バレエの基礎を知りたいならば

 

動ける人と教えられる人は違う

「背筋まっすぐ」「骨盤立てて」「力を抜いてリラックス」…これらが明確にどの状態をさすのか、私には先生の言葉がよく理解できなかった。とても踊りの上手な先生。コンクールでたくさん賞を獲っていて、テクニックも表現力も素晴らしいバレエの先生だった。でも、実際のレッスンではその美しい先生の動きを目で見てコピーするにはとてもとても時間もかかったし、時には間違った癖がついてしまって、どんなに踊れる先生に教わっても一筋縄ではもちろん行かず苦労した経験がある。

踊れる人と、教えるのが得意な人は違う。教えるのってとても難しいなと私も思う。教えている内容を目の前で再現できるだけのスキルを持っていて、なおかつ、イメージとしての伝え方とロジックとしての伝え方の両方を使い分けられて、一番大切なのは踊ること、カラダのこと、生徒のこと、教えることが大好きな先生を探すのはなかなか大変だ。

ロジックに弱い先生が多い

バレエの先生の多くは幼少からバレエを習っている人が多く、子供の頃特有の感覚でテクニックやカラダの使い方を掴んできた人が多い。だから、どこがどうなっているかなんて知らなくて当然。だって知らなくても問題なくできてしまったのだから。

そして、もう一つは、バレエは「才能」や「環境」「運」で10代の後半になるまでにどんどんふるいにかけられバレエを習っている子は半分、また半分と減る。10代後半を過ぎてもバレエを続けている人の方がずっとずっと珍しい存在になる。たまたま環境に恵まれ、たまたま才能があり、残った人が先生になっていることが多い。

そんな中、私は環境も才能もビリッケツなままバレエを続けていて、そこの足りない部分を何で補ってきたかといえば…一番は誰にも負けない情熱だった。二番目は細かく徹底的に網羅されたロジックによるものだと思う。

「才能」という言葉で片付けない!諦めない!必ず打開策はあると信じてその一つ一つを潰してきた。基本的にバレエダンサーというのは元々スペックの高い人種だと思っている。(私個人の感想ですよ)(かといって、彼らが努力してないとかそういうことじゃない。いや、私も努力はしてないんですけどね。)スペックの高いって言葉は誤解を招きそうだけど、簡単にいうと「飲み込みの早い人たち」。

ロジックを知る必要がないくらい、スルッとその道でやってきた人というのが、一流のバレエダンサーに見られる傾向。バレエはとてもとてもとてもとても呆れるくらいに地味な基礎の積み重ねなのだ。ショートカットしようとしたら、たちまちテクニックが成り立たなくなる。だから、私が見るところ、バレエやってますという人の8割はバレエのバの字も踊れていないし、基礎も理解していないし、体で再現できていないなと思っている。

知らないし、できないし、教えられないし。そんな人たちが先生として教えているのが日本のバレエで。そして、では有名バレエ団の付属バレエスクールに通うのはどうかといえば、先にあげたように才能ある先生が教えているので、ロジックに強いかといえばそうではないことが多い。

私の教えていることはシンプル

そんなに難しいロジックなのかといえば実はそうではなくて。私の教えている基礎というものは拍子抜けするくらいに教えることは1ヶ月で済んでしまう。週に一回、1ヶ月に1時間でバレエのほとんどのことは教えられる。

何なら私は無料でいくらでも書いているし、話している。でも、それがどれだけ大事なことかってわかるのは本当に自分が踊りこんでからであったり、体を使い込んでみて、ずっと後になって気づくのだと思う。これがどんなに重要なことだったかって。基礎ってだいたいそういうものだ。

応用をやるようになって、初めて。スイスイ簡単だと思って通り過ぎてきたあの基礎をしっかり体得できていないとできないことだったのかと気づく。なので、教えることは1ヶ月で済むけど、体得するには10年かかると思った方がいい。頑張って3年。

体の正しい使い方って私は教えられるかはよくわからない。「正しい」って何だろうって今も私も日々探求しているからってのもある。それに私自身は「正しさ」より「美しさ」だったり「安全性」を求めている。すぐに故障する体だと困るから。なるべく長く踊りたいと私は願う。私は自分の教えることが正しい!と言い切る気は無い。自分が正しいと思うと、他は間違っていると否定することになって、それ以上の発展や成長を自分で止めてしまう気がするからだ。

 


 

大瀧冬佳プライベートレッスンの受付始めました。
※受付開始2日で満員に達したため数枠だけ増やしました(11/7現在)

・単発なら、1時間3,500円

・週一月4回なら、4回で10,000円

でお受けさせていただきます!(全て税込です)
内容はヨガときっかり限定しておらず、ヨガやバレエ、ピラティス、古武術、などなど混ざったものをプライベートレッスンなのでオーダーメイドでレッスン内容組み立てさせてもらってます!

