2/18(木) 冬佳とダンスパーティーin京都

 

 

本日2/8、参加申し込み受付開始!!詳細決定しました。

 

なんか、そばにいるだけで元気をもらえる人っているよね。私にもそんな人がいて、そんな人になりたいな〜ってずっと憧れていた!!

 

そして今、私は笑顔いっぱいで暮らしている。そのルーツはダンスにあって。私とダンスするときっと元気になると思う。お好きな音楽を持ち寄りなどいいな〜と思ってます!!思いっきりストレス発散しましょう。

 

私から元気とパワーをもらいたい人。京都周辺の方!人が集まれば集まるだけ、繋がれば繋がるだけ、元気のパワーが相乗していくと思うので参加費3万円を集まってくださった人数分で割って、京都でレッスンを企画したいと思います。

誰でも参加可能。お子様連れでもOK!お友達、ご家族、お誘い合わせの上、とりあえず予定は未定だけど興味ありの方はこちらから【2/18京都 興味あり】とご送信ください。『(仮)参加者リスト』に加えさせていただきます。その後、場所時間をお知らせしますので、それから参加不参加決めてください!人数確定後、参加費をお知らせします。

 

直感でピンときて、言うだけ言ってみるで行動してみてください(*^^*)わりとどうとでもなるんだ!も体感できるかと思います。

大瀧冬佳の人となりはこんな風に見られています。↓

http://fuyukaohtaki.com/fuyuka/fuyukaohtaki-dancelife-20/

 

 

Facebookやっています!申請してくれたら嬉しいです。

大瀧冬佳 | バナーを作成

FUYUKA流自分の整え方〜首①〜

 

Fuyuka流自分の整え方 カラダからのアプローチ

の「首」編に突入です!!

 

肩こり、頭痛、目眩い、咳、喉の痛み

首のコリやハリ…

 

を抱えているときって

一つに腹黒い自分を否定したり

ゲスい自分を表現するのを押さえ込んでるときが多いです(私は)

 

もう一つは

第三の目っていうのが

眉間にあるんだけども

(ないと思っていても別に問題ないのでふーんくらいに思っててよし!)

要は直感、はたまた知識や経験から自分なりに肚に落とし込む

「腑に落ちる」ってことがなかなかできていない時

この症状に見舞われるはず。

 

 

喉の痛みなんてウィルスじゃん!!って思うだろうけれども

免疫をさげている要因はここに繋がったりするのです。

 

 

例えば、大勢の前で話さなければならないとき

目から入ってきた「うわ!たくさん人がいる!」っていう情報を

肚に落とし込めないと

自分を見失い→やったらいいこととリンクしない→緊張

 

 

首の後ろの頭蓋骨がのっかってるところが

驚くほど素直にギュッと固まっているんだよ。

 

 

例えば、

ムカつくな〜って言う人に媚びへつらわければならない時

お腹の中は文句たれまくりなのに口は違うことを言っているときも

首の後ろ、喉もギュッとつまっているんだよ。

その繋がった表情筋も緊張して自然な笑顔なんてできない

 

 

 

みなさま、そう言われるとそうだなと感じるかと。

 

 

私は意志と感情が生まれるのは

お腹と脳だと思っている

 

 

これを繋ぐのが首なので

そして吐き出す箇所も

喉でしょ?

口から言葉がでているんじゃなくて

喉の声帯からでしょ?

 

 

出すってことをしないと

中に溜まる一方なので

いい空気、いい流れも止まる。

循環が悪くなる。血の巡りも悪くなる。

自律神経のON/OFFもめちゃめちゃになる。

よって首や喉の調整は重要。

 

 

ですから、まず、あなたの肩、首、頭、目は

どんだけ頑張って塞き止めているのか感じてみてください!

 

あ!今気付いた!

「塞き止めているから」「咳」が出るのかもね!!

