お安く買った野菜を安全に食べるために

 

ズボラだけど安全性にも気をつけたい人

有機野菜!オーガニック!無農薬!なんてこだわれない。気にしすぎて、心配や不安を抱えて食べ物を食べたくないっていうのがある。神経質すぎるのも、私の性に合わない。その中で、神経質になりすぎずできることはやれないかと色々と試行錯誤してきた。

 

生野菜の危険性とその信憑性

となりのトトロに出てくるような、井戸の水で冷やしたキュ

ウリやトマトをそのままバリッとかじるのに憧れる。インターネットで調べれば調べるほど、不安ばかり煽られてその信憑性は定かではないなというのが私の感想だ。今の野菜は昔の野菜と比べて、質量あたりの栄養価が落ちているとか。皮の下に一番野菜の栄養が含まれているけれども、皮に農薬が付いていて安全ではないから剥いたほうがいいとか…もうなんやねん!!!となってくる。専門家ではないけれども、昨今、アレルギーっ子が多い印象がある。それとこれとが関連するのかはわからないけれども。我が家の次男も、アレルギーっ子で色々試した中で、食の改善は体質改善に一番直結した。なので、本当かどうかはわからないけれどもできる限り気をつけていこうというのが我が家の指針である。

 

残留農薬除去に「ホタテのおくりもの」

 

こんなものを使ってみることにした!!野菜に残っている農薬を取り除くらしい。

早速試してみたら…ちょっと衝撃だった↓

水面に浮いている油のような膜や、白い何か…これが残留農薬らしい。

 

使い方は簡単。水(2リットル程度)の中にスプーン一杯入れて溶かす。

 

そこへ野菜を5分から10分浸けるだけ。

 

野菜は普通のスーパーで購入したもの。前は大地を守る会だとか、らでぃっしゅぼうやを試しに利用したことがある。有機野菜の宅配をしてくれるんだけども…いくら安全とはいえ破産しちゃうよ!ということで早々にやめた。野菜は確かに味が濃かったりしてとっても美味しいんだけどね。で、今もやっているけれども家庭菜園でなるべく自分で作るということ。これは今後も継続していくけれど、家族が食べる全てを賄うにはちょっと追いつかないので、やっぱりスーパーで買う必要がある。

 

このホタテのおくりもの、500gと1㎏が売っているのだけど、なぜか1㎏のほうが全然お安い。詰め替え用だからだとは思うけど、計量スプーンと入れ物は他でいくらでも代用できるので、500gと500円ほどしか変わらない1㎏の購入をオススメする。で、一回あたりスプーン一杯しか使わないので、コスパもめっちゃいいんじゃないかと。そして、これはホタテの貝殻を砕いて焼いて作っている天然素材100%のものなのも使用を決めたポイント。

 

この浮いている膜が本当に農薬やワックスや防腐剤なのか…私には調べることはできないけれども、実際なんか浮いているので、これは取り除いて生でバリバリ食べたいなと思う。葉物野菜は時々洗っていて、ぬるっとすることもある。確かに自分で育てた野菜はそんなことはないので、農薬なのかもしれない。

 

私が農薬を取り除く理由

身体能力は神経伝達の正確さと速さのことをいうと思っているからだ。それらを阻害する因子は極力排除したい。私はイチローの体が大好きで、彼の綺麗に整えあげられていて無駄のない動きに圧倒される。動かし方がバレリーナにとても近いと思っていて、野球に関しては無知だけど、彼の動きはよく観察している。筋肉を肥大させないようにきっと心がけているに違いない。他の野球選手の体や使い方、トレーニングをみると本番試合ではとても使えなそうな無駄な筋肉がとても多い。そして、負担になり故障の原因はそこからきているし大変効率が悪い。私がベストだと考えている、ストレッチやコンディショニング、トレーニングは初動の繰り返しとフルコミットを重点的にすることで、神経のオンオフを正確かつ速く細胞に刻み込む練習だ。筋肉は筋が束になったものなのだが、脳からの神経伝達によって、その筋一本一本全てに正確に指令が伝わっていることは少ないと思う。大概、使いやすい筋ばっかり使われていて、それは筋肉が足りないからだと解釈しがち。そして、筋肉量を増やすことばかりのトレーニングを多く見る。

 

