私はそもそも腹式呼吸や丹田を疑っている

 

多くの方や多くのメソッドが語る腹式呼吸とは

息を吸った時にお腹を膨らませて、息を吐く時にお腹を凹ます…というそれだ。多くのヨガインストラクターや体に関わるセラピスト、ヨガ愛好家ならば間違いなく聞いたことも実践したこともあるであろうこの「腹式呼吸」。なるべく息は細く長く行う。吐く時おへそを背骨に近づけるように、呼吸を通して内観しましょうというアレね。

 

腹式呼吸は何故いいのか説明できますか

との問いかけに多くのインストラクターは

・自律神経を整えるから

と答えるはずだ。だけども、それは腹式呼吸だからなのか?そもそも腹式呼吸ってどこがどうなっているのかな。他の呼吸じゃダメなの?自律神経って実際になんなんだろうか。などの疑問についての確認や証拠といったものはどこからその情報をとってきたのかが気になるところ。

それでは生徒さんの体を預かる身としては非常に心許ないし、私のような自分の体が商品のダンサーやアスリートにとっては非常に由々しき問題となる。情報の

出どころと、その信憑性ってネットで調べた、本で調べた、人から聞いた程度の情報では気が済まない。だって、私にとっても生徒さんにとっても大事な大事な体なので。それに体のことを知るのは非常に面白い。

 

大瀧冬佳の体の知識と経験

整体師をしていたことがある。その頃は、全くの未経験からもちろん仕事を始めたが、幼い頃から毎日母の全身のマッサージをしていて、人の体に触れることが昔から好きだった。そして、職場には国家資格を持った整体師さんがいて、その方に色々と教わった。厚さが3~5㎝くらいある人体解剖学の本を何冊も手に取り、患者の体に触れては知識と体感を結びつけていった。

ここまではみなさんよくやられること。

ポイントは誰かが方法を言語化したものではなく、ただただ体の事実しか書いていない知識を取り入れること。

ただ私はダンサーだ。知識として取り入れる前から、どうしたら体がどうなるかということを言語化して人に説明することはできなくとも自分の体感としてはたくさん知っている。こうしたら怪我をする、こうしたら痛める、こうしたら神経の痛みが走り、こうしたら筋を違える痛みで、こうしたら筋肉痛の痛みといったような使った時のデータが蓄積されているので、知識を取り込んだ時それは確信に変えていく作業で非常に面白かった。

背骨はいくつもの関節が積み重なっている、そして、それは一つずつ形や大きさが異なり、得意な方向の動きも様々。そうしたことを自分の体に照らし合わせて動いてみて一つずつ検証する。

といったことを全身の骨一つずつ行う。骨はとてもよくできている。

関節で動きは生まれているってこともちゃんと理解するのは実はとっても難しい。これは肩関節と言われるものだけども、肩がどれだけの方向に動くかとその可動域を体感しながら確認していくだけで実は語って柔らかくなる。私の体がすごく柔らかいのは体と自分の脳みその思い込みを関節一つずつ再インストールし直しているからだ。プライベートレッスンではそれを丁寧に一緒にボディスキャンさせてもらっている。そんなことを教えている人はあまりいないと思う。

180度の開脚をしたいとか、ターンアウトできる脚になりたいとかっていうのも、私も筋肉を一つ一つ研究して、幾層にもなっている筋肉の上からどれくらいまでが私たちの意識や感覚で動かせるものなのかというと本当に表面の大きな筋肉しかわかっていないということを判明させたりなどを自分の体で実験して伝える。筋肉は骨にくっついているわけだけど、くっついている場所の始まりと終わりの点と点の距離を短くする働きのみが筋肉のできることだってことも、使ってみて知ってみて理解すること。縮むという一方通行な動きしかできないにもかかわらず、私たちの体は、回す、蹴り上げる、反る、振る、などなど多様な動きが可能だ。それはその動きの数に対応できるだけの筋肉が付いているから。

なのでこんなものを見ながら、動きを細分化させてココとココを近づける動きだから〇〇筋が稼働しているのね!なんて確認作業をする。

二足歩行する私たち人間の体って本当にすごい。今は、筋肉と骨と関節の話しか書いていないけれども、ここに靭帯や神経といったものも密接に絡んできて皆相互に見事に働きあって動作や生存が可能になっている。

私はこうしたダンサーとしての体感と、体オタクとしての知識と、整体師として月に100人以上の方の体に触れた経験とをミックスさせてまだまだ研究を続けている。整体の仕事をしていた時は、月に100本以上の指名をいただいていた。ほっそい腕した小娘が腰が痛いと行ってきた患者の腰に一切触れずに帰りにはコルセットなし痛みなしに帰らせるわけだから、指名がつかないわけがない。丁寧にカウンセリングして、歩き方や動きの癖を観察分析して、何がどうなって痛いのかを解明して少ない手数で施術してあげればいい。

