない?

 

 

 

DNAに刻み込まれてるレベルで

怒鳴る人が苦手だ、嫉妬深い人が苦手

私欲にまみれた人が苦手

 

威圧的なオーラを出してる人に会うだけで

私の中は警報が鳴り響く

命の危機を感じるから動物的な勘なんだと思う

 

トラウマが特殊能力に変化しちゃったのかも

 

顔を見た瞬間、

 

皮の下に何がうごめいているか見えてしまう

もうそう言う人がとことん苦手

全速力で逃げる!!!

 

 

山にこもって花と木を

風と水を、好きな人とだけ愛でて

そんな風にすごすのも悪くないかも

 

ほんとに大切なものって

実はわずかなものだ

 

ガラクタを維持するのに時間がとられ

肝心な大切なものにさける時間が

どんどん削られて大切なもの見失ってない?

 

 

お金や人脈、モノは泉のように湧いているんだ

あの人がたくさん持っているからってね

無くならないの

なのに、羨ましくなって僻むのは貧しいよね

 

稼いでる人や幸せな人、豊かな人夢を叶えてる人

そんな人たちの足を引っ張る根性が

あなたを貧しくしてるだけだから

あの人たちが豊かさを独り占めしてるせいで

あなたが貧しいんじゃないんだってば!!

 

 

別によくないですか?

あの人が稼いでいようが

あの人がモテていようが

あの人が夢を叶えていようが

どんどんやっちゃって〜!となぜ思えないの??

 

 

そういう人たちのおかげで川の水が澄んでいくとなぜ思えない?

豊かさは抱え込むものじゃないのさ!

大きな川の流れのように循環していて

人もお金も夢も運も!

それを塞き止めて貯め込もうとしたら

川の流れ変わってあなたの隣に別の流れができるだけだよね

そして、あなたが貯め込んだ水はいずれ腐る

 

だから、私は浄水器みたいなさ、

より良い循環にかえて流れの中にいられればいっかな〜と思う

 

 

それには、

自分の肚の中の淀んだ気持ち

ひがみやねたみ、そねみ、やっかみ、

まず、そういうのに気がつくことからはじめよう

 

人の幸せを素直に喜べない人

なんでそうなのか?

なにが根っこにあるのか?

 

こういうことは舞台で踊った経験や

自分の生い立ちからつかんだ感覚なんだ。

 

 

 

 

与えたほうが豊かになるんだよね〜

不思議なことに!

 

奪ってるといつまでも疲弊して神経すり減って

貧しいままですよ

 

 

【「fuyukaohtaki.com」の育て方×大瀧冬佳後援会】

8/5(金)中野周辺(参加申込み後お知らせします)

12:00~13:00 ランチをかねた懇親会(参加自由)

13:00~15:00 「fuyukaohtaki.com」の育て方(自分のメディアをどう育てるか?そして、自分をどうプロモーションするのか?)

15:00~16:00 質疑応答(参加自由)

持ち物 ランチ懇親会参加の方はお昼・筆記用具

参加費 10,000円(お申込み後、指定口座にご入金ください)

お申込みはこちらから↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc0P2-RU_Uy6_FEvij_e6GQNp0IsYCGQPHUNVLtY1azzsn50w/viewform?c=0&w=1

Facebookイベントページはこちら

https://www.facebook.com/events/323840344631138/

別日、8/12(金)・8/17(水)・8/20(土)・8/27(土)も準備中です。

 

【ダンスカンパニーUzme公演募集情報】

協力者は随時募集中です。

お問合せはこちら

http://fuyukaohtaki.com/info/

 

キャスト、スタッフ参加希望者はこちらのグループへ

https://www.facebook.com/groups/1143610452326274/

キャスト、スタッフの最終決定は9月ですので

見込みの方もご参加いただけるグループです!

 


【大瀧冬佳SNS】

●Facebook→https://www.facebook.com/profile.php?id=100004164461261

●Twitter→@matilida0213

 

【レッスン情報】

ヨガ、バレエ、レッスンいたします。

何名様からでも初心者、未経験者でも

レッスン希望してくだされば開催いたします。

 

お問合せおまちしてます。

 

 

【Fuyukaマガジン】

大瀧冬佳をもっと知りたい方

送料、冊子無料で配布しております

お申込みはこちら→http://fuyukaohtaki.com/fuyukamagazine/

 

 

 

払うは祓う、好きなことをみつけるヒント【田中式ファスティング準備1日目】

 

自分にとって好きなことは何か?