それは、私の経験上から全く間違っていて、筋肉は少数精鋭が一番だと思っている。怪我も減るし、怪我したとしても、きめ細かく使い慣らされている筋肉たちなので治りが早い。なので、私は筋トレやストレッチを一切しない。しているとしても、意図が異なる。でも、それをイチローも行なっていてやっぱりそうなんだ!!!と自信になった。バレリーナだと50を過ぎても踊っている、日本を代表するバレリーナ、吉田都さんの体も大好き。私も今27歳で、10年前は17歳でも遅咲きと言われ焦っていたけれどもまだまだこれからの自分の体のほうがずっと希望を持てるし、まだ右肩上がりに体は進化していくと思っているので楽しみである。

 

なので、もちろん三児の母で、家族の健康を預かる身として食の安全を心がけるのもあるけれども、やっぱり自分の可能性をまだまだ潰したくない、むしろ広げるために食に気遣うわけだ。回り回って、子供達の将来にも絶対にいい影響を及ぼすとしか思えないので、いいんですこれで。食べる、寝る、動く…この三つのバランスをとって体は作られるし、表現の極みみたいなところに行き着くには、こうした一つ一つのこだわりって大事だと思ってる。

 

それに、子供も自分も旦那もみんな健康じゃないとやりたいことなんてできないからね。どんなに好きなことができても、誰かが病気だったら楽しめないし、好きなことなんてどうでもよくなってしまうのが私だ。母の末期ガンを看取った経験はやっぱり今も私に大きな影響を及ぼしている。幸せは健康から。

シングルマザーこそ高機能家電を使うべきたった一つの理由

 

 

理由は想像を絶する忙殺レベルの毎日だからだ。もう訳がわからなくなるくらいにとにかく忙しい…。やることがテトリスのようにどんどん積み上がっていき、先伸ばせば辛くなるのは自分。片付けても片付けても終わらないやるべきことに心も体もアップアップしてくる。

 

ん〜…書いているだけで当時を思い出して苦しくなってきた。私自身も1年前まで年子の幼児を育てるシングルマザーをしていた。保育園の送り迎えに仕事に家事に育児に。際限なくやることはあり、家で座ったことがあったか記憶にない。仕事を終え、ひと息つく間も無く保育のお迎えに自転車を走らせ、二人をピックしてから帰宅。家に着くなり「お腹空いた〜!」の大合唱とグズリ、まとわりつく二人をごまかしごまかしご飯を作り、食べさせ、片付け、風呂に入れ、寝かしつける。そして、次の日の朝を迎えてノンストップエンドレス育児である。

 

シングルマザーでなくとも、共働き夫婦でも、これから赤ちゃんを迎える新婚夫婦にも、忙しいキャリアウーマンやサラリーマンの方にも参考になったらいい。自由な時間を少しでも生み出すため家事の時間配分の提案だ。

 

家事はやろうと思えば向き不向きはあるにせよ、誰にでもできる。先日、ホリエモンのツイッターが「保育士誰でもできる」の一言で炎上していたが、その問題は置いておいてホリエモンが「保育士の賃金をあげるには効率化だ」と提唱されていたように「誰にでもできることは効率化が鍵」だと私も思っている。家事の生産性のアップ!をはかること。そして、こうした生活の基礎中の基礎から無駄なことと必要なことをしつこいくらいに一度見直すことで、その他の活動が実にスムーズに行くようになる。昨今の女性には活動が多すぎると思う。就活から始まり、婚活、妊活、保活…などと言った「〇活」。本屋さんに行ってあまりの「○活指南本」の多さにびっくりした。頑張りすぎだろうと。どこまで社会は女性に期待するのだと。もっと楽していいと思う。じゃないと、子供なんて産みたくなくなっちゃう。負担が多い現状と言った意味でも家事の効率化に投資するのをオススメする!

 

あなたが普段していることには以下のパターンがあると思う。

①やりたいこと→趣味や遊び、仕事など(私の場合)

②やりたくないこと→私でなくてもできること(私の場合)

③やりたいけどできないこと→海外公演(私の場合)

④やりたくないけどやらなければならないこと→家事全般(私の場合)

このうち、①ばかりできればいいけれども、そうはいかない。④に仕事が入ってくる人もいるかもしれないし、この区分に何が入っていようが人それぞれで構わないが…なるべくなら①の要素多めで、③の実現に向けて投資ができていて、②や④が極力割合少ない状態が皆理想であると思う。ポイントは②と④の効率化なのだ。忙しすぎると、思考停止で終われるようにただただこなすだけの日常になってしまうから、シングルマザーこそ徹底的に②と④を減らすことが必要だったと今私は心から思っている。