私にとってはデータを蓄積できる格好の場で楽しくて仕方がなかった。

 

話を戻すと…

つまり、

これでも今、私は全然体のことはわからない。完全に理解しようとも思っていないし、できるわけがないと思っている。だからこそ、すでにある知識だって本当かどうかわからない。その中で、どうしても納得がいかないのが、丹田の扱い方と腹式呼吸なのだ。丹田に関しては宗教レベルで、「丹田大事!!!」みたいに言われているから、疑う余地もない状況になっていると思うのだけども。それがもしかしてよくないんじゃないかと思う。下腹は力を入れてホールドすると私の場合、どうしてもパフォーマンスが落ちる。

腹式呼吸に至っては、肺に空気が入るのであって、下腹に空気が入ることはありえない。リラックス効果というのも怪しい。呼吸の仕方をヨガの指導中にすればするほど、初心者の方は特にそちらに気が散りすぎて、リラックスから遠ざかっているように思う。そこまでして腹式にこだわる必要があるのか、知りたいなーというのが最近のテーマ。

ちなみにトップアスリートレベルの運動量で知られるバレリーナは腹式呼吸をしていない。私は腹式か胸式かなんて呼吸に意識を持って行った時にしか明確に話変えてできていない。どちらかというと、自分の脳みそで処理するものを限りなく0にして、その瞬間の場のエネルギーに委ねたいというのがダンサー大瀧冬佳の本音なので、なるべく無意識でできるものがいいのではないかと思っている。無に近づけること!

 

まとめ

私はみんなが正しいと言っていることではなく、結果がでることを伝えたいし、知りたいと思ってどうしても探求してしまいます。この体を使っていろんな方法で自己表現ができるってとても幸せなことだと思うので、それをサポートするし、私が世紀の発見をした時には周りの人に聞いて欲しかったりするんですよね。そんな感じで、レッスンの講師はさせてもらってます。

大瀧冬佳プライベートレッスンの受付始めました。

単発なら、1時間3,500円

週一月4回なら、4回で10,000円

でお受けさせていただきます!(全て税込です)
内容はヨガときっかり限定しておらず、ヨガやバレエ、ピラティス、古武術、などなど混ざったものをプライベートレッスンなのでオーダーメイドでレッスン内容組み立てさせてもらってます!

目的に合わせて、リフレクソロジーやメディテーションやカウンセリングや座学なども人によっては相談して組みこまさせてもらってますm(_ _)m

 

お申し込みはFBや当サイトの問い合わせからメッセージください。

 

 


■大瀧冬佳監修 「カラダの教科書vol.1~2」販売中

https://onlineballet.thebase.in/

解剖学の知識を実際にダンスに応用できるまで考えておられるすばらしい内容だと思いました。
また積極的に世に発信しておられる活動も素晴らしいと思いました。是非頑張ってください!(アレクサンダーテクニーク講師の方よりご感想)

■朝活オンラインでヨガができます

そろそろなんとかしなきゃ!この腹、この体力


■【大瀧冬佳*来年の公演予定】

2018年4月   大瀧冬佳ソロ公演開催予定(スタッフ募集中)
2018年6月末  UzmeArtFes開催予定(一般参加者募集中
2018年11月 NY単独公演開催予定
2018年12月 東京凱旋公演開催予定

お問合せ、ご質問随時歓迎

 

「明日からダイエット」宣言を何度もしているあなたへ〜2016年レッスンのご案内〜

 

 

 こんにちは。バレエダンサーで講師の大瀧冬佳です。
 あなたは何度、「明日からダイエットする」と宣言しましたか?もうそろそろ、ダイエット宣言をするのは最後にしたくはありませんか?人生最後になるダイエットがあるとしたらどうでしょう?
 