喘息とか食道炎とかになってるときは

もう限界!!!っていう悲鳴かもしれない。

 

子供の喘息は親の悲鳴を体現してることもなきにしもあらず。

他にも理由はあるけれど、その一つであることは間違いないという私の体感。

 

 

感じて!と私はよく言うけれども

それをボディスキャンといいまして

感じるだけで、緩むなんてことはよくあるのです。

 

 

逆に緩ませなきゃ!ってあなたの意思で動かすのは

反対側の筋肉に力が加わり強すぎたりするので

感じる程度から身体感覚を養うことは

地味で遠回りで効果もすぐに感じられなくて飽きるだろうけれども

根本を解決するに至る唯一の道でした(私は)

 

 

というわけで、れっつとらい!ですね^^

 

 


 

 

12月のレッスン情報

 

私は道行く人の動きやカラダ付きをいつもそういう目で見てます。

自分の身体感覚も大事にして、座学もしっかりやってます。

「FUYUKAヨガ」は呼吸から「バレエ」にシフトしていくように

こういうゴチャゴチャした理論をじゃあどうすればいいの!に

ストレートに指導させていただきます。

 

終着点は、はじめてでも「バレエ」を楽しめる!

を目指すクラスにしたいと思っています。

 

詳細はこちら↓

12/19 「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

 

前回の生徒さんの感想はこちら↓

「はじめてのバレエ」生徒さんの声

 

 

アートセラピー ブログランキングへ 

fuyuka流の自分の整え方〜あしのうら①〜

 

足のうらは根っこ。

 

根がグラグラしてたらカラダは伸びやかに自由に動くどころか

倒れないようにグッと緊張がはしるのが想像できる。

 

 

手の平よりも、足の裏の方が圧倒的に感覚が鈍いと思うけど

コレ、鍛錬すればちゃんと敏感になっていき

手は脳、足は肚(生殖器やとくに腸)、に繋がっている気がするので

手や目を酷使してアタマでっかちで疲れてる人

野性的、本能的なカラダの感覚とのバランスがとれてない人は

もっと安定するんじゃなかろうか?と思う。

 

 

インスピレーション?直感?が冴えてきそうな感じ。

 

あとは、無意味な不安がなくなる。

足の大きさが身長に対して大きめな外反母趾じゃない人は

「姉御肌」だったり「リーダーシップ」をとれる人だったり

精神的に安定してる人が多い気がするというのは私の勝手な偏見です。

でも、あながちハズレてないんじゃないかな?笑

 

 

そして、じゃあどうしたらいいのか?って話。

前回、投げかけの記事では「つよさ」という書き方をしたけど

よーくふりかえってみて…わかった。

 

結果よりも過程が大事

 

強い足であるにこしたことがないが。

強い足を作るまでにやっぱり今以上にたくさん使わなければならない。

それが大事なんですよね。

 

 

本当にどうしちゃったの?その足?ってくらいに弱い足の人って

若くても結構いらっしゃる。

 

 

自分の体重が足の裏のどこに一番かかっているか?とか

左右でどっちにどういう差があるか?とかさえ

わからなくなっちゃてる人が多い。

 

 

この記事を読んでほんの少しずつでも

カラダを目覚めさせたいと思うなら

私からの宿題を1週間試してみてほしい。

 

「足のうらのどこに体重がかかっているかを感じる」

「どこに乗せたときが一番楽なのかを感じる」

 

 

1週間後に答えあわせをします。

 

 

Facebookやってます、友だち申請メッセージを添えてどうぞ!→大瀧冬佳

 

 
クリック感謝です!


アートセラピー ブログランキングへ

Fuyuka流の自分を整える、カラダからのアプローチ

 

 

足の裏の強さ、

オマタの締まり、

首のゆるさで体は整う!?

