この服は今の私にあっているか?

この服、このメイク、この髪型、この部屋…

毎日自分に触れるもの、触れている時間の多いものを見直す。思い込みやセルフイメージの力は非常に大きい。

外見より中身よ!と思ってみても、外見は中身の一番外側だ。だからやっぱり表面に中身が現れる。外見よりも気位の高い精神や頭脳を併せ持つ人は、自分と外側の乖離から、自分以外の人間だんだんと見下しがちになる。

精神や頭脳の割に周りからそれに応じた対応を受けていない、きっと周りの理解が自分に追いつかないのだという独特の解釈をしがち。

もっと素直になって、中身に外見を釣り合わせたら良いじゃないか。あなたの中身は素晴らしい。外見をわざわざ中身よりも落とさなくても、あなたの中身の素晴らしさはわかる。

「そういうのは興味ないから」と言うだろう。いやいやいやいや、やってみても居ないのに、自分にどんな変化が起きるか想像もしていないのに、やっぱりそれはこじらせちゃっているよ。

もっと肩の力を抜いて、今の自分に合った服、メイク、髪型、部屋を選ぼう。

最初はこそばゆいかもしらないけれど、人からも自分の中でも私にはコレだというものを身につけたり、そういう空間にいると、自分が自分らしく楽になる。

自分らしく生きていい。

あなたは自分らしく生きていい。

人には人生のうちに何度か転機というものが訪れるだろう。これからまだまだ転機が訪れる可能性も大いにある。過去から現在、未来と時間が続いていく中で、過去の自分をいつまでも引きずっていなきゃいけない法律なんてないんだよ。

中身が変わったのなら、外見も変えていい。今の自分に合った服を着よう。今の自分に合ったメイクをしよう。今の自分に合った髪型に。今の自分に合った部屋にいよう。

その転機を迎えて、過去の自分と今の自分はどう印象が変わっただろう。

前よりもかっこよくなった。

前よりも輝いている。

前よりもイキイキしてる。

前よりも可愛くなった。

前よりも明るくなった。

前よりも綺麗になった。

いろいろあると思うんだけど、そんな風に自分の中の変化を改めて感じてあげると、まぁるく何かに包まれるような温かい気持ちになる。

その変わった今の自分と環境合ってる?環境だけバージョンアップが遅れてないですか。そんな風に外見を変えたら、周りが動揺したり、調子に乗ってるとか思われるんじゃないかとか、頑張っちゃってる(笑)って嘲笑されそうとか。

誰もそんなこと言ったりやったりまだしてきていないけれども、私たちは変化を怖れ、変化していくものに対して怖れが強い人ほどブレーキをかけてくる。

慣性の法則というのを物理で習ったと思う。「動いているものは動き続け、止まっているものは止まり続ける」という法則だ。

これが人間にも働いている。

内面が変わったのなら、外見も変えていい。外見を変えたら、変化が目に見える形になるので変化を怖れる人達からのブレーキはかかると思う。もしかしたら人も離れていくかもしれない。

どちらを選ぶかはあなた次第なのだ。

あなたも変化を怖れる一人であるのなら、今の自分に合ってない物を身につけ、とどまり、中と外のズレにそっと目を閉じ、周りに合わせていくという選択もありだ。

でも、ほんと、怖れなんて、「まだ知らないから」ってだけのこと。恐怖や不安の正体は未知。

あなたはもう自分が選ぶ答えをわかってる。

第三回公演アンサンブルダンサー募集
【出演情報】11/3・4 ALICE~Dreams do come true~