 あなたが運動と言う運動を10年していないのはあなたが怠け者だからではありません。お子さんを育てているから。妻として夫の為に家を守っているから。あなたはたくさんの顔をもち、頑張ってきたからです。またお仕事もされていれば自分のことに意識を向けつづけるのは至難の業です。

 

 しかし、現実は現実。いくら目を伏せてもあなたのお肉はそこにあります、体のラインは重力に負け、腰は痛むし、膝も肩も痛む。年々疲れやすく、疲れのとれにくい体になっていく…いざ、自分にお金も時間も費やせるようになったときに、体のあちこちが痛くてやりたいことが出来ない。せっかく待ち望んだそんな時に現実をみれば「女性としてのわたしは」…とあきらめていいんですか?もし、これをやればまだ希望がでてくるとしたらどうしますか?すぐ疲れてしまう体、見たくもない弛んだ体、あちこち痛む体では、残りの人生を自分の為に楽しむ気力も奪われてしまう。

 

 このあなたの希望を奪う厄介な体の3パターンを私のバレエに来てくだされば変えることができます。

 

 ここで「この私がバレエなんか始められるわけない!!」と強く心に急ブレーキがかかると思うのです。安心してください、大瀧冬佳からあなたにお願いしたいことはたった一つ、『最初の一歩を踏み出すことだけ』。

 私のレッスン「はじめてのバレエ」は体のかたい人、バレエが生まれて初めてのアラサー、アラフォー、アラフィフの方しかおりません。しかし、みなさん最初の一歩を踏み出してくださったから、「何もかも初めてだからついていくのはやっとだったけど、とにかく楽しい!これなら続けられそう!」「こんなに音楽に合わせて動くのが気持ちがいいことだと知らなかった」「教室にいるだけでパワーをもらった、もっと続けていきたい!」とダイエットの敵、『継続の壁』をあっさりクリアされてます。

 

 あなたのすることは、たったひとつ!!「最初の一歩をふみだすこと」
 あなたの1年後が、背筋もピンと伸びタイトなジーンズひとつでかっこよく決まるあなたか、毎日に疲れ果て言い訳を並べながら中身まで意固地なおばちゃん化に歯止めが利かなくなっているのか?どちらのあなたでいたいですか?

 

 大瀧冬佳の「はじめてのバレエ」はいきなり「踊れ!」とは言いません。大瀧冬佳が「体が柔らかくなる」ためにする本当のストレッチの仕方、間違いだらけの健康美容ダイエット情報から私自身が確かな効果を感じ、安全だと思ったもののみを私なりにアレンジしたものを行っていただいてからバレエに移行していきます。

 それは、全く運動のされていないあなたがいきなりバレエをしてケガをしないように。体を痛めないように。動けばいいものではありません。痛めてしまえば元も子もありません。大瀧冬佳は20年間ダンサーとして自分の体に向き合い、2年間月に100人の方からご指名をいただく整体師、1日3レッスン週6日ヨガのレッスンを4年間受けもたせていただいてました。体の事に関しての知識、実際の経験、教えた経験の3つがそろっており、目の前で本物のバレエを再現できるのが大瀧冬佳の強みです。

 

 私は心の底からバレエが好きです。私のたった一つの救いバレエがあったから、自分を変えることができ、今日を楽しく生きています。あなたが忙しい毎日に流され忘れていた自分だけのワクワクやドキドキを感じることができます。とにかく楽しい!と思えるレッスンです。そうでないと、あなたにとってどんなに有益なメリットがあっても、辛かったり、つまらなければ続けられません。だから、あなたは「はじめてのバレエ」に行くか行かないかを決めていただくことで、この先1年後のあなたがどんなあなたになるかが決まります。

 

 決めるのはあなたです。

 

【2016年レッスン日程】
1/30 (土) 「10年ぶりのストレッチ」12:45~13:45
       「はじめてのバレエ」 13:45~14:45

2/9 (火) 「10年ぶりのストレッチ」10:15~11:15
      「はじめてのバレエ」  11:15~12:15

2/20 (土)「10年ぶりのストレッチ」10:15~11:15
      「はじめてのバレエ」  11:15~12:15

 

【レッスンの内容】

「10年ぶりのストレッチ」
ヨガをベースに、体の内側からほぐしてケガを予防するためのストレッチを主に行うレッスンです。運動前にストレッチをしてから運動をするのは間違いです。筋肉が切れてどんどん硬い体になってしまいます。つづけていくと最終的には脚を180度ひらける体、前屈がぴったりつく柔らかくしなやかな体を作るためのレッスンです。

「はじめてのバレエ」
バーという手すりにつかまり、バレリーナが普段のレッスンで行うお稽古をゆっくりと解説をいれながら進めていきます。動きは、準備体操の屈伸のように膝の曲げ伸ばしや脚を前にだしたり横に出したりと簡単なものですが、クラシックの音楽にあわせてリズミカルに行います。頭の体操にもなります。簡単な動きではありますが、お尻や足の内側の筋肉、インナーマッスル(体の骨にちかい内側の筋肉)を使えるようにお一人お一人丁寧にみていきます。食事制限のみでは重力に勝てる体は手に入りません。ちょっと気を抜くとリバウンドもすることもあります。しかし、バレリーナの筋肉を手に入れればそれらを解決することができます。最後の15分でバーを片付け、バレリーナ気分を味わえる簡単な振り付けをします。ここでは思いっきり少女にかえったつもりでバレエを楽しんでいただきます。

