子供一人につき2,000万円もみんな貯めているのですか?貯める必要を考えてみる

 

子供が小さいうちにお金は貯めといておいた方がいい!?

教育には2千万円かかるから、3歳までの貯蓄がマスト!のような記事はよく子育て雑誌などで見かけるし、先輩ママさんからもよく聞く。多くの用途は、大学の進学費だよね。私は中卒で大検をとった口なので、そこまでして大学に行く意味があまりわからない。学びたいものや、将来なりたい目標と時期が明確にある場合、(それはアスリートやバレエダンサーなど)一流(世界)を目指すような子は遅くとも13歳くらいには自分の進むべき道が明確にあり、実際にその道を進み出している。

そういった自分の進路というものを探す期間が18、19になるまでないわけなら実際に道に出てしまってもいいんじゃないか。また学校という枠に収まる意味があまりわからない。

ただし、モラトリアム期間があった人をとても羨ましくも思う。何だか、人として、その期間に大人になる猶予みたいなものが与えられたことで余裕のある人になったように見えるから。

しかしこの「ように見える」って表現は危険。漠然としている。

そして、世界を目指すような子供は貯めている余裕はなく、すでに将来への投資が始まっている。

親は貯めてる場合じゃない

つまり、将来への投資先を早い段階で見つけてあげることにお金を使うべきなんじゃないかと私は思う。毎月、教育費に1万円の積立をするのか、その1万円分いろんな体験をさせるのか。別に世界を目指すことだけが正解な訳なじゃない。大学に行くにしても、そこで何を学びたいのか、どうして行く必要があるのか、親というスポンサーを落とせるくらいのプレゼンはしていただきたい。

なぜ教育費を貯めるかって…自立のため

究極、その子が経済的に、精神的に自立することが目的だ。教育はそのためにあり、教育費はその教育をするための費用だ。「生きる力をつける」ためのお金の運用をするってことだよね。巣立つまでのこの期間、親がリカバリーできる期間に、それはとにかく死なない程度の失敗をたくさん経験させる期間だと私は思う。

それが究極生きる力に繋がると考えると…成功させるためにしかベクトルが向いてない、そもそも親が子供の教育の失敗を恐れすぎている…なぜかそんな風に感じる。

そもそも親が失敗を恐れている失敗慣れしていない

これは問題だ。失敗を100%防ぐなんてことは不可能。あるとしたら、何もしないことが失敗をしないことになる。でもそれは自立なのだろうか。自分の人生を生きていると言えるのだろうか。

私は、19歳で第一子をみごもり、20歳で産んだ。例えば、子供の友達のお母さんには私の親と2,3個しか年が変わらないお母さんもいる。今現在27歳で第三子を妊娠中で、一人目の時とは比べ物にならないくらいに心に余裕がある。3回目という余裕と、経済的な余裕と、精神的な余裕と全てが7年前からレベルアップしている。これ、もし今の自分からさらに13年経った40歳で妊娠出産育児をやることになったら、その時の余裕はいかほど考えられもしない。もちろん、身体的なところが反比例して大変だとは思う。

何が言いたいかというと、親だからって、まだまだ失敗を繰り返して当然なのだ。完璧なお母さんがいいお母さんなのではなくて、まぁまぁなお母さんがいいお母さんなのだ。20歳の時に思った。自分の親と同じ年齢の人でも育児にヒーヒーいっている。子供の子供みたいな私が、どうして完璧なお母さんになれるだろうか。悲観ではなく、現状を明らかに認めた、諦めの境地だった。

むしろ、そういう親の育児を介した様々な気づきと成長と失敗を繰り返している背中こそ、子供にとっては最大の教育になるのではないかと考えた。(そうはいっても、子供抱えて、死なない程度の失敗をするのは大分チャレンジャーである)

お金がなくても子は育つ

いい子に育てたいのか?というと、いい子の概念も多様化していて、実際そんな子供の存在はあってないようなものというか、幻想ですよね。いい子って幻。何がないから、育たないなんてことはない。ないならないで、成るように成る。というか、お金がないことごときで、人生が左右されちゃうような柔な子に育てたくないよね。

お金って失う時は失うでしょ。無くならない方法よりも無い時にでも生き延びる術をたくさん後世に教えられる大人に育って欲しい。無くならない方法よりも、無いところから生み出す術を。だったら一瞬なくなることはむしろいい教材、いい練習期間だ。

何があっても失うことのないものを自分の中に見つけられる方がよっぽど価値ある教育だ。

教育はお金がかかるという人に聞きたい

お金がなくなっても失われないものはあなたの中にありますか?