それはね、気持よく自分にお金を払える事。

 

私はお金を払うは祓うだと思っている。

水も流れが止まり溜まってると腐る。

気持よくお支払いしたら

対価として邪を祓うようなことになるんじゃないかと

 

お金を自分にかけるとき

「うっ…高いな」って思うものは

それを得て自分がどうなるかイメージしても

それほど必要でもないしワクワクもしないから

高いと思うんでしょう??

 

同じ1万でも

私は服には高いと思ってしまうが

ダンスのレッスンなら何の抵抗もない。

 

自分の中の価値観で

1万で交換できるエネルギー量が見合ってると思えれば

金額の話ではなくなる。

エネルギーの交換とか

エネルギの還元、循環という感覚が

私のお金の感覚だ。

 

だから、好きなことって1万かけても

どうしてもやりたいこととか

どうしても欲しいものとか

って言うのを指数にすると見つけやすいんではないか?

 

そして、その純度を高めていくことが

自身を磨いていくことであり

馬力も精度も自ずと上昇していく

 

バレエのレオタードは平均1着1万。

私服1着2000円以上するものは悩むくせに

レオタードは値段を見ずに買えてしまう。

 

大きな鏡のまえに立って踊るとき

先生に目をかけてもらうために

たとえ稽古場でも輝くように

モチベーションが一番高いところで稽古ができるように

稽古の質を最高に保つために

レオタードは一番気に入ったものを

 

ネットで探せば2000円くらいの安いヤツもあるにはある

しかし着たときの着心地、動きやすさ

自分の良さが一番惹きたつデザイン

これは妥協できないから糸目はつけない

 

そして、今日からちゃんと自分のカラダをとり戻そうと

田中式ファスティング準備にはいりました!!!!

私は昔から自分のカラダが好き

カラダが喜ぶことをするのが好き

お値段、5日間のサポートと酵素ドリンクつきで

約38,000円(アバウトだな〜笑)

 

今までなら、好きなことにも自分のことにも

全然お金をかけることができなかった

貧乏魂、ケチ根性が巣くっていたから笑

お金を数値でしか価値をはかれなかったけれども

大分考えがも感覚も変わった

 

私は自分の純度を高めようと決めた

大きく還元していこうと決めた

 

カラダが資本の私たちダンサーにとって

一番お金をかけるところ

カラダは商売道具で商品だからね

それに私はカラダの変化を感じることが

変態レベルで好き

 

そんな感じで

必要と好きの一致

できることとやりたいことの一致で

毎日が楽しくてワクワクして仕方なくなる

で、そんな人の周りに人は集まるんじゃないかな?

 

初対面でグイグイ宣伝する人は

基本的にそれ好きじゃないんだろうなーって感じる

 

 

明日からふゆかつもはじめるよ〜!

代謝をあげてカラダのリセットを促進!

うわ〜わくわくするぜ!!

映像でビフォーアフターをお届けできればなと思います。

 

ふゆかつ詳細

https://www.facebook.com/groups/1748328892062822/

 

指くわえてないで「行く」と決めてしまえば?【5/29踊ります】

 

 

ぶっちゃけ、行けないところなんてどこにもない

 

大概、いや、ほぼ100%、

「どうしてもはずせない用事」は存在しないと思っている

行きたかったのですが◯◯があって〜と、

私も言ってしまいがちだけれども

実のところ「行こう」と決めてないだけなのだ。

そんなに行きたくないことだったりする。

 

行くところはあなたが選んでいる。

「はずせない用事」を

 

行かなきゃ、やらなきゃと思ってるかもしれないけれども

いや、本当にそうなのかな?それで命にかかわると思う?

極論、私は命に危険があるかどうかくらいだと思うんだ。

極論で話すのはどうかと思うけど

でもそれくらい実は「やらなきゃいけないこと」ってないんだよ。

 

生まれてから死ぬまでのたった一度の人生で

なんで「やらなきゃいけないこと」に埋め尽くされて

なんで誰かの指示や命令に従って生きなきゃならないんだ

あんた、私の人生の何に口だせるんだ!と究極的には思うんだ

 

 

だからと言って…とみなさんはおっしゃりたいでしょうが

あなた、余命1ヶ月と宣告されたらどうしますか?