 

家事は代行サービスというものを頼むことができる。しかし、これをパートで回収するには生産性が全然よくない。私も家事代行サービスを利用しようと見積もりをとって数度利用したけれども、家政婦さんの仕事的にも「不満足ではない」程度で痒いところに手が届くほどのサービスは期待できない割に高い。こっちのものをそっちに退けるなど、そう言ったことが私の許可なしではできない決まりなので仕方がない。なので、言われたことはやってくれるけれど、私の代わりになるほどの仕事はしてくれない。そこで、目をつけたのが、高機能家電だ。

 

食洗機やルンバ、圧力IH鍋などなど。機能がてんこ盛り!じゃなくていい。シンプルだけど、自分がいなくてもなるべく自動で仕上げてくれるもの。例えば購入するときは高価かもしれないけれども。その家事に毎日かけている時間分パートをしたら回収できる程度のものだ。昨日の記事にも書いたけど(http://fuyukaohtaki.com/dance/fuyuka-dance-216/)ご飯大事!!なので、「あ〜今日はもう頑張れない、ご飯食べて帰っちゃおう!」って結局惣菜買ったり、外食してしまったりってことがシングルマザーやワーキングマザーは経験があるかもしれない。自分がもっと頑張れば、この無駄をしなくて済んだのに…なんてちょっと自分を責めてしまったりするし。それが、朝、5分かけて食材を切って合わせ調味料まで準備して出発。家に帰ってきたら、鍋に入れてボタン押して放置している間に子供とお風呂にゆっくり入って出てきたらできたての煮込み料理が出来上がっていたらどうだろう??めっちゃいい。

 

私は整理整頓が苦手というか嫌いで、またすぐ使うのに片付ける意味がわからなかった。なぜいちいち片付けるかって、頭のメモリを軽くするためなんですって!それを聞いてから(多少は)私も片付けようと思えるようになった。ここにハサミがしまってあるというのが無意識でもメモライズされたら、「ハサミ」と頭に浮かんだらほぼ何も考えずに手は引き出しにいく…という風に日常の小さなストレスを減らすために片付けるそうだ。私のように、すぐ使うんだから何でも出しっぱなしにしておくと確かにアクション挟まずすぐに手に取れるけれども、「机のこの辺に置いたはず」という脳内メモリはずっと残っているし、数も膨大。それがよくないらしい。

 

本当に年子があっちとこっちで違うことをギャンギャン24時間騒いでいるのを聞いていると生活全体がそんな感じになってしまって、私の脳内パソコンは火を噴きそうになるともう末期だ。そうならないために、④のやりたくないけれどもやらなければならないことは、まず私がやらなくても済むことかどうか、というか本当にどうしてもやらなきゃダメかを吟味して、どうしたらやらなくて済むかを考えて、それでもやらないとならないことは上記の片付けの理論のようにもう考えなくても勝手に手が動くくらいにルーティン化するしかない。

 

家庭をまわすのは、会社経営とさして変わらないかもしれない。家庭も良き方に成長していきたいし、今日も明日も何の変化もない毎日も一つの幸せだけれども③のやりたいけど今はできないことが少しでも夢見れるそんな家庭だったらもっと素敵だと思う。余裕を生み出すこと。効率化って人間の温度を感じない冷たい機械的なものに聞こえることもあるが、これは人間らしい営みにハッキリと輪郭をもたらすためにあるのかもしれない。だから心豊かに生活するためにもっともっとIT化が進んで、人は人にしかできないクリエイティブなことだけして生きていけたらいいなと私は思う。

食べたもので体は作られている、食を制するものは人生を制する!

 

 

 

 

ご飯が美味しいだけでいいんだなって最近よく思う。そして、ひかるくんにも聞く。「ご飯が美味しいのっていいよね」「うん、俺はそれだけでいい」あーよかった、食べ物の好みは真逆だけども価値観は似ている人で。

 

外から帰ってきて、脂ののった秋鮭に湯気が立っている豚汁。シャキシャキのサラダとか。野菜がたくさん入っていて生姜の効いた餃子もいい。あったかご飯に海苔とわさびと醤油もシンプルで美味しい。新鮮な旬の素材に、いい塩梅の塩加減と火にかける時間と温度を間違わなければ、本当に美味しいご飯ができる。調理工程なんてそんなにこだわらなくても、コツさえ掴んで、そして力のある食材を選べば、だいたいご馳走になる。