 

【レッスン代】
1レッスン 3,000円 (お申込み後、振込先口座をメールでお送りします。お振込していただいてご予約完了となります。)

 

【会場】
アムリタスタジオノースB1
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10いちごビルB1

 

【お持ちもの】
・タオル
・動きやすい服装(ジャージ、Tシャツなど)
・お飲物
・靴下(バレエシューズの代用として)

 

【お申込み方法】
①Facebookのメッセンジャー(→Facebook大瀧冬佳
②メール(mementmori.0213_fuu@icloud.com)
のどちらかで

1.氏名
2.ご住所
3.電話番号
4.メールアドレス
5.参加希望日
6.参加希望クラス

を送信してください。

 

 

 

かっこわるくても大きな声で叫ぶことの大切さ

 

 

 

 

 

みんな本当は全然人のことなんか気にしちゃいない。大きな声で叫んでみても届く人にしか届かない。みんな忙しい。それぞれに、問題や悩みや理想を胸に抱え、だからなんとなく人と付き合って、なんとなく同情してみたり…

 

自分の想いを届けるには、結構な覚悟と声で叫び続けないと届かないんだ。


 

 

私はダンサーたるもの「言葉で語ってはならぬ、ダンスで語りたい」と、思いつづけていた。

でもね、世界の頂点をめざしていた私だからわかる。

 

「吉田都さん」ってサッカーで例えるとレアルマドリードのベッカムの地位まで昇った日本人ってくらいに、日本人が誇るべき日本人なんだ。日本人がイギリス政府に認められ大英帝国勲章を贈られてるすごさ。

 

でも、バレエに興味がない日本人はその事実を知らない。

 

私は自分がどういう想いでダンスを踊っているかを話したくなかった。ダンス以外で自分をアピールしたくなかった。やっぱり、ダンスをみて「何であの人はあんな踊りができるんだろう?」って思うダンサーの方がずっとかっこいいと思っていた。昔はそういう風になりたかった。

 

私は天才バレリーナではないし、天才バレリーナになることでしか叶えられないことばかりじゃないんだと、ある時気がついた。だから、今ある能力で最大限に知られることで叶えられる事の方が多いんじゃないかと思った。ダンスのスキルを高めることは当たり前にやりつづけていることだけど、それとこれとはまた別の話。

 

そう!私には吉田都さんのような才能がない分、他でまた補填することができるんだ。そこイジけて怠ってるなんて超もったいない。置かれた場所で咲こうと、少し私が大人になった話です。意地でもダンス一本で勝負したかった。あきらめるのがかっこわるいと意地をはっていた。でもそれはくだらないことで、目的を見失っていたの。私はさ、ダンサーとして有名になることよりも、

 

「自由にダンスの舞台がつくれて、自分もそこで自由に表現して、仲間がいて、たくさんの人がみてくれる」

 

「ダンスがそのつまらない固定概念をぶちこわして、生きやすくなる武器になったり、何のために生まれてきたのか?を気付かせてくれるツールになるんだよ、を広く知ってもらうこと」

 

という二つを叶えたい訳で、そこに『超一流のダンサー』っていう条件は絶対条件ではなかった。

 

なので、いいじゃん!いいじゃん!超一流ぶってかっこつけなくて、私は私でいこう!と思えた。楽しく行こう!あたしはあたしの半径10メートルくらいの人たちの中では、あの天才吉田都よりもバレリーナとして認知されている。知られていなきゃ天才だって、叫んだ人には及ばない。


 

そういう宝の持ち腐れな人たくさんいる。

あなたはどこで咲くつもりなの?そこで咲く意味と、あなたがしたいことは一致しているの?何の意地をはっているの?

 

意地を捨てプライドも捨て、素直に意志を貫き行動する者がどんなに強いか。それを最近まざまざとみせつけられた。どんなに素晴らしいことをしていても「吉田都」ほどの天才でもない限り、大きな声で叫ぶことを怠ってしまえば、武器をもたずに丸腰でやってきた大きな声の人たちに持っていかれる。あんまりじゃないか。

 

 


大きな声で「私はここにいるよ〜」って叫んだとしても、思ったよりも届かないことで、自己満足で終わらせたくないなら天才でないなら叫びつづけることは大切だと私は思う。

 

 


ですから、大きな声で叫びます笑

 

12月19日!!!!!!

『FUYUYKAヨガ』

『はじめてのバレエ』

やりますよーーーーーーー!!!

来てくださーーーーーーぁい!!!

 

 