宣告って特別なことだと思いますか?

私たちは宣告すらされていないんですよ?

生まれてから死ぬまでの、死ぬまではいつなのかわかりゃしない。

 

だから、私は「行きたいな〜」「やりたいな〜」と

指くわえてないで「行く」「やる」と決める。

 

「行く」と決めたら行けるようになることは多い。

 

 

なんというか義務に縛られることで

自分の選択の責任を放棄したいんじゃないかな?

 

どこにだって行けすぎてどこにも行けずにいる

 

もっと自由なんだよ。

行きたいところに行っちゃえばいい。

会いたい人に会ってしまえばいい。

見たいものを見てしまえばいい。

 

いつまで、選ぶことから逃げてるんですか?

背負う分だけ可能性をもっているので

選ぶ責任をガンガンとってけばいいと思う。

それが生きるということ。

 

そしたら、昨日とちがう今日が。

今日とちがう明日がやってくる!

 

行動したら次の現実というけれども

じゃあ、あなたは行動ってなんだと思っていて

実際、何をしているんですか?

 

今日、この瞬間の行動

明日、今日とちがう行動

具体的に何をしてますか?

 

自分をかえたいという人は多いけれども

じゃあ、何をしているの?

いつもの行動パターンから何を変えたの?

脳内で完結させてやった気になっていないで

手を動かせ、口を動かせ、足を動かせ。

 

受け身で、義務感からの行動では何も変わらないよ?

自分で選んでいくんだ。

 

指くわえて願うだけじゃはじまらない

偉い人の話を聞くことでもはじまらない

まず、第一に「決める」こと

「◯◯になったらいいな」でもなく

「◯◯に行けたらいいな」でもなく

「◯◯になる」であり

「◯◯に行く」である

 

欲しがらずに手に入るのは3才まで

欲しがって手に入るのは小学生まで

決めて進んで手に入れるのが大人だと私は思う

 

子供のころより圧倒的に自由を手にしてる大人なのに

子供のころより圧倒的に手にできるものが少なく感じる

それはきっと、自由と責任はワンセットだってことを

見ぬフリしてるからじゃないの?

 

責任ってステキなことだ。

義務なんかよりずっと自由だ。

責任は重く、できるかぎり下して楽をしようとするのに、

義務は率先して縛られつづける人が少なくない。

 

とっても初歩的な

「どこにいくか?」ということさえ

「誰とすごすか?」ということさえ

えらばなくなっている。

 

自分にとって心地よい場所も

自分にとって心地よい人も

なぜ、自分で選ばないの。

 

あなたが決めたらいい。

 

来れば?塾フェスタ!!!笑(詳細↓)

http://fuyukaohtaki.com/event/fuyukaohtaki-dance-49/


以下、お知らせ!!!

 

・太った?と聞かれてイラっとする人、万年目下ダイエット中のあなたへ

【女を捨てさせないバレエレッスン説明会参加申込み受付中】

告知をしてぞくぞくとお申込みいただいてます!!ぜひお気軽にいらしてください!!

内容は濃いですが….

 

 

・大瀧冬佳のレッスンを受けたい方へ

 
「はじめてのバレエ」

場所:池袋スタジオBUZZ

レッスン代:3,000円(税込)

5/24(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

5/31(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

6/7(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

6/11(土)tea13:15~14:15 lesson14:30~16:00

6/14(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

6/18(土)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

RESERVA予約システムから予約する

 

 

 

【出演情報】

12801289_1200973029931843_5330585217378475662_n

「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」

2016年5月29日 CST飯田橋 (11時〜18時30分)

入場料 無料

多種多様な好きを仕事にされた方の展示、物販、セミナー、トークライブ、ワークショップなどなどが出展されます。私、大瀧冬佳はこちらでダンスショーケースをご披露いたします。私のダンスのテーマは「愛」です。

 

【お知らせ】

「Fuyuka Ohtaki Dance Life」という会社案内の個人版セルフマガジンを4月末発行予定です。欲しい方は無料で送付いたしますので、こちらから件名に「セルフマガジン希望」本文に「氏名」「送付先の住所」「部数」ご記入いただき送ってください。

 

大瀧冬佳Facebook、Twitter申請、フォローお待ちしています。

大瀧冬佳Facebook申請ください。

バナーを作成

・大瀧冬佳Twitterはこちらから

 

LINEの友達登録もよかったらどうぞ!
友だち追加

不戦勝と不戦敗〜勝ちにいくことを誤摩化す人たち〜

 

勝負に挑むっていうのは

怖いことですよ

誰にとっても。

 

でも挑んだものにしか勝ちも負けもない

で、本当は勝ちたいのに

負けるのがかっこわるいからって

準備不足だし?