 

それを「美味しいね」と言い合って食卓を囲む家族がいればそれで満足。私が食にこだわったり、料理が好きなのは、母の影響が大きい。母は小児喘息持ちで子供の頃から体が弱かった。大人になっても、母は季節の変わり目ごとに喘息の発作を起こして、ひどい時は入院もしていた。弟も小児喘息を持っていたから、母は自分のようになってはかわいそうだと家族の健康管理に余念がなく、健康オタクだった。何かと健康情報が日常的に出てくる。自然とそれを聞きながら育ったので、私が献立をたてる時も家族の何気ない会話からだったり、気温などで決めたりしている。

 

例えば、仕事が忙しくて疲れていそうだなって時はレタスと豚肉が入った献立がいいなとか。レタスには睡眠の質を上げる効果があるって母が言っていた。そして、豚肉には疲労回復に効果的。だからセットで取れる冷しゃぶサラダがいいかな。ゴマだれにしたら、飲み過ぎで疲れている肝臓にもいいかな。なんて、考えてご飯を作る。

 

学校や保育園でインフルエンザが流行ってきたと聞けば、生姜や長ネギなど体を温める食材や、免疫を上げる食材をふんだんに。こう言った知識をどこかで勉強した覚えはないけどたくさん知っているのは母のおかげかもしれない。

 

外食の7割が材料費ではなく、手数料である。だったら、家で作ればその手数料分いい食材を使いたい。で、実際そんなにお金はかからず、外で食べるよりも私が作った方が美味しかったりする。節約というと、食費から削る人がいるが、超貧乏を経験した私からすると食費はもっとも削るべきではない項目だと思っている。なぜなら貧乏人にとって唯一の資産は健康な体だから。元気があればなんでもできる!と思うし、体を壊して医療費さらに働けない期間が生まれることを考えると、いいものを(いやせめて体に悪くないものを)とっておくことは何よりの節約になる。貧乏人でなくとも、月々に支払う保険だって病気にならない体なら必要ない。美容にかけるお金も、ビタミンやミネラルをとって、そして化学調味料をなるべく避けていれば肌が荒れることや老化防止にもなる。もっというと、子供の学習能力や家族のメンタル面なども食事によって左右されると私は思う。

 

食費を削ることで、いろんなところに歪みが起きることを考えると…美味しいご飯を食べられていることって本当に幸せなことだと思う。

 

現役バレリーナだった時は過度なダイエットももちろん当たり前に行なっていたからこそそう感じる。

 

今はこれが欲しい!笑

とはいえ、毎日毎日作るのはめんどくさい時もある。産後仕事もしてあれもしてこれもしてでやっぱり忙しくなると後回しにしてしまうものだ。だから、今この時間のたっぷりあるときに、どうしたら家で美味しいご飯を早く安く手軽に作れるか。その研究と準備をすることも、ダンサーであり、母であり、経営者でもある私の仕事だと思ってる。

 

※家事を完璧にやっている主婦っぽくなってしまったけど、私は実は炊事しかしてません。他の家事はひかるくんがやってくれている。私の担当は美味しいご飯を作ることだけです。皿洗いもしません。

今、カラダは本当に食べることを欲してますか?【断食メガネさんのファスティングをうけて】

 

 

食べることが惰性になってませんか?

義務的になんとなく3食たべないとダメだと思ってませんか?

 

バレリーナはご存知のとおり

ものすごくカラダが細いです。

で、年中ダイエットなんだけど

運動量も半端ないし

全幕踊りきるには尋常じゃない体力が要される

 

炭水化物を抜くと低血糖になって倒れるし

カラダに全然力が入らなくてバテてしまう

 

ミネラルやビタミン、良質な油が不足すると

カラダが乾いてガサガサになる

 

骨も脆くなってケガの元になる

ダンサーとしては致命傷になる

 

 

痩せていて動けるカラダ!

これがなかなか両立できなくて悩むダンサーは多いと思う

 

そんな方におすすめなのが

断食メガネさんの断食!!!

断食は私はすすめてないの!

断食メガネさんの断食をすすめたい

 

 

わかるよ?

最初は私も「断食メガネ」「断食」に怪しさを覚えた

奇をてらった中身のない健康やダイエットを煽る商法には

もう、うんざり!!!!

