この服は今の私にあっているか?

この服、このメイク、この髪型、この部屋…

毎日自分に触れるもの、触れている時間の多いものを見直す。思い込みやセルフイメージの力は非常に大きい。

外見より中身よ!と思ってみても、外見は中身の一番外側だ。だからやっぱり表面に中身が現れる。外見よりも気位の高い精神や頭脳を併せ持つ人は、自分と外側の乖離から、自分以外の人間だんだんと見下しがちになる。

精神や頭脳の割に周りからそれに応じた対応を受けていない、きっと周りの理解が自分に追いつかないのだという独特の解釈をしがち。

もっと素直になって、中身に外見を釣り合わせたら良いじゃないか。あなたの中身は素晴らしい。外見をわざわざ中身よりも落とさなくても、あなたの中身の素晴らしさはわかる。

「そういうのは興味ないから」と言うだろう。いやいやいやいや、やってみても居ないのに、自分にどんな変化が起きるか想像もしていないのに、やっぱりそれはこじらせちゃっているよ。

もっと肩の力を抜いて、今の自分に合った服、メイク、髪型、部屋を選ぼう。

最初はこそばゆいかもしらないけれど、人からも自分の中でも私にはコレだというものを身につけたり、そういう空間にいると、自分が自分らしく楽になる。

自分らしく生きていい。

あなたは自分らしく生きていい。

人には人生のうちに何度か転機というものが訪れるだろう。これからまだまだ転機が訪れる可能性も大いにある。過去から現在、未来と時間が続いていく中で、過去の自分をいつまでも引きずっていなきゃいけない法律なんてないんだよ。

中身が変わったのなら、外見も変えていい。今の自分に合った服を着よう。今の自分に合ったメイクをしよう。今の自分に合った髪型に。今の自分に合った部屋にいよう。

その転機を迎えて、過去の自分と今の自分はどう印象が変わっただろう。

前よりもかっこよくなった。

前よりも輝いている。

前よりもイキイキしてる。

前よりも可愛くなった。

前よりも明るくなった。

前よりも綺麗になった。

いろいろあると思うんだけど、そんな風に自分の中の変化を改めて感じてあげると、まぁるく何かに包まれるような温かい気持ちになる。

その変わった今の自分と環境合ってる?環境だけバージョンアップが遅れてないですか。そんな風に外見を変えたら、周りが動揺したり、調子に乗ってるとか思われるんじゃないかとか、頑張っちゃってる(笑)って嘲笑されそうとか。

誰もそんなこと言ったりやったりまだしてきていないけれども、私たちは変化を怖れ、変化していくものに対して怖れが強い人ほどブレーキをかけてくる。

慣性の法則というのを物理で習ったと思う。「動いているものは動き続け、止まっているものは止まり続ける」という法則だ。

これが人間にも働いている。

内面が変わったのなら、外見も変えていい。外見を変えたら、変化が目に見える形になるので変化を怖れる人達からのブレーキはかかると思う。もしかしたら人も離れていくかもしれない。

どちらを選ぶかはあなた次第なのだ。

あなたも変化を怖れる一人であるのなら、今の自分に合ってない物を身につけ、とどまり、中と外のズレにそっと目を閉じ、周りに合わせていくという選択もありだ。

でも、ほんと、怖れなんて、「まだ知らないから」ってだけのこと。恐怖や不安の正体は未知。

あなたはもう自分が選ぶ答えをわかってる。

第三回公演アンサンブルダンサー募集
【出演情報】11/3・4 ALICE~Dreams do come true~

ダンサーから見た成長の3パターン

 

1.褒められる

2.誰かに勝つ

3.上手くなる

 

この3つのどれかが嬉しいという理由で

人は自分を磨いたり能力を向上させようと

努力するんじゃないでしょうか?

 

私は1、2は凡人の考えかと思ってます。

1、2が理由で努力するというのは

別に間違いとか、ダメとかって

全くもって思ってません。

 

 

ただ、1と2は相手がいなくなったら

上達、成長する努力をしている自分は

何だったのか見失います。

 

 

努力をすることは意外と簡単なことで

努力し続けることが難しいのです。

 

 

でも、そうしてコレでもないアレでもない

と、探す過程はとても大事で

何か努力してない人間はクズとか

そんなんじゃ全然ないです。

 

 

例えばブログを更新し続けること。

 

1.褒められるのが嬉しい

「いいね」や「コメント」の数、アクセス数がブログ更新の理由

 

2.誰かに勝つ

ブログランキング上位になることが理由

あの人より注目されることが理由

 

 

3.上手くなる

自分の伝えたいことが必要としてる方にちゃんと伝わることが理由

 

 

この1〜3、実はみな同じ行動、すなわち努力をしていると思います。

 

でも、ちょっと触れて微妙に、深いところはかなり目的、根っこが異なる。

 

そして、ちゃんと読者にはそれが伝わるでしょう。1と2を追っかけてると、いずれ人はポロポロと減っていくと思われます。何故なら1と2の人は時たまブレるからです。(3でももちろん減ることもあるけど、そんなの気にしてない、やめない、淡々と続ける)

 

「褒められるところに居つくのが怖い」

と、私がFacebookでボソッと呟いた訳は

ココにあります。

 

 

同じ行動をして同じ努力をしていて

褒められだす、次第に3が理由だったのに

1や2は3よりも分かりやすく気持ちがいいので

知らぬ間に目的が1か2にすり替わっている。

 

んじゃないかな〜と…

私は思いました。

 

 

人は楽な方に流されやすいです。

3を貫ける人は確固たる想いが強くあるので見ている側も、ブレずにし続ける人には心を打たれるとおもいます。

 

バレエを私は5歳から始めて

小6のときの発表会で主役をやりました。

 

小4の辺りから褒められるだけのレッスンでした。

そんなスクールにおりました。

 

でも私はあの子よりいい役が踊れたら

それで満足なのか?

先生に、母に褒められたらそれで満足なのか?

 

全然ちがう!!!!

 

 

たとえ、褒められなくとも叱られなくとも

役がもらえなくとも今よりただ上手くなりたい!

そういう自分の気持ちに気がついたとき

 

「プロになる、一流を目指す」

決意が私の中にそこにありました。

 

 

何かを始めるなら

3をコツコツ貫いて行動していけば

周りに惑わされず努力し続けることができるんじゃないかと思うし…

 

結果、その方が断然たのしいです

楽です。

 

そして、実は

4.生みだす

創作物、作品を褒められることは

「大瀧冬佳」自身を褒められるより

ずっーと嬉しいことなのです。

ダンスや、ある意味子供も無から生み出した作品。ま、いずれ手放さなければですが…

 

 

と、今はやっぱり3と4を目的に努力してるのであんまり非難や絶賛や褒め言が私には私が何をするかに影響しません。

 

一見、孤独に見えるけれども

孤独を知る人間は心が豊かです。

孤独の中で自分をよく知っているから

私は人との繋がりも強く感じられます。

 

 

寂しいことではなく、

だからこそ温かい絆を築けてるなと思ってます。