今、本気出せないし?

あれが足りないし?

って言い訳並べた挙げ句

 

勝ち負けなんかどうでもいい

そんなのにこだわるヤツはバカ何じゃないかと不戦勝きどり

挑んでいる人を上から見下す。

「本来の目的は〜」なんてそれっぽいこと言っちゃって。

 

不戦勝どころか勝負から降りた瞬間に

なにしても何言っても不戦敗なんだぜ!

 

どんな正しいこと言っても

それこそあなたのいう「本来の目的」

それをあなたこそ見失っている

勝負に本気で挑める者は目先の勝ち負けが欲しいんじゃないから

すべてをかけて突っ込めるんだよ

その瞬間に勝っても負けても勝ちだからね。

 

どんな形でもいい。

次に繋がればいいし

今の自分をかけるだけの気持ちがあれば

絶対次に繋がるんだよ!!

それが「本来の目的」ではないのか

 

そして、やっぱり勝てる人っていうのは

そんな風に何度も負けてきた人が多い

何度も立ち上がって

小さくてもステップを踏んで泥にまみれても上がってきた人

 

それか1%の天才。

 

いい?

それでも不戦にするなら静かに去ってちょうだい

自分を正当化するためにまわりを巻き込むな

道連れ仲間つくらないで一人で立ち去れ

 

大賞をとることが本当に目的じゃないんですか?

大賞になれば宣伝してもらえる

賞金もある

自分をPRする絶好のチャンスをもらえる

 

私なら喜んで食いつく

それがエサだとわかっていても

もちろん仕掛けている人も分かった上で

やる機会を提供してくれてる意図がわからないのか

 

 

完璧な冊子をつくるには今ではない

わかる、その気持ち

でもつくってみてわかった

 

今晩、たまたま隣でのんでるおじさんが芸術監督かもしれない

明日、ホリエモンに会うチャンスが訪れるかもしれない

明後日、たくさんの方の前で踊る機会が舞い込んでくるかもしれない

 

そんなときに完璧をめざしたせいでチャンスを逃してしまうのか

ないよりある方がいいに決まってる

拙い文章で、粗末な冊子だとしても

完璧をめざしてそこにない冊子より100倍意味のあるものだ

 

それから、最近痛感するのは

あのスゴイ人たちのスゴイ場所にたってるあの人しか知らないけれど

あの人たちも雪だるまを転がすように

ちょっとずつ大きくなっていったのだと思う。

 

満塁ホームランを打つことばかり

そんなセコい考えはやめて私は愚直に

いまできることをできる範囲でやっていこうと思う。

 

勝ち負けなんてどうでもいいと言っている人こそそこにこだわり

勝ち負けに本気で食らいつける人こそその先にしか目がない

前者は不戦敗で

後者は実は不戦勝だ。

 

そんな私のセルフマガジンは

mementmori.0213_fuu@icloud.comからご請求ください!

あの、住所書いてくださいね!どこに送ればいいかわからないと送れないので!

 

セルフマガジン大賞は5/20まで!!

http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

5/29「好きを仕事にする見本市かさこ塾フェスタ2016」にて

マガジン大賞の結果発表があります。

http://festa.kasako.jp/2016/


 
【レッスン情報】

3ヶ月間レッスン受け放題春のはじめてバレエをはじめちゃおキャンペーンやってます!!