 

だけど断食メガネさんの発信する言葉に共感できるものが多かった

 

悪いものは排除する

悪いものは叩きまくっていい

そういう信仰があまり私はうけつけられない

 

 

傾向的に過度な健康やオーガニックを示唆するひとって

そんな人が多い気がして

断食もちょっとそれに近いんじゃないかって思ってました

 

でも

断食メガネさんは「食べちゃダメ!」を言わないから好きです

不思議じゃない?断食マイスターなのに。

断食メガネさんの断食をうけると自分で必要か不要かの食べ物を

自分でえらべるようになるんですよ

感覚が蘇るっていう感じです

 

 

 

それでは、気になる私に起きた効果について

 

5日間の断食をしました

 

その間、全く何も口にしないのではなく

酵素ジュースと梅干しとアミノ酸、

それから水をとります

 

・カラダが今まで感じたことないほど軽くなる

・体重は3㎏ダウン

・くびれができた

・肌がつやつやした

・起き抜けから元気!

・粉砕骨折した左膝で片足屈伸ができるようになった

・深い睡眠がとれた

・睡眠時間が短く、食事の時間がないので時間がたっぷり

 

そんなところなのですが

ダンスを踊っていても感覚がバチっとあいます

なにより驚いたのが骨折した左ひざ

後遺症として左足がとても弱く

片足で屈伸なんてとてもできなかったんです

 

それが、最大に深いところまでは屈伸できないにしろ

以前よりかなり自由に動くようになりました

 

ある一定の角度になるとスコンと力が入らなくて

膝から崩れ落ちちゃってたんですがね

耐えられるようになりました

 

そして、体重3キロダウンについても特記しておきたいのは

「食べてないんだから減るに決まってるじゃないか!」

というお声に対して

 

何が減ったと思いますか?

脂肪です

とくに私は腰回りの肉が削られたようになくなりました

 

食べてない間のエネルギーに使ったようです

断食2日目は1日中岩盤浴にいました

3日目はバレエのレッスンをいれました

その他にもカラダを動かしたくてたまらなくなり

どんどん動いて汗をかきました

 

食べてないと力がでないという概念が壊れました

食べない方が元気!!

でも、それは断食メガネさんの

計算し尽くされた指導にのっとってやっているからです

 

酵素ジュースは他で買うものとは質が違います

梅干しも岩塩もミネラル豊富なものをとっているから

食べていない方が元気!という現象が起きたのだと思います

 

ここがポイントですよね

 

自己流で断食は絶対しない方が良い

カラダを壊しますよ

 

一日中岩盤浴にいるなんて

ふだん、私はできません

クラクラして倒れてしまいます

 

でも、このときは爽快感しか感じなかった

肌のトーンが明るくなった

浮腫が一気にとれた

 

ただ、断食は何段階かで

ワンステップずつカラダが改善していくような気がします

だからもう何度か断食しようと思ってます

 

そしてダンスカンパニーUzmeのメンバーに

うけてもらいたいなーと思っています

どうでしょうか?断食メガネさん!

メンバーのグループ断食やってくれませんかね?

スケジュールをレッスンとうまく組み込んでやれたらいいなーなんて

 

 

そんなワケで気になる方はこちらから情報みてみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

断食メガネ(田中裕規)FB/HP

・41日ファスティングを実践
・10日間のファスティング歩きお遍路実践
・ナチュラルラボ株式会社 代表取締役
・つくる株式会社 代表取締役
・ファスティング&フィットネススタジオ
『TUKURU』運営、トレーナー
・分子整合医学美容食育協会
顧問
上級講師
東京中央支部 支部長
プロフェッショナル・ファスティングマイスター
・日本酵素栄養学協会 認定酵素栄養学指導師
・食育健康コンサルタント
・2013年東京オープンボディビル選手権60kg級 準優勝

ファスティング(断食)、健康によい食べ物、食育についてのアドバイス、ウェイトトレーニング、ダイエット、健康に関するトータルアドバイザーです。
常識を覆す独自のメソッドで数多くのスポーツ選手、モデル、タレント、経営者などの肉体改造指導を行なっています。

———————————————————-

Uzmeからのおしらせ

お知らせ

大瀧冬佳バレエレッスン情報

バレエ

 

イベント出演・ヨガWS情報

ヨガ

 

大瀧冬佳をもっと知りたい方

マガジン無料配布しています

Fuyukaマガジン

牛さんがお肉になるまでを子どもに話してみた【ダンサーが考える食事のこと】

 