 


大瀧冬佳プライベートレッスンの受付始めました。
※受付開始2日で満員に達したため数枠だけ増やしました(11/7現在)

・単発なら、1時間3,500円

・週一月4回なら、4回で10,000円

でお受けさせていただきます!(全て税込です)
内容はヨガときっかり限定しておらず、ヨガやバレエ、ピラティス、古武術、などなど混ざったものをプライベートレッスンなのでオーダーメイドでレッスン内容組み立てさせてもらってます!

目的に合わせて、リフレクソロジーやメディテーションやカウンセリングや座学なども人によっては相談して組みこまさせてもらってますm(_ _)m

初回申込フォーム→https://goo.gl/forms/OzlljhUwq0nUZjTe2

2回目以降のご予約→https://goo.gl/forms/x7ABpwfgoNmSgXOb2

 


■大瀧冬佳監修 「カラダの教科書vol.1~2」販売中

・1冊 ¥3,160-.(税、送料込み)
・PDF版 ¥1,360-.(税込)

https://onlineballet.thebase.in/

解剖学の知識を実際にダンスに応用できるまで考えておられるすばらしい内容だと思いました。
また積極的に世に発信しておられる活動も素晴らしいと思いました。是非頑張ってください!(アレクサンダーテクニーク講師の方よりご感想)
他、ダンスカンパニーUzmeの旗揚げ公演「Mao」のオリジナルサウンドトラック全11曲を収録したアルバムも残りわずかですが販売しております。

朝活オンラインでヨガができます

こちらは参加費月額300円で毎日受け放題です!

運動難易度は妊婦でもできるレベルの易しめ

日頃の運動不足を解消したい人におすすめです。

また、朝早起きして体を動かし日の出の光を浴びると

一日とてもパワフルにおくれます!!!

エネルギッシュに毎日を過ごしたい人もぜひお気軽にご参加ください。

朝オンラインヨガ


■【大瀧冬佳*来年の公演予定】

2018年4月   大瀧冬佳ソロ公演開催予定(スタッフ募集中)
2018年6月末  UzmeArtFes開催予定(一般参加者募集中
2018年11月 NY単独公演開催予定
2018年12月 東京凱旋公演開催予定

お問合せ、ご質問随時歓迎

 

シングルマザーこそ高機能家電を使うべきたった一つの理由

 

 

理由は想像を絶する忙殺レベルの毎日だからだ。もう訳がわからなくなるくらいにとにかく忙しい…。やることがテトリスのようにどんどん積み上がっていき、先伸ばせば辛くなるのは自分。片付けても片付けても終わらないやるべきことに心も体もアップアップしてくる。

 

ん〜…書いているだけで当時を思い出して苦しくなってきた。私自身も1年前まで年子の幼児を育てるシングルマザーをしていた。保育園の送り迎えに仕事に家事に育児に。際限なくやることはあり、家で座ったことがあったか記憶にない。仕事を終え、ひと息つく間も無く保育のお迎えに自転車を走らせ、二人をピックしてから帰宅。家に着くなり「お腹空いた〜!」の大合唱とグズリ、まとわりつく二人をごまかしごまかしご飯を作り、食べさせ、片付け、風呂に入れ、寝かしつける。そして、次の日の朝を迎えてノンストップエンドレス育児である。

 

シングルマザーでなくとも、共働き夫婦でも、これから赤ちゃんを迎える新婚夫婦にも、忙しいキャリアウーマンやサラリーマンの方にも参考になったらいい。自由な時間を少しでも生み出すため家事の時間配分の提案だ。

 

家事はやろうと思えば向き不向きはあるにせよ、誰にでもできる。先日、ホリエモンのツイッターが「保育士誰でもできる」の一言で炎上していたが、その問題は置いておいてホリエモンが「保育士の賃金をあげるには効率化だ」と提唱されていたように「誰にでもできることは効率化が鍵」だと私も思っている。家事の生産性のアップ!をはかること。そして、こうした生活の基礎中の基礎から無駄なことと必要なことをしつこいくらいに一度見直すことで、その他の活動が実にスムーズに行くようになる。昨今の女性には活動が多すぎると思う。就活から始まり、婚活、妊活、保活…などと言った「〇活」。本屋さんに行ってあまりの「○活指南本」の多さにびっくりした。頑張りすぎだろうと。どこまで社会は女性に期待するのだと。もっと楽していいと思う。じゃないと、子供なんて産みたくなくなっちゃう。負担が多い現状と言った意味でも家事の効率化に投資するのをオススメする!

