骨の位置をつかんで、地球に体重をあずける

 

 

 

指がどこからどこまでか。

首がどこからどこまでか。

 

肩は本来どこのことなのか。

膝はどこから曲がるのか。

 

そんなことを掴むと

体がぐーんと動かしやすくなる!!

 

どうやって掴むかというと

まずは触れる骨は触って、その状態から動いてみればいい

 

お肉がついているから

目に見えるところからしか動いていないように見えて

じつは手も足も首もずっと長い。

 

この身体感覚を掴んで

今度は点から点どこからどこに動くのか感じる考える

その点から点を走るのが筋肉

縮むという動きしか筋肉はできないので

ゆるむっていうこと脱力するって言うことは

反対の動きに作用する筋肉も伸びも縮みもしていない状態

 

つまり、体が地球に体重を委ねた状態

 

力を0にしたところから

一気に10に持っていくことで

キレのある動きが生まれる

 

筋力を

フェードイン/フェードアウト

していけばゆっくり、または重たい、ぬめ〜っとした表現ができる

 

筋肉量と筋力って全然意味が違うことだと思うの。

筋トレするならその使い方も感じながらでないと

ただ量を無駄に増やすだけになってしまう

 

筋力は一気に0から10にするのか

ゆっくりシフトしていくのか

それとも、3:7で力を入れるのかの

神経伝達の精度のことではないかなと思う

 

量と質がそろうことが一番いいに決まっている。

 

以上、3月5日のふゆかつ。解説でした〜。

FUYUKA流自分の整え方〜あしうら③の補足〜

 

 

あしうら③

の記事を投稿いたしましたら

なんだかたくさんご質問をいただきまして

 

 

つべこべ言わず

と書きましたが…

補足をいれたいと思います。

 

 

 


 

 

もう一度足の骨の形を観察してみてください

IMG_0272

 

形状からして

赤線の位置が一番加重がかからない

負担が少ないところだと私は思ってます。

 

それで、ここに重心をおいていると

自然とスネの骨の近くの筋肉がつかえて

連動して太ももの内側や骨盤周辺の筋肉を使えるんです。

背骨もゆるく保てる

 

別なところに重心をおくと

その分、別な場所で頑張らなければ立っていられない

すると、ふくらはぎや背中、腰、太もも、肩、首なんかが固まるのです。

 

 

この内側の筋肉は

使ってる感覚がないものなので

意思で動かせない、感じないので

「つべこべ言わず」と書きました。

(面倒くさかったわけじゃないんですよ笑)

 

 

ちゃんと、全身がゆるーくなる風に

筋肉がリンクしているので

設置感も感じにくい位置ではありますが

やってみてください。

(因みにわたしは足裏のアーチが高いのでココは地面から浮いてます)

 

 

(歩くときはこのライン上を外→内と体重移動しているのが感じられると思います)

(足裏はねじれながら着地しますので、愚直にゴンゴンと真っ直ぐつかなくていいですからね!)

(そういったことも関節するのがカラダの声を聞く第一歩だと思います)

 

 

 

 

 

そんなこともふんだんに織り交ぜながらのレッスンを行っています!!

12/19(土)「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

 

 

11/5はじめてのバレエお申込み受付中です!

 

 

はじめてのバレエお申込みありがとうございます!

 

お申込みをいただく度に歓喜!

子供と小躍りして、子供にハグしてキスの嵐でございます!

 

 

私自身も喜んでいるばかりでなく

レッスン日に向けて

万全の私でお会いできるように

日々、調整を行っております。

 

 

 

と、言いましても

 

よく寝てよく食べよく遊ぶことですね!

 

 

はじめてのことに挑戦される勇気は

とても素晴らしいことです。

 

 

皆様、お申込みのメールにメッセージを添えて送ってくださいます。やはり不安なお気持ちがありますよね。でも、エイッと飛び込んでくれたことにとてもありがたい気持ちと精一杯お応えしたいという気持ちが私の中にあります。

 

 

最初の一歩のお力になれること、とても誇らしく思います!