いただきます、ということ。

 

なんで、「いただきます」を言ったら

立ち歩いたり、ふざけたりしながら食べちゃいけないのか、

食べ物をのこしてはいけないのか。

 

肝心なことを私は子供たちに伝えていないな〜と思った。

「ママに怒られるから」

「保育園ではみんな座って食べるから」

っていう理由で言うことをただ聞く子どもにしたいわけじゃない

 

行儀が悪いからじゃないよね。

マナーとか、人に迷惑がかかるからじゃないよね。

命をいただいているからなんだってことを伝えようと思った。

 

ほんとう無意味な叱り方だな〜

この子たちの胸にはちっとも響いてない

「座りなさい」「ふざけないで食べなさい」

「残さず食べなさい」

 

それで、ウィンナーが何からできているのか

お肉は食べ物になる前なんだったのか

を教えることにした。

牛さんが食べ物になるまで

 

実際に目で見て、聞きにいきたいと思う。

ネットで調べてまずは私から話してみた。

 

「保育園で烏骨鶏をそうちゃんたちは育ててるよね?

そんな風にちゃんと生きていたニワトリさんを殺して

内蔵をお腹をきってだして羽をとって、お肉としてきって

それで、唐揚げとかになってるんだよ。」

 

「可哀想だし怖いかもしれないけれども、

それが本当のことなんだよ。

だけど、ママたちはニワトリさんやブタさんや牛さんの

お肉をたべて元気になったり、背が伸びたりしていくから

ありがとう、いただきますっていって感謝して食べるんだよ」

 

「ママは、だから残してほしくないし

ふざけて食べてほしくない」

 

と、話してみた

 

私も反省した。

なぜ残しちゃいけないのかを

ちゃんと話したことがなかったし

ついつい目先のことに囚われて

「なんでママがせっかくつくったのにちゃんと食べないの」

と目を三角につりあげているばっかりだった。

 

こっちもイライラしてくると

「もう!はやく食べて!!」とか

「いい加減にしなさい!!」とか

意味の分からん怒り方をしてしまっていたなと。

 

「もう食べられなーい」

「これ嫌ーい」に対して

「ちゃんと食べないと大きくなれないよ」とかってね

本当、的外れだった。

 

余裕がなかった。

そもそも「ちゃんと」ってなんなんだ。

 

お肉に限らず、野菜をつくってくれてる農家さんのお話とか

親子で見て聞きに行くことにしようと思う。

私にできる子育てってずっとそういうものだった。

一緒に体験していくもの。

感じて、心からでる「ありがとう」「ごめんなさい」

そして「いただきます」であってほしいなと思う。

親や先生に言わされて出る言葉では意味がない。

 

命をいただくことが食育だと私は考える

食品添加物が体に悪いから避けたりするわけではなく

そこに「いただきます」をいう気持ちがついてこないからだ。

 

食べ物で体がつくられている。

体にいい悪いをやんややんやと騒ぐ前に

恩恵を感じて、命と向き合うことからはじめたい。

 

世の中は便利になり

手間を省くことがとても簡単にできるようになっているけど

子どもを育てることは何も手間を省くことはできない

当たり前のことが当たり前に伝わらない

コントロールしようとすれば反発する

本人がそうしようと思える経験を経ないと

人間ってのは動かないんだよね

 

でも、そう簡単にいいなりになる子どもじゃなくてよかったと思う。

そうじゃなかったら、親という立場にアグラをかいて

私も改めたり、工夫したり、考えたりする機会を

失っていただろうと思うから。

 

そして、パフォーマーである私も

より高いパフォーマンスができる食事や栄養を考えるが

基本はここよね!と初心にかえれた。

なんとなくの惰性で食事をとったりしない。

よく味わって噛んで食べていこう!!

 

 

 

バレリーナダイエット実践記録①【やらざるを得ない環境をつくる】

 

理想のカラダをつくる!

身長 153.0㎝

体重 40.5㎏

の理想をめざして公開ダイエットします。

 

公開ダイエットの動機

 

しっかりマネジメントしてやるダイエットは

およそ10年ぶり。

体重公開はかなりドキドキするけど

ガチンコダイエットやってみようか。。。

(あぁはずかしい。。。。)

現役時代の反動なのか

無頓着ALL FREEでここ10年やってきちゃったので

バレリーナとして信憑性にかけることと

リアル記録をのせることでヘルシーなカラダ作りを提唱できる

そして、自分自身、年齢を考えてもそろそろちゃんと

カラダ作りしていきたいなと決めたから!!