下記のレッスンを12,000円で全部受けられます。

 

「はじめてのバレエ」

場所:池袋スタジオBUZZ

レッスン代:4,000円(税込)

 

4/16(土)tea11:15~12:15 lesson12:30~13:45

4/22(金)tea14:15~15:15 lesson15:30~16:45

5/10(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

5/24(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

6/7(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

6/18(土)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

RESERVA予約システムから予約する

「ダンサー表現者のためのバレエ」

場所:池袋スタジオBUZZ

レッスン代:5,000円

 

4/23(土)tea10:15~11:15 lesson11:30~13:00

4/26(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

5/17(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

5/31(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

6/11(土)tea13:15~14:15 lesson14:30~16:00

6/14(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

RESERVA予約システムから予約する

「音浸しの会」

5/14(土)18:00~22:00
RESERVA予約システムから予約する

6/25(土)18:00~22:00

7/30(土)18:00~22:00

 

 

【出演情報】

12801289_1200973029931843_5330585217378475662_n

「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」

2016年5月29日 CST飯田橋 (11時〜18時30分)

入場料 無料

多種多様な好きを仕事にされた方の展示、物販、セミナー、トークライブ、ワークショップなどなどが出展されます。私、大瀧冬佳はこちらでダンスショーケースをご披露いたします。私のダンスのテーマは「愛」です。

 

【お知らせ】

「Fuyuka Ohtaki Dance Life」という会社案内の個人版セルフマガジンを4月末発行予定です。欲しい方は無料で送付いたしますので、こちらから件名に「セルフマガジン希望」本文に「氏名」「送付先の住所」「部数」ご記入いただき送ってください。

 

大瀧冬佳Facebook、Twitter申請、フォローお待ちしています。

大瀧冬佳Facebook申請ください。

バナーを作成

・大瀧冬佳Twitterはこちらから
 

春の3ヶ月チャレンジキャンペーン!!!

 

4〜7月の期間中、お得なフリーチケットを販売させていただきます。

「はじめてのバレエ」は1レッスン4,000円

「ダンサー表現者のためのバレエ」は1レッスン5,000円

で現在、やっております。

 

4月末までにお申込みの方に限り、

各クラスごとのフリーチケットを

「はじめてのバレエ」12,000円

「ダンサーのためのバレエ」15,000円

にてご提供いたします。

 

3ヶ月間レッスン開催日に通い放題!

月に1度は必ずきて体を動かすのを習慣化したい方や

夏に向けて自分磨きをしたい方も歓迎です。

 

継続は力なり!

コツコツと積み上げてバレエを極めたい方にもおすすめ。

春何かをはじめるのにちょうどいい回数だとおもいます。

 

私はなるべくなら続けていただきたい想いと

それから少人数でおひとりおひとりちゃんと見させていただきたいので

販売枚数も限定いたします。

4/30までにお申込みの先着5名様!!!

 

はじめてのバレエフリーチケットお申込み→RESERVA予約システムから予約する

ダンサーのためのバレエフリーチケットお申込み→RESERVA予約システムから予約する

 

【レッスン情報】
「はじめてのバレエ」

場所:池袋スタジオBUZZ

レッスン代:4,000円(税込)

 

4/16(土)tea11:15~12:15 lesson12:30~13:45

4/22(金)tea14:15~15:15 lesson15:30~16:45

5/10(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

5/24(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

6/7(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

6/18(土)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

RESERVA予約システムから予約する

「ダンサー表現者のためのバレエ」

場所:池袋スタジオBUZZ

レッスン代:5,000円

 

4/23(土)tea10:15~11:15 lesson11:30~13:00

4/26(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

5/17(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

5/31(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

6/11(土)tea13:15~14:15 lesson14:30~16:00

6/14(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

RESERVA予約システムから予約する

「音浸しの会」

5/14(土)19:00~

6/25(土)19:00~

7/30(土)19:00~
【出演情報】

12801289_1200973029931843_5330585217378475662_n

「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」

2016年5月29日 CST飯田橋 (11時〜18時30分)

入場料 無料

多種多様な好きを仕事にされた方の展示、物販、セミナー、トークライブ、ワークショップなどなどが出展されます。私、大瀧冬佳はこちらでダンスショーケースをご披露いたします。私のダンスのテーマは「愛」です。

 

【お知らせ】

「Fuyuka Ohtaki Dance Life」という会社案内の個人版セルフマガジンを4月末発行予定です。欲しい方は無料で送付いたしますので、こちらから件名に「セルフマガジン希望」本文に「氏名」「送付先の住所」「部数」ご記入いただき送ってください。

 

大瀧冬佳Facebook、Twitter申請、フォローお待ちしています。

大瀧冬佳Facebook申請ください。

バナーを作成

・大瀧冬佳Twitterはこちらから