アンサンブルダンサー募集要項(2018年8月18日現在)

2020年春にめがけて!

ダンスカンパニーUzme第三回公演「春の祭典」は2020年春の開催を目指して絶賛制作中です。今回、アンサンブルダンサーのオーディションは行わずレッスン参加を条件に募集をスタートしました。

レッスン参加が条件の理由とは

2018年秋から2020年春までの団長大瀧冬佳のレッスン参加が条件となります。その理由は、まずは私自身が魂揺さぶられる舞台を見てみたいからです。

お金や時間をたっぷりかければいい舞台ができるのかというと、そこは全くもってイコールではないのが芸術の面白いところです。何が人の根底から揺さぶるほどに影響を与えているのか。そこの追求です。

その私なりの答えの一つが今季からスタートさせるレッスンに秘密があります。ずっと考えていたんです。何が人を動かすのかって。みんな心や魂は置いてきぼりにして生きているのですが、いくら頭に問いかけても響くことはないその魂に訴えかけるには??

魂は魂でしか揺さぶれない、そして魂ってなんなのかを理数系で理論派で、でもアーティストな私は考えて答えが出てきたので、それを伝授していきたいなと。

そして最強の磁場を生み出す舞台を作りたいと思ったので、今回はレッスン参加からコミットしていただく形にしました。

クラス概要

◇フォローアップクラス

ダンス基礎(体幹、軸の強化、リズム感、グルーブ感)ダンス応用(テクニック強化、表現、創作)体力強化、体型改善、体質改善と舞台上で群舞を踊るためのワークなど。作品理解の解像度をあげるワークなども行なっていきます。各種イベントなどの本番あり。経験と実績を積んでいきます。レッスン前後にプロに必要な座学があります。毎週宿題が出ます。

・毎週土曜 18:00~20:00
・高田馬場駅徒歩5分のスタジオ(リノリウム、バーあり)
・レッスン料 2,000円/1h

◇トレーニングクラス

個人トレーニングクラス。フォローアップクラスで補えない個人的なフォローに入るためカスタムしながらクラス内容を作っていきます。

・毎週または隔週 固定曜日時間(相談の上決定)
・東秋留駅徒歩3分の自宅スタジオ(リノリウム、バーあり)
・レッスン料 2,000円/1h

上記二つのクラスを受けていただきます。お休み、変更などの諸連絡はFBグループページにてお知らせさせていただきます。

ゴール

目標 特別指名される人物
手段 才能のフル発揮
目的 魂の悦びを感じるため

動けるダンサー、踊れるダンサーはごまんと溢れています。でも強烈に虜にさせられるようなダンサーはごくごく僅かです。強烈に虜にさせるとまでは言わないにしろ、ファンが一人もいないのに「プロダンサー」を名乗られることも少なくないです。ファンのほとんどは教え子だったりすることもあります。それは悪いことではないですが、熾烈ですよね。分母が大きくなれば確率は下がります。

アンサンブルダンサーってどうせその他大勢でしょ、なんて思っている人はその時点で終わってますから、よく聞いてください。たとえその他大勢でも、主役を食うことが全然あります。客席は素直です。主役は一番目立つところで踊っているから主役なのではなく、やっぱりお客さんが主役にしているのですよね。主役が同じ舞台上にいるのに客の視線が群舞のたった一人にグッと集中させられちゃうことだってあります。

何が言いたいかっていうと、ずっとずっと奥が深いのです。自分にスポットライトが当たらないからってそんな単純な話じゃないんですよね。光は自分が放つし、コントロールするものです。特別指名される人物を目指したいです。それはあなたがどこでどの役を踊っていようが。です。

その手段としては持てる才能のフル発揮だと思っています。人がもっとも生を実感したり、最高ー!って思う瞬間はどんな時なのかに興味ありませんか?簡単に調べることができます。Twitterで「最高」で検索をかけると、今この瞬間「最高!」だと思っている人たちが出てきます。その内容を読み解いていくと、「ライブ」「仲間」「能力を発揮した」の3つのキーワードでまとめられることばかりが出てきます。あとは趣味に没頭して、大好きなアイドルや作品に浸かっている瞬間が最高と思うようです。

私たちは、人に認められたり、お金持ちになったりすることを目指しがちですが、人生の最高の瞬間というのはそれらはあまり関係ないことがわかります。

最高〜!!って満面の笑みで笑っている人はとても魅力的に映るのはわかりますか?私は人を魅了するのはそんな笑顔だと思うので、「才能のフル発揮」を手段にしてみました。

目的は「生きててよかった〜!」「魂が打ち震えているぜ!」という瞬間をあなたの人生の一ページに刻むことが私とUzmeみんなの目的です。魂は魂でしか揺さぶれないので、己が震えない作品で観客を感動させることなんて不可能です。それに最終的に大事なものって愛でしょう?そこをやっていく以外他に何があるのかなって思うわけです。

お申込みはこちら