 

 

・足裏の強さとは、

そのままだけど「足のうらの筋肉のつよさ」

足のうらの話step1

足うらの話step2

足うらの話step3

足うらの話step3(補足)

 

・オマタの締まりとは

男女関係なく「骨盤底筋群のつよさ」

お股の話step1

 

・首のユルさとは、

背骨の上で頭蓋骨が緊張で固まらずにフワっと

「ユルく動かせる」状態か?

 

 

ということです。

 

 

「つよさ」と表現してますが

力こぶや、マッチョな硬さや力強さとは

むしろ真逆です。

 

「しなやかな」と言った方が的確です。

 

 

 

 

 

ニュートラルからバチッとスムーズに力のオンオフ、

そして筋肉はたくさんの筋が膜のようになっているんですが

膜全体、均等に脳からの電気信号が行く状態をつくりあげること。

 

 

この脳からの電気信号、パワールートのようなものが

私には、足のうら→オマタ→首、

または、首→オマタ→足のうら

が連動しているとしか思えません。

 

 

人の中心をとおるこのルートを整えると

手足は無駄な力を使わずに動かすことができます。

 

 

膝を粉砕骨折していても

私は高く跳んだり、足を高く上げたりといったことが可能です。

 

 

で、もっともっと身体感覚

(身体感覚とはからだの声をききとる感覚のこと)

を研ぎ澄ませていくと…

 

耳からはいってきた「音」という情報を

脳をとおさずに直接「四肢」に伝えられてた気がします。

 

 

あたまというか、脳は完全停止に近い状態です。

考えるな、感じろの状態。

 

 

 

で、そんなスーパーサイヤ人(をよくは知りませんが)みたいに

なるってことじゃなくて….

 

もっと人間の根本的な

・呼吸が深くなる

・ごはんがおいしく食べられる

・よく眠れる

・(18禁だけども)ちゃんと感じられる

 

から

・相手に伝わる声の発し方ができる

・きれいになる

・心がおだやかでいられる

 

 

なんていう状態、整った状態に導いてくれるものです。

 

 

どう整えるのかは、一つ一つ記事にします。
クリックありがとうございます^^

アートセラピー ブログランキングへ

マイナスな感情をもってもそれは仕方ないこと、さてそれをどうしますか?

 

 

やりきれない想いとか
悔しい想いとか

 

 

 

そりゃあ、ものすごくあった。

 

 

楽しそうにぬくぬくと何不自由なく生きているくせに
「死にたい」だの「最悪」だの愚痴や不満ばっかり
いいやがって!!!

 

 

私だって!私だって!て涙目になって。
こんな世知辛い世の中、不平等すぎて降参してしまいたい

 

 

ってそういう、あたしももちろんいたんです。

 

 

その気持ちをもつことはいけないとか
だってそう思っちゃったんだから仕方ないじゃない?

 

 

蓋していい子ぶるのは何も解決しないし
辛いだけ、自分を追いつめるだけだよね。

 

 

感覚が麻痺していくだけで
悪いことにも麻痺してやりすごせるようになるけれど
いいことにも、当たり前の幸せにも気付けなくなってしまう。

 

 

 

どんどんどんどん洞穴に入っていってしまうよね。

 

 

私はそういう黒い気持ち全部ダンスで発散させてた。

 

 

 

「こんちくしょー!!!」って。
恨み辛み妬み…全部ぶつけてた。

 

 

 

 

それが結果よかったんだなと今は思う。

 

 

感情のデトックスでした。
毒出し。

 

 

 

 

毒でパンパンになった心の中には
どんな人徳のある方のいいお言葉も
入っていく余裕がないからね。

 

 

 

 

変われないのよ。

なーんも響かない、むしろムカつく。

 

 

 

 

 

 

もう、にっちもさっちも行かないって思い込んじゃっているから
毒でいっぱいのあたしの吐く息吐く言葉、全部が有害。

 

 

 

そういう、いいお言葉をかける人って身近にもたくさんいるけれど
私があってきた中で、毒出しを請け負ってくれる人は少なかった。

 

 

 

