社会で生きる生きづらさの実態〜恩送りインパクトをおこせ!〜

 

 

こんな記事を見つけた「恩送りができる人の脳が示す未来

 

この記事によれば、見返りを求めてよい行いをする「評判型」と児童養護施設にだまってお金をおいていくタイガーマスクや、あしながおじさんみたいな人を「恩送り型」としているようだ。そして「評判型」と「恩送り型」とでは脳が活性している部位が違うそうだ。

 

「評判型」…推測したり、損得をかんがえる場所が活性化している

「恩送り型」…他者への感情的な共感にかかわる場所が活性化している

 

この記事にも書いてあることだけれど、私は「恩送り」って人の間を伝染していくと思う。

 

私はほとんど人様の力で生かさせてもらってきた。お米や野菜を送ってもらったり、お金を送ってもらったり、家具家電、こどもの服もほとんどもらったもの。モノだけじゃなくて、「ウチを実家だと思っていつでも帰ってきなさい」と言ってくれる人が何人もいる。旅行も「たまには息抜きしなくちゃ」と連れていってくれる人がいる。無名で100万円くれた人もいる。私が自活していけるように仕事のチャンスをくれた人もいる。家事を手伝いにきてくれる人もいる。子供をみててくれる人もいる。

私、こういうの本当に何と言っていいかわからないくらい、なんか申し訳なくて、いつ恩返しできるとも知らない私に…ってとても心苦しかった。で、決まってこの人たちはこう言うんだ。「上から受けた恩を下に返しているだけだから、ふゆかはふゆかの力がついたときに下へ返せばいいの」胸がギューっとなって、今も目頭が熱くなってしまう。

 

17の時、本当にお金がなくて食べるものがなくて成田の駅前で「お金ください」って道行く人にお願いしたことがある。その人は私をみて財布に入ってるお札全部くれた。3万円。その人にとって二度とかえってこないお金。その人に今、会えるなら、お礼を言いたい。あのとき、あっけにとられてお礼のひとつも言えなかった。その人は私の手にギュッとお札をにぎらせ、足早に人の波の中に消えていってしまった。

 

あんなに温かい心にふれて私は救われた。こんな世知辛い世の中で肩肘はって気をはって、怒りを燃料になんとか自分を奮い立たせて生きていたもんで、こんなに温かいものなのか?と心がジュワッと溶けた気がした。

 

数えきれないたくさんの恩を私はうけてきたから、私もそうする。そこにはもちろん利害も、損得も思考にあがってくることはない。なぜかはわからないけれど。だって、そうじゃんとしか言えない。考えるというより、感じたままに。どうして、見返りなんてとても望めない私に恩をくれたの?その気持ちを感じてしまった限り、考えてもそれをしないというところ行き着かない。

 

先にあげた記事では、そんなループをくりかえす人々が数的に優位になれば社会にインパクトが起こると言っている。私はこの事実を今の今まで一人か二人にしか話したことがないけれども、ここに書こうと思ったのはこの記事に賛同したから。

 

 

きっと、大きな組織に属すれば属するほど「恩送り型」でいるのは痛みを伴う。本当は人は「恩送り型」を望んでいるけれども、自分→家庭→仲間→会社→社会とコミュニティが大きくなるほどに「評判型」な思考になっていくしかなくなるんだ。人を価値としてはかるから。どうしても生産性として人が勘定されそこで結果をださないと自分の価値がなくなると錯覚させられていく。

 

だから、それでも「恩送り」をしてくれた人を本当にかっこいいと思った。社長さんなのだけれども、たぶん彼の会社は部下から共感を得て「恩」が伝染している会社なのだと思う。

 

自分で自分を他者ありきでしか価値を見いだせないのではなく、小さなコミュニティから少しずつ自分を取り戻していけたらいいのではないかなと私は思う。

 

 


 

ありのままの自分の価値をみつけるヒントはダンスだったからね、もしよかったらレッスンに来てください!!

1月2月のレッスン情報

 


アートセラピー ブログランキングへ

バレエが女子力UPになる理由④

 

クラシック音楽で脳がリラックス状態になるからです。

 

これは、なんとなくの感覚的なものでなく

「音楽療法」としてちゃんと証明され

実際に医療現場で音楽が使われているからです。

 

バレエの動きが良いだけなら

別にバレエでなくともそういうエクササイズをしたらいいじゃないですか。

 

 

つまりヨガやピラティスなどで十分な訳です。

(ここでは、ヨガやピラティスが不十分と言いたい訳ではありません。)

 

 

バレエは、音楽がからだのすみずみまで流れ渡り

呼吸を音楽にのせて歌うように躍ります。

 

 

それも、より脳にリラックス効果が高いクラシックの音楽にのせて。

 

 

 

脳の疲労は血行不良や代謝不良を引き起こします。

血行不良、代謝不良が起こると、

疲れを感じさせる疲労物質がからだの外に出しにくくなって

いつも疲れていて元気がない人になります。

 

新しい細胞につくりかえる栄養や体のエネルギーになる栄養、

そして排出しなければならないゴミがたまって

出る、入るの循環が弱くなるってことです。

 

 

からだにゴミがどんどん溜まって、エネルギーも送られてこない

体をつくる材料も届かない….って、「キレイ」になる訳がありませんね。

 

 

「キレイ」どころか病気になります。

 

 

 

で、まだ病気になっていないけれども

体温が低かったり、寝起きから疲れを感じていたり

腹八分目が分からなくなっていたり….