 

 

 

冬を越し、春の風が吹く頃には

定期レッスンを開始したいと思っております。

 

 

それまでの数ヶ月は単発でのワークショップを今後も開催させていただきます。

 

 

次回は12月、今回日程の関係で参加が難しかった方もご都合があえばぜひいらしていただきたいです。

 

 

12月の開催日は現在、調整中です!

決まり次第すぐにこちらのHP、Facebook等でお知らせいたします。

 

 

 

皆様にお会いできること楽しみにしています!

 

〜近日中のレッスン情報〜

(まだまだお申込み受付中です!)

2015.11.5(木) はじめてのバレエ

am10:15〜11:45

(ドアオープン10:00)

@吉祥寺スタジオアムリタノース

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10いちご吉祥寺ビルB1

 

お持ち物

・動きやすい服装(Tシャツ、短パン、スパッツ等)

・お飲物

・靴下またはバレエシューズ

・参加費2000円(現金でお願いします)

 

(更衣室もございます!)

 

お申込みはmementmori.0213_fuu@icloud.com(大瀧)宛に

 

・お名前

・住所

・メールアドレス

・携帯電話番号

・ご質問など

を明記の上、件名に「はじめてのバレエお申込みの件」とお書きいただいた上ご送信くださいませ。

 

 

ぜひ一緒にバレエやりましょう!

参加資格は年齢、経験の有無、問いませんよ(^^)

バレエが女子力UPになる理由③

 

 

誤解しがちな骨盤の位置

 

動画を見ればすぐ分かります。

情報量が多いので動画にしました。

バレエが美尻をつくる理由

 

以下、補足だけ記しておきます!!!

 

 

 

 

 

・骨盤底筋が活性化されると女性ホルモンが安定します!

 

少なければ多くなるし

多ければ少なくなる…

 

 

女性は女性らしい輝き

男性は男性らしい輝きを得ます。

 

 

 

この骨盤底筋をよーくつかわないとバレリーナの立ち方はできません。

 

 

・おしりの外側の大きな筋肉はパワーもあるし使いやすいのです。

でも美尻のためにつかいたい筋肉は

もっと骨盤に近い内側の小さな筋肉です。

 

この筋肉をバレエで使うと内側に二のケツを引き込むようにして

立体的であがったお尻になります。

 

 

 

 

(動画は一発撮りだったのでちょっと完成度低くなってしまってすみません。)

 

 

 

バレエは小さい頃から習わないといけないような概念があると思うのですが

大人は頭でこうして理解できるので

はじめる時期はそれぞれに利点があると私は思ってます!!

 

私のレッスンではこういった体の仕組みからお話したり

その人それぞれの体にあった指導を心がけたいと思っています。

 

 

もちろん!!!音楽あってのバレエですので優雅に気持ちよい空間づくりも頑張ります^^

まずは音を楽しむ心を大切に、でも、気付いたらなりたい体になっていてくだされば!

とクラス構成や言葉の選択、表現に力をいれています。

 

 

そんなクラスのお申込みはこちら!

11/5 10:15~11:45@吉祥寺 はじめてのバレエ

 

Facebookのお友達申請もお気軽にどうぞ!→大瀧冬佳(おおたき ふゆか)

 

 
クリックしてくれたら嬉しいです!!!!
 

アートセラピー ブログランキングへ 

バレエが女子力UPになる理由①

 

それは、骨盤を支える筋肉を特化して使うエクササイズだから。

 

 

骨盤を支える筋肉が弱いと….

冷え性、血流が悪くなる、下半身太り、女性ホルモンの分泌が減る

尿漏れ、下っ腹がでる、姿勢がわるくなる…などのことが起こり得ます。

 

 

その支える主要な筋肉がこちら

 

 

・骨盤底筋(字のごとく骨盤の底にある筋肉)

・内転筋群(内ももにある筋肉)

 

これをたくさん使うのがバレエです。

 

 

 

次回は背骨と骨盤についてもっと詳しくお話します!

 

 

 

レッスンのご案内はこちら♡

お気軽にご参加ください。

大人からでもはじめてのバレエ

 

 

大瀧冬佳Facebookお気軽に申請してください!

 

 

アートセラピー ブログランキングへ