毒まみれの、もうそれは病気なんだと思うんだけど
生半可なお人好しには近づけないところまで行っちゃてる人への
「気付き」をあたえるきっかけの場をつくりたいのが私です。

 

 

 

 

厳しいけれど、殻やぶってでてくるのは
自分にしかできないですよね。

 

 

 

 

私はそれをダンスに教えてもらった訳で
だから、自分のことも素直に好きでいられる。
あんなに真っ黒な心をもっていたのに
気が付いたら氷が溶けるようになくなっていた。

 

 

 

それから、
ダンスを介して殻やぶれた私は
頼れる他人にもたくさん出逢うことができた。

 

 

 

あとは
この経験を誰かのために使うことが出来たら私はとても嬉しい。

 

 

 

 

そんな精神論だけじゃなくて
体を動かすことや
音楽にも変化を起こす力があったということを
私は後に学び知りました。

 

 

 

私の実体験に科学的根拠を裏付けていく
これは私だからできることだと思ってます。

 

バレエが女子力UPになる理由④

 

クラシック音楽で脳がリラックス状態になるからです。

 

これは、なんとなくの感覚的なものでなく

「音楽療法」としてちゃんと証明され

実際に医療現場で音楽が使われているからです。

 

バレエの動きが良いだけなら

別にバレエでなくともそういうエクササイズをしたらいいじゃないですか。

 

 

つまりヨガやピラティスなどで十分な訳です。

(ここでは、ヨガやピラティスが不十分と言いたい訳ではありません。)

 

 

バレエは、音楽がからだのすみずみまで流れ渡り

呼吸を音楽にのせて歌うように躍ります。

 

 

それも、より脳にリラックス効果が高いクラシックの音楽にのせて。

 

 

 

脳の疲労は血行不良や代謝不良を引き起こします。

血行不良、代謝不良が起こると、

疲れを感じさせる疲労物質がからだの外に出しにくくなって

いつも疲れていて元気がない人になります。

 

新しい細胞につくりかえる栄養や体のエネルギーになる栄養、

そして排出しなければならないゴミがたまって

出る、入るの循環が弱くなるってことです。

 

 

からだにゴミがどんどん溜まって、エネルギーも送られてこない

体をつくる材料も届かない….って、「キレイ」になる訳がありませんね。

 

 

「キレイ」どころか病気になります。

 

 

 

で、まだ病気になっていないけれども

体温が低かったり、寝起きから疲れを感じていたり

腹八分目が分からなくなっていたり….

気分にムラがあったり….

 

 

そういう状態を「未病」といいます。

 

 

バレエをすれば「キレイ」になる!!!と断言は絶対にできません。

食事も大切だし、そんな一筋縄でいくように「人」はできていないからです。

 

 

 

それでも、

バレエが女子力UPになる理由①

バレエが女子力UPになる理由②

バレエが女子力UPになる理由③

 

 

こちらで書きましたように

骨、筋肉、各臓器という切り口

そして今回のお話の脳や心理的な側面からのアプローチ!

 

 

と、バレエは「健康」や「キレイ」に向かうまでの

いろんな条件を兼ね備えていると私は思っています。

 

 

音楽をただ聞くのでもリラックス効果は得られますが

躍るというのは、音楽の傍らに立つのではなく

音楽を自分の中にとらえます。

 

 

その差は、やってみるととても大きいものです。

 

 

百聞は一見にしかず、というか

百聞よりやってみなよ!と思います。

 

 

やってみてからじゃないと

わからないことがすごく多いですよ^^

 

 

そんな訳で、私のクラスでは音楽にも結構こだわっていきたいと思っていて

現在、いろいろと準備しているところです^^

 

 

ぜひ、楽しみにしていてください!!!

 

 

 

レッスンのご案内はこちら「はじめてのバレエ」

 

大瀧冬佳Facebookのお友達申請もお気軽にどうぞ!!!!