目的に合わせて、リフレクソロジーやメディテーションやカウンセリングや座学なども人によっては相談して組みこまさせてもらってますm(_ _)m

 

お申し込みはFBや当サイトの問い合わせからメッセージください。

大瀧冬佳FBにとびます

↑こちらをクリック(タップ)


■大瀧冬佳監修 「カラダの教科書vol.1~2」販売中

・1冊 ¥3,160-.(税、送料込み)
・PDF版 ¥1,360-.(税込)

https://onlineballet.thebase.in/

解剖学の知識を実際にダンスに応用できるまで考えておられるすばらしい内容だと思いました。
また積極的に世に発信しておられる活動も素晴らしいと思いました。是非頑張ってください!(アレクサンダーテクニーク講師の方よりご感想)
他、ダンスカンパニーUzmeの旗揚げ公演「Mao」のオリジナルサウンドトラック全11曲を収録したアルバムも残りわずかですが販売しております。

朝活オンラインでヨガができます

こちらは参加費月額300円で毎日受け放題です!

運動難易度は妊婦でもできるレベルの易しめ

日頃の運動不足を解消したい人におすすめです。

また、朝早起きして体を動かし日の出の光を浴びると

一日とてもパワフルにおくれます!!!

エネルギッシュに毎日を過ごしたい人もぜひお気軽にご参加ください。

そろそろなんとかしなきゃ!この腹、この体力


■【大瀧冬佳*来年の公演予定】

2018年4月   大瀧冬佳ソロ公演開催予定(スタッフ募集中)
2018年6月末  UzmeArtFes開催予定(一般参加者募集中
2018年11月 NY単独公演開催予定
2018年12月 東京凱旋公演開催予定

お問合せ、ご質問随時歓迎

 

そのストレッチ意味ありますか?

 

 

いきなり動くと怪我するから

入念なストレッチをしなきゃ!!!!

 

 

これ、経験上、誤解を恐れずに言えば

かえってケガを招きます。

 

 

ソースもございますので

これは事実です。

 

 

わたくし大瀧冬佳は…

今回「はじめてのバレエ」

と言うことで、初心者の

しかも、

カラダを動かすことから

大分離れている方のカラダを

預からせていただきます。

 

 

ダンサーでさえ誤解しがちな

正しい柔軟の仕方もレクチャーします。

 

 

カラダが柔らかいというのは

どういうことなのか??

 

 

パフォーマンスとして

180度に開脚ができれば

それでいいのか??

 

 

そうではありませんよね?

関節の可動域が広がり

そしてその可動域いっぱいに

自分で使えなければ意味ないです。

 

 

骨に一番近い筋肉、インナーマッスルが

その動きをサポートできるようにならなければ

例え180度に開くようになっても

支えるサポーターが弱ければ

着地の時などにケガをします。

 

プリエが弱くなり踏ん張りがきかないんです。

 

私も長年こうした事態に陥っていたので

ストレッチの仕方をよく工夫してみたり

他の業種の方に聞いたり

文献を読んだり…いろいろしました。

私自身はものすごくカラダが柔らかいです。

でも、それが活かせる時と

活かさない時があるのが

不思議だったんです。

 

柔軟とは本来

凝り固まったインナーマッスルを

柔らかくほぐしてあげることです。

強くしなやかに使える状態にするためです。

 

 

 

いかがですか?

単純に考えて

ゴムのような性質の筋肉を

カラダがまだ活動してない冷えた状態で

力を加えて伸ばしたらどうなるでしょう?

 

 

プツプツと切れたり、

伸びきって収縮が弱くなりそうな

イメージはわきますか??

(主にハムストリングや内ももの筋肉、ふくらはぎの筋肉が硬くグっと守りに入るようにロックされてしまう感覚が私にはよくありました)

 

外からの力を加えて伸ばすのでなく、

内からその筋肉自体が

収縮、伸張をくりかえして

ストレッチをした方が

目的にたいしてベクトルが

あってる気がしませんか?

 

 

 

これはまだ私も研究途中なのですが

もしかしたら骨が先に動いて

筋肉はそれに付随して収縮しているのでは?

と言うことを探求しています。

 

 

科学的に今のところそうしたソースは

見つかっていないのですが

(少なくとも私の手の届く範囲では)

カラダを使っていると

もはやそうとしか思えないのです。

 

 

筋肉は収縮、縮むということしか

できることがありません。

伸張、伸びるというのは反対側にある

筋肉が収縮するために起こる現象です。

 

 

こう考えると、

対になって機能しなければ

そのバランスが崩れるのは

容易に想像がつきますね。

 

 

 

ですから、バランスが崩れて

姿勢が悪くなったり、骨盤が歪んだり

肩コリ、腰痛、頭痛といったことが

一つの要因として起こります。

 

 

 

ダンスの中でもバレエは

その前後左右全て対照にバランスよく

カラダを使うために

ダンスの基礎といわれているのです。

 

 

この型にハマったバレエを息苦しく感じる

他ジャンルのダンサーも多いですが…

一流のバレエダンサーを生で目にすると

音楽がそこに生きてるかのような錯覚に

陥るほどの表現力があります…

 

ジャズ、コンテンポラリー、フィギュアスケート、シンクロ、演劇、社交ダンス、宝塚、ミュージカル…などなどバレエは基礎として行われてます。

 

 

あらら、ストレッチの話から大幅に

話がそれてしまいました…。

 

 

私、好きなことの話をすると

止まらなくなる傾向があるようですね笑

 

 

つまり!伝えたかったことは

 

 

基礎のバレエの

そのまた基礎のストレッチ!

をどうか誤解せず

ケガせずダンスライフを

長く続けられるカラダを

わたくし大瀧冬佳は一緒に作りますよ!

というお話でした。

(無理やりまとめた感が否めませんが笑)