 

あなたが普段していることには以下のパターンがあると思う。

①やりたいこと→趣味や遊び、仕事など(私の場合)

②やりたくないこと→私でなくてもできること(私の場合)

③やりたいけどできないこと→海外公演(私の場合)

④やりたくないけどやらなければならないこと→家事全般(私の場合)

このうち、①ばかりできればいいけれども、そうはいかない。④に仕事が入ってくる人もいるかもしれないし、この区分に何が入っていようが人それぞれで構わないが…なるべくなら①の要素多めで、③の実現に向けて投資ができていて、②や④が極力割合少ない状態が皆理想であると思う。ポイントは②と④の効率化なのだ。忙しすぎると、思考停止で終われるようにただただこなすだけの日常になってしまうから、シングルマザーこそ徹底的に②と④を減らすことが必要だったと今私は心から思っている。

 

家事は代行サービスというものを頼むことができる。しかし、これをパートで回収するには生産性が全然よくない。私も家事代行サービスを利用しようと見積もりをとって数度利用したけれども、家政婦さんの仕事的にも「不満足ではない」程度で痒いところに手が届くほどのサービスは期待できない割に高い。こっちのものをそっちに退けるなど、そう言ったことが私の許可なしではできない決まりなので仕方がない。なので、言われたことはやってくれるけれど、私の代わりになるほどの仕事はしてくれない。そこで、目をつけたのが、高機能家電だ。

 

食洗機やルンバ、圧力IH鍋などなど。機能がてんこ盛り!じゃなくていい。シンプルだけど、自分がいなくてもなるべく自動で仕上げてくれるもの。例えば購入するときは高価かもしれないけれども。その家事に毎日かけている時間分パートをしたら回収できる程度のものだ。昨日の記事にも書いたけど(http://fuyukaohtaki.com/dance/fuyuka-dance-216/)ご飯大事!!なので、「あ〜今日はもう頑張れない、ご飯食べて帰っちゃおう!」って結局惣菜買ったり、外食してしまったりってことがシングルマザーやワーキングマザーは経験があるかもしれない。自分がもっと頑張れば、この無駄をしなくて済んだのに…なんてちょっと自分を責めてしまったりするし。それが、朝、5分かけて食材を切って合わせ調味料まで準備して出発。家に帰ってきたら、鍋に入れてボタン押して放置している間に子供とお風呂にゆっくり入って出てきたらできたての煮込み料理が出来上がっていたらどうだろう??めっちゃいい。

 

私は整理整頓が苦手というか嫌いで、またすぐ使うのに片付ける意味がわからなかった。なぜいちいち片付けるかって、頭のメモリを軽くするためなんですって!それを聞いてから(多少は)私も片付けようと思えるようになった。ここにハサミがしまってあるというのが無意識でもメモライズされたら、「ハサミ」と頭に浮かんだらほぼ何も考えずに手は引き出しにいく…という風に日常の小さなストレスを減らすために片付けるそうだ。私のように、すぐ使うんだから何でも出しっぱなしにしておくと確かにアクション挟まずすぐに手に取れるけれども、「机のこの辺に置いたはず」という脳内メモリはずっと残っているし、数も膨大。それがよくないらしい。

 

本当に年子があっちとこっちで違うことをギャンギャン24時間騒いでいるのを聞いていると生活全体がそんな感じになってしまって、私の脳内パソコンは火を噴きそうになるともう末期だ。そうならないために、④のやりたくないけれどもやらなければならないことは、まず私がやらなくても済むことかどうか、というか本当にどうしてもやらなきゃダメかを吟味して、どうしたらやらなくて済むかを考えて、それでもやらないとならないことは上記の片付けの理論のようにもう考えなくても勝手に手が動くくらいにルーティン化するしかない。

 

家庭をまわすのは、会社経営とさして変わらないかもしれない。家庭も良き方に成長していきたいし、今日も明日も何の変化もない毎日も一つの幸せだけれども③のやりたいけど今はできないことが少しでも夢見れるそんな家庭だったらもっと素敵だと思う。余裕を生み出すこと。効率化って人間の温度を感じない冷たい機械的なものに聞こえることもあるが、これは人間らしい営みにハッキリと輪郭をもたらすためにあるのかもしれない。だから心豊かに生活するためにもっともっとIT化が進んで、人は人にしかできないクリエイティブなことだけして生きていけたらいいなと私は思う。