 

 

 

ランキングに参加してます。お手数ですがポチッとクリックしていただけると嬉しいです。

クリックしたらもう一度私のブログからはいってきてくださいm(_ _)m

アートセラピー ブログランキングへ

バレエが女子力UPになる理由③

 

 

誤解しがちな骨盤の位置

 

動画を見ればすぐ分かります。

情報量が多いので動画にしました。

バレエが美尻をつくる理由

 

以下、補足だけ記しておきます!!!

 

 

 

 

 

・骨盤底筋が活性化されると女性ホルモンが安定します!

 

少なければ多くなるし

多ければ少なくなる…

 

 

女性は女性らしい輝き

男性は男性らしい輝きを得ます。

 

 

 

この骨盤底筋をよーくつかわないとバレリーナの立ち方はできません。

 

 

・おしりの外側の大きな筋肉はパワーもあるし使いやすいのです。

でも美尻のためにつかいたい筋肉は

もっと骨盤に近い内側の小さな筋肉です。

 

この筋肉をバレエで使うと内側に二のケツを引き込むようにして

立体的であがったお尻になります。

 

 

 

 

(動画は一発撮りだったのでちょっと完成度低くなってしまってすみません。)

 

 

 

バレエは小さい頃から習わないといけないような概念があると思うのですが

大人は頭でこうして理解できるので

はじめる時期はそれぞれに利点があると私は思ってます!!

 

私のレッスンではこういった体の仕組みからお話したり

その人それぞれの体にあった指導を心がけたいと思っています。

 

 

もちろん!!!音楽あってのバレエですので優雅に気持ちよい空間づくりも頑張ります^^

まずは音を楽しむ心を大切に、でも、気付いたらなりたい体になっていてくだされば!

とクラス構成や言葉の選択、表現に力をいれています。

 

 

そんなクラスのお申込みはこちら!

11/5 10:15~11:45@吉祥寺 はじめてのバレエ

 

Facebookのお友達申請もお気軽にどうぞ!→大瀧冬佳(おおたき ふゆか)

 

 
クリックしてくれたら嬉しいです!!!!
 

アートセラピー ブログランキングへ 

バレエが女子力UPになる理由②

 

からだを感じるにはどうしたらいいの?

 

簡単です!まずは触れて知識をつけてみましょう。

 

今回は前回のお話のつづきです。

 

 

 

 

 

 

さて、背骨がどこかはご存知ですか?

 

ご自身の手をあてて感じてみましょう。

 

頭の後ろ首のはじまりから背中のまんなかを通るゴツゴツとした骨、

これが背骨の突起です。

一番上からたどると、ゴツゴツを感じやすいところと感じにくい場所がありますね。

形が一つ一つ違うし、背骨はゆるいS字をえがいているからです!

 

動きも前後なのか、左右なのか、回旋なのか得意な方向がそれぞれあります。

 

 

背骨の突起のもっとあなたの内側には脳と内蔵、脳と体、脳と心をつなぐ

神経が束になった脊髄が背骨のど真ん中を流れています。

 

ゴツゴツの両側から各器官にそれぞれ神経がでて繋がっているので

どこのゴツゴツが歪んでいるかでおおよそ何が不調か?

も分かる人には分かります。

 

そして、感情にも影響があります。

例えば、首のゴツゴツの上から4番目が歪んだり動きにくかったりなんらかの不調があると

感情の抑制がききにくい…ということがあります。

 

あとは「自律神経」と言う言葉を耳にしたことはありますか?

呼吸や血液の流れ、腸などの内蔵の動きに深く関係してます。

 

簡単に言うと、「リラックスと緊張」を操作する神経です。

 

 

 

 

そのまま下へどんどんたどっていくとゴツゴツは大きくなっていきます。

ゴツゴツの一番下までいくと腰が終わり、何やらおおきな塊にぶつかると思います。

これが仙骨です。

 

さらに下へ下へ、お尻のわれめの始まりあたりに尖った骨を感じると思います。

これは尾骨、しっぽの名残なんて言われますね。

 

ここまでが背骨です。

 

 

 

 

背骨がいかに重要かお分かりいただけたでしょうか?