ダンスの質が落ちてしまっている

テクニックや筋肉、体力をつけつつ

無理のない重みに変えていくことで

パフォーマンス向上を本当に今年はしたい!

 

さてはて、気になる現在の体重を公開!

 

言っとくけど!!!

私は今の自分の体も大好きです。

意外とむちむちしてるところも

私らしくて好きで

特段、痩せようとかしてませんでした

 

食事にも制限はかけず

食べたいものを食べたいときに食べたいだけ

というALL FREEな食生活で

睡眠時間も一定してません。

起きたいだけ起きて

寝たいだけ寝る。

 

……

 

………

 

………….う〜っむ

 

…………..言いたくないな〜

増えたの分かってたから計ってなかったの

で、今さっき計ったら…..

なんと!!!!!

 

 

 

50.6㎏!!

きゃあーーーーーーー!

 

可愛らしい数字ね。

 

環境設定

 

目をつぶっていても仕方ない!

ささっと、実践していきましょう。

もう公開してしまったからね。

 

はい!環境設定!

①睡眠時間を一定にする

こちらのsleep betterというアプリを使って

睡眠の質を改善したいと思います。

就寝時間と起床時間をととのえていきます。

 

②食事改善

大瀧冬佳、じつは美味しいものを好きなだけ食べるより

体にいいものをちょっとずつの方が

ずっと幸福度が高いことを知っている。

 

本当はファスティングをしたいのですが

準備が必要なほどの食生活なので

・小麦をぬく

・砂糖をぬく

・和食中心

・外食やめる

・野菜を豊富にとる

・まごはやさしいをとる

・水を一日2ℓのむ

・発酵食品を多くとる

こちらで、1ヶ月間かけてニュートラルに戻したいと思います。

その後考えている計画としては

断食メガネさんのファスティング

http://n-lab.co.jp/fasting/index_pc.html

6月にやってみようかなと!!!

 

③変わらず踊る

そして、保育園の送り迎えをできるだけ徒歩で!

ふゆかつ。をやる

 

これで一ヶ月間様子みます。

 

 


【レッスン情報】

3ヶ月間レッスン受け放題春のはじめてバレエをはじめちゃおキャンペーンやってます!!

下記のレッスンを12,000円で全部受けられます。

 

「はじめてのバレエ」

場所:池袋スタジオBUZZ

レッスン代:4,000円(税込)

 

5/10(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

5/24(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

6/7(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

6/18(土)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:15

RESERVA予約システムから予約する

「ダンサー表現者のためのバレエ」

場所:池袋スタジオBUZZ

レッスン代:5,000円

 

5/17(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

5/31(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

6/11(土)tea13:15~14:15 lesson14:30~16:00

6/14(火)tea9:15~10:15 lesson10:00~11:30

RESERVA予約システムから予約する

「音浸しの会」

5/14(土)18:00~22:00
RESERVA予約システムから予約する

6/25(土)18:00~22:00

7/30(土)18:00~22:00

 

 

【出演情報】

12801289_1200973029931843_5330585217378475662_n

「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」

2016年5月29日 CST飯田橋 (11時〜18時30分)

入場料 無料

多種多様な好きを仕事にされた方の展示、物販、セミナー、トークライブ、ワークショップなどなどが出展されます。私、大瀧冬佳はこちらでダンスショーケースをご披露いたします。私のダンスのテーマは「愛」です。

 

【お知らせ】

「Fuyuka Ohtaki Dance Life」という会社案内の個人版セルフマガジンを4月末発行予定です。欲しい方は無料で送付いたしますので、こちらから件名に「セルフマガジン希望」本文に「氏名」「送付先の住所」「部数」ご記入いただき送ってください。

 

大瀧冬佳Facebook、Twitter申請、フォローお待ちしています。

大瀧冬佳Facebook申請ください。

バナーを作成

・大瀧冬佳Twitterはこちらから

 

バレリーナの食事について〜食べても太らないを目指して〜

 

 

太らない食べ方、食べ物ってあるんでしょうか?