人の2倍生きる手帳術!母でダンサーの私の場合

 

 

時間は平等!でも2倍の時間を生きる手帳術を公開

IMG_1976

どっさり!!笑

しかもA5サイズですからね。

パソコンの紙バージョンってところです。

 

 

こちらの記事(広告漫画家百万のウェブサイトより)で紹介されている手帳術は

実にスマート!!持ち主そのままでますね、手帳の使い方って。

B6で重さも347g…対して私は1㎏!!(単位が違うよ笑)

効率や生産性の高さを見習いたいと私が常日頃から思っている方なので

本当に参考にしたいところですが….

 

 

 

使いながら改良を加えつづけるのが一番かと。

 

私の手帳はワーキングマザーシングルマザー

未就学児を育てるママ、の参考になるでしょう。

 

 

 

 

  1. 時間をフレキシブルに使うための準備

 

IMG_1982

真っ白な紙がセットされてます。

そこにテーマは何でもいいので毎晩

頭の中をゴロっと全部だす

マインドマップがおすすめ

 

 

IMG_1991

 

縦軸が「いそぎ→ゆっくり」

横軸が「重要→適当」

 

 

いそぎで重要なことを最優先でやる!

いそぎで適当なことを2番目

ゆっくりで重要なことを3番目

ゆっくりで適当でいいことを4番目

 

付箋に分解して貼りまくる

 

なんで付箋かというと

主婦や母は予期しないできごとにかなり左右されるから

この日この時間にやる!と予定を組んでも

その通りにいかないことの方が多いから

 

で、できないと自己嫌悪とかストレスになるので

だから、付箋にはなるべく一つの用事を細かく分解して書くこと

それぞれ5分以内で片付く用事にしておく

 

 

 

 

 

 

 

2. 雑用も大事な事もカオスになりがちな

  主婦は見える化でアタマスッキリ

 

IMG_1979

 

(本当はさ、縦軸の週間のリフィルがいいんだけども)

このページの右側にさっきの付箋だらけのやつをセットして

 

 

週はじめにウィークリーに付箋をはりかえていく

全部貼らなくていいし、①番から貼ったらいいので

優先順位が目で分かりむやみやたらに混乱しなくなる

 

「急に熱を出した!」

「思いのほか時間がおしてしまってできなかった」

など、また他の日に張りかえてやればいい

 

 

 

他にも最近はダラダラと人のブログを読んで

結構な時間をすごした割に大したことしてない…

というのを減らすべく、

PCというカテゴリーで付箋をはる場所を設けて

必ずチェックしたいブログや、自分の書くネタや

やることを予めきめておく。

で、時間が余ったら好きにしよう!という風にしてる。

 

 

 

付箋のカテゴリーはまだまだいろいろある

「1年以内にやりたいこと」

「5年計画」

「読みたい本」

「買い物リスト」

「妄想」

などなど

お見せできませんが笑

 

 

付箋は完了したら日記に貼付ける

行動がちゃんとわかるので日記も書きやすい。

 

 

3.  フットワークを軽くするため一目瞭然でのわかりやすさ

 

IMG_1977

年間と

 

IMG_1978

月間は予定をくむときに活用。

だから直で書いている

(まだ今年のから書き写してないけど)

 

 

保育園の行事とか

私は父母会の会長でもあるので

絶対動かない予定を書き入れる。

 

 

4. 雑用をいかにこなすか

 

IMG_1990

 

なんでこんなに手帳が大きいかというと

一元化してるからですね。

 

これさえあれば、出先でも対応できるように

これでも情報を厳選して持ち歩いている。

家計簿は買ってその場で書き込むように1枚家計簿の紙をセットしてある

 

 

病院も行けるように

診察券やお薬手帳をいれておく

 

 

保育園の手紙はだいたいA4なのでもっらてすぐ

穴あけパンチであけて半分に追折ってファイリング

 

家に帰ってから見よう!とかやってると

雑用にあふれてあたまおかしくなりそうになるので

その場で完結するように心がけている。

 

 

もっと軽量化する為に

家に保管用のファイルもあって

二週間分くらいのウィークリーがあればいいので

入れ替えればOK!

 

 

5. 全部アイディアを書き留める

 

IMG_1984

 

とはいえ、A5はでかい笑

こちらのモレスキンノートはB6?かな?

有名ですよね。

私のような文房具オタクなら知らない人はいないんじゃないか!?っていう伝説のノート

 

 

とにかくココに何でもメモる。

一瞬のひらめきから、感想、気持ち、考え、情報

混沌としてていいし、とにかく書く!

 

 

IMG_1986

 

で、今2冊使ってて

小さいのは私自身が考えたこと

大きい方のは人や本や外から入ってきた為になる情報

を書いている。

 

 

この2冊から始まって

マインドマップのテーマが決まり

どんどん現実に落とし込んでいく。

 

 

モレスキンノートはずっと変わらずその形で売っててくれるので

文庫本みたいに歴代4冊が本棚にならんでいる。

 

 

それがその時限りで終わる忘れる情報でなくて

小さなアイディアの破片が集まる瞬間があるので

このノートを愛用している。絵も描くし貼ったり切ったり自由に。

 

 

 

 

6.  まとめ

 

 

人の2倍の時間を生きるってどういうことか?

一日は24時間

だいたい8時間働いて

睡眠時間が6時間

 

この時点で10時間も余っている。

 

ごはん、風呂、歯磨き、着替え、トイレなどなど生理的に必要な時間は多く見積もって

3時間??

 

あとの7時間をどうすごすか?なんて

ぼっーと生きていると何したか思い出せないくらいになっているでしょう?

 

 

もっと自由に時間が使えるんだよ。

私はその7時間をめいいっぱい使っているのと

それから行動を起こすまでのちょっとした時間の無駄

二の足を踏む、何しようか?と考える時間。

これを整理しておくことで人の2倍生きることができる

 

 

 

以上、MacBookAirと同じ重さの私の手帳でした。

 

 

 

 

アートセラピー ブログランキングへ 

 

やりたいことと、子育ての両立は可能か?

 

 

こどもがいるから、本当に好きなことができている。

 

親は自分を犠牲にして生きていかなければ

ならないんでしょうか??

 

我慢しなきゃいけないんですか?

それが人を生み育てる責任のとり方ですか?

 

 

私はそうは思わない。

 

自己犠牲な母の背中よりも

本気でやりたいことに全力で生き抜いた背中に

私は母からたくさんのことを学んだ。

 

 

物理的に時間がとれない…を自己犠牲と捉えること自体間違っている。

そう捉えてしまうのは親の心がどこか満たされない諸悪の根源を

「こどもがいるから」ってことにすり替えてしまっているからじゃないの?

 

 

 

 

でも、何でも好き勝手やったらいい!とは全く思わない。

だからこそ、本気でやりたいことじゃないとダメなんだと思う。

 

 

私はシングルマザーになる前から

「看護師」をめざしてみたり

「造園師」になってみたり

なんとかして「安定」を追い求めて

女手一つでどうやって育てていこうかばかり考えていた。

 

 

 

お金がなさすぎてキャバクラの面接を受けたりもした。

 

「こどものため」ならカラダを売っても構わないとまで思っていた。

 

でも全部一周回って本末転倒な未来しか見えなかったから。

 

 

私は「こどものため」「こどものため」ってなんのこっちゃろ?

自分ないがしろにしたり、はたまた惰性で流された楽しみっていうのは

本当の意味で「こどものため」なんだろうか?

 

ただの免罪符にすぎないんじゃないか?

母と言う自分のなにを責めつづけているんだろう?

 

 

って考えるようになった。

 

 

 

 

 

 

私は何回も「ダンス」の道をおりている。

自分一人でなく家族の誰かが私の人生に関わる時

私は「ダンス」を選択してこられなかった。

 

 

好きな「ダンス」への想いへも結構余計なこだわりを抱いていて

もっともっと研ぎ澄まされて1本の筋を通せるようになったから

今はとても気持ちが楽。

 

 

 

 

かなりゆるーく長い目で見られるようになった。

 

 

やっぱり子育てはいろいろ制約がかかる。

でもだからこそ、不自由だから最優先事項をシンプルに取り捨て選択できる

 

 

今、背負うものがある私だから

最優先のこどもと自分にとって良いものしか選ばない

というか無駄なものを選択する余裕はない

 

「この寝顔を守りたい」その一心です。

私はそんな感じでダンスも子育てもやっていくと思う。