 

この背骨に一番近い筋肉をバレエでは使います。

インナーマッスル、深層筋なんていわれるものです。

 

これは腹筋運動ではなかなかつかうのは難しいもので

外側の筋肉ばかり使っていると内側の筋肉は衰退していきます。

 

 

衰退させず、使ってあげると柔軟性が増し

そして、上記にお話した機能回復、機能改善ができます。

 

ですから!バレエの動きは心身にとてもいいのです!

 

次回はいよいよ!!!骨盤です!!!!

 

 

バレエが女子力UPになる理由①

 

それは、骨盤を支える筋肉を特化して使うエクササイズだから。

 

 

骨盤を支える筋肉が弱いと….

冷え性、血流が悪くなる、下半身太り、女性ホルモンの分泌が減る

尿漏れ、下っ腹がでる、姿勢がわるくなる…などのことが起こり得ます。

 

 

その支える主要な筋肉がこちら

 

 

・骨盤底筋(字のごとく骨盤の底にある筋肉)

・内転筋群(内ももにある筋肉)

 

これをたくさん使うのがバレエです。

 

 

 

次回は背骨と骨盤についてもっと詳しくお話します!

 

 

 

レッスンのご案内はこちら♡

お気軽にご参加ください。

大人からでもはじめてのバレエ

 

 

大瀧冬佳Facebookお気軽に申請してください!

 

 

アートセラピー ブログランキングへ 

若さの呪いをといて美しくなる方法

若さとは、

・若いこと
・活力に満ちあふれていること
・未熟なこと

 

ダンサーからの視点だけを書くと

ダンサーは体をたくさん使っているから

肉体的に若い!

 

そして、人前でパフォーマンスすると

脳も細胞も活性化されて、元気も湧いてきて、

心は活力で満ちあふれる!

 

さらに、ダンサーは常に上を目指す

未熟であることを自分でよくわかっていて

もっと!もっと!と努力を重ねる。

 

 

 

と、ここまでバレエダンサーとしての意見を書いたが

総じて、若さとは毎日新鮮な自分に出会うことなんじゃないかな。

子供はそれを毎秒やっている。

 

で、美しさに繋げるには

「誰かのために」新鮮な自分に出逢いつづけること!

大人だから醸し出せる美しさなのかなぁ〜。

 

 

こんなリンクを貼っておきます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

寶船 プロ阿波踊り集団 日本の若さで世界を変える

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

100の説明より1の事実!だと思うからぜひ見てほしい。

 

 

これを見た人はきっとすごく元気をもらえたと思う!

活気に溢れて、勢いがあって、前向きな気持ちにさせられる!!

 

若さって見た目だけの問題だとこれでも思います?

もちろん外見も若さの象徴ではあるけれど

年齢をコンプレックスにしてしまっては

あなたの活力は見ているものからすると半減する

 

 

「アンチエイジング」という言葉がいまいち好きになれない

年齢を重ねても若々しく美しく魅力的にいられることもあるはずだ!

シミ、たるみ以前に、今すぐ表情と姿勢をリニューアルしてほしい。

 

「だれかのために」新鮮な自分を見つけよう!

「だれかのために」活力溢れる自分に!

 

大切な誰かを勇気づけられるように!

そんな「愛」が内からあふれる美しさではないだろうか?

 

 

 

体のメリハリ!血流をよくして美肌。

全身運動をして心も体もリフレッシュしたいなら

生まれてはじめて新鮮なあなたに出逢う機会があります。

気になった方はこちらをクリック→はじめてのバレエ

 

Facebookからでもお申込みいただけます!

 

大瀧冬佳→Facebookお友達申請お待ちしてます。


アートセラピー ブログランキングへ