 

現役のころ(15〜18歳)は153㎝で35㎏と、今よりも10㎏もやせていました。もし、食事制限でこういった体重を目指そうと思っているのならあまりにも無謀で効率の悪いことなのでやめた方がいいですよ。

 

なぜなら、あなたが本当に目指したいものは体重でなく、見た目ではないでしょうか??例えば、同じ体重40㎏の人でも見た目が180度違う場合もあります。フレッシュさを欠いてまで目指すにはリスクが高すぎる。

 

現役のころの食事は今では考えられないくらいに質素で、ものすごく制限もしていました。今、もし現役のバレリーナにアドバイスするとしたら、甘いものは控えて、赤身の肉、魚、野菜を食べることをすすめます。乳製品、小麦粉はカットしてほしい。もし、相手がバレリーナであればの話です。

 

しかし、今、私の食事は好きなものを好きな時に好きなだけ食べる。という食生活をおくっています。これのポイントは常識や習慣は無視するということです。一日3食必ず食べるのが健康だという常識、なんでもバランスよく食べるという常識。その一切を疑って、とことん自分の体の声に耳を傾ける。食べたら太るという常識にもとらわれずに行います。すると、自然と食べたいものも、食べたくないもの、食べたい時間、食べたくない時間、体調や気候などにより自分のペースが分かるようになります。

 

ありとあらゆる、食事法、ダイエット法がありますね。そのどれもを私の食事法では通過していきます。きっとどの食事法も一定期間のカラダには正しく、だけど、カラダは常に変化しているので当てはまらないときも生まれるのではないかと思っています。ですので、私はそれを自分の体をつかって実験しています。

 

結果としては、代謝の曲がり角を向かえた現在もとくに体重はキープされ体型も2人出産して胸の形以外は変化なしです。努力はしてません。むしろ甘々です。好きなだけ食べ好きなだけ飲み、時間も深夜の時もありますから。でも、カラダの方が自然とあまり欲しがらなくなったり、季節によっても、月の満ち欠けによっても変わっていきます。そこに柔軟に対応していくと太ることはなくなりました。とびっきり痩せることもありませんが、カラダはすっきり使いやすいです。

 

しかし、もう少しカラダの声を聞きとる精度を高めたく、食べ物と健康について知識を今もたくさん蓄積させているところです。何が正しい、間違っているに囚われず、柔軟にここでシェアできたらなと思っています。

 

 
大瀧冬佳 FB/Instagram

ダンスカンパニーUzme公式サイト

Fuyuka’s Works
舞台イベント講演会コンサルテーション(受付中)

■出演依頼は随時受け付けております。現在は産休中につき出演時期はご相談させていただきます。
お問合せはこちら→http://fuyukaohtaki.com/info/

バレエ作品「瀕死の白鳥」

 

振付/ダンス 大瀧冬佳 (バレエコンテンポラリー/即興)

 

振付/演出/ダンス 大瀧冬佳 (Jazz)

 

■大瀧冬佳 メディア出演

★KeyPageさんにインタビューしていただきました(2017.5.10)
http://keypage.jp/interview/otakifuyuka/

★渋谷クロスFM 加藤望のオトナカワイイ出演させていただきました(2017.5.3)
https://youtu.be/kC5TkzBb9V8

★ネットTV DreamChallenge マジアゲ 出演させていただきました(2017.9.20)
https://freshlive.tv/fabius/154825

筋肉痛との付き合い方

 

 

筋肉痛にならないようにするには

私は一にも二にも「温める」ことだと思っています。

 

 

・飲み物、食べ物は「温かいもの」

・よく寝る

・お風呂にゆっくり浸かる

・運動前に有酸素運動をとりいれて体を中から「温める」

しかし↑この時点で筋肉痛になってしまう、

体が熱を生み出すことに慣れていない。

 

 

ここだけクリアできれば、

私のバレエは筋肉を使わない方向で指導しているので

あとは身体感覚を磨いていくことに移行していきます。

 

 

レッスンのあとは

・常温かもしくは白湯をたっぷりと飲むこと

・早めの就寝

・よく噛んで食べること

・できたら豚肉やレモンや梅干し、黒酢をとる

・手足首、首、耳、肩、股関節をゆっくりまわしてあげる

・いつも以上に呼吸をゆっくり深く

・軽い運動をする

 

 

が、私のやり方ですね。

 

 

 

 

 

余談ですが…

頭の疲労レベルと、体の疲労レベルがアンバランスなのも

質のいい睡眠がとれない原因になります。

 

体の回復は運動が習慣になればなるほど

それなりに疲れがとれるスパンが早くなります。

 

 

 

 

 

アートセラピー ブログランキングへ