気分にムラがあったり….

 

 

そういう状態を「未病」といいます。

 

 

バレエをすれば「キレイ」になる!!!と断言は絶対にできません。

食事も大切だし、そんな一筋縄でいくように「人」はできていないからです。

 

 

 

それでも、

バレエが女子力UPになる理由①

バレエが女子力UPになる理由②

バレエが女子力UPになる理由③

 

 

こちらで書きましたように

骨、筋肉、各臓器という切り口

そして今回のお話の脳や心理的な側面からのアプローチ!

 

 

と、バレエは「健康」や「キレイ」に向かうまでの

いろんな条件を兼ね備えていると私は思っています。

 

 

音楽をただ聞くのでもリラックス効果は得られますが

躍るというのは、音楽の傍らに立つのではなく

音楽を自分の中にとらえます。

 

 

その差は、やってみるととても大きいものです。

 

 

百聞は一見にしかず、というか

百聞よりやってみなよ!と思います。

 

 

やってみてからじゃないと

わからないことがすごく多いですよ^^

 

 

そんな訳で、私のクラスでは音楽にも結構こだわっていきたいと思っていて

現在、いろいろと準備しているところです^^

 

 

ぜひ、楽しみにしていてください!!!

 

 

 

レッスンのご案内はこちら「はじめてのバレエ」

 

大瀧冬佳Facebookのお友達申請もお気軽にどうぞ!!!!

 

 

 

ランキングに参加してます。お手数ですがポチッとクリックしていただけると嬉しいです。

クリックしたらもう一度私のブログからはいってきてくださいm(_ _)m

アートセラピー ブログランキングへ

バレエが女子力UPになる理由②

 

からだを感じるにはどうしたらいいの?

 

簡単です!まずは触れて知識をつけてみましょう。

 

今回は前回のお話のつづきです。

 

 

 

 

 

 

さて、背骨がどこかはご存知ですか?

 

ご自身の手をあてて感じてみましょう。

 

頭の後ろ首のはじまりから背中のまんなかを通るゴツゴツとした骨、

これが背骨の突起です。

一番上からたどると、ゴツゴツを感じやすいところと感じにくい場所がありますね。

形が一つ一つ違うし、背骨はゆるいS字をえがいているからです!

 

動きも前後なのか、左右なのか、回旋なのか得意な方向がそれぞれあります。

 

 

背骨の突起のもっとあなたの内側には脳と内蔵、脳と体、脳と心をつなぐ

神経が束になった脊髄が背骨のど真ん中を流れています。

 

ゴツゴツの両側から各器官にそれぞれ神経がでて繋がっているので

どこのゴツゴツが歪んでいるかでおおよそ何が不調か?

も分かる人には分かります。

 

そして、感情にも影響があります。

例えば、首のゴツゴツの上から4番目が歪んだり動きにくかったりなんらかの不調があると

感情の抑制がききにくい…ということがあります。

 

あとは「自律神経」と言う言葉を耳にしたことはありますか?

呼吸や血液の流れ、腸などの内蔵の動きに深く関係してます。

 

簡単に言うと、「リラックスと緊張」を操作する神経です。

 

 

 

 

そのまま下へどんどんたどっていくとゴツゴツは大きくなっていきます。

ゴツゴツの一番下までいくと腰が終わり、何やらおおきな塊にぶつかると思います。

これが仙骨です。

 

さらに下へ下へ、お尻のわれめの始まりあたりに尖った骨を感じると思います。

これは尾骨、しっぽの名残なんて言われますね。

 

ここまでが背骨です。

 

 

 

 

背骨がいかに重要かお分かりいただけたでしょうか?

 

この背骨に一番近い筋肉をバレエでは使います。

インナーマッスル、深層筋なんていわれるものです。

 

これは腹筋運動ではなかなかつかうのは難しいもので

外側の筋肉ばかり使っていると内側の筋肉は衰退していきます。

 

 

衰退させず、使ってあげると柔軟性が増し

そして、上記にお話した機能回復、機能改善ができます。

 

ですから!バレエの動きは心身にとてもいいのです!

 

次回はいよいよ!!!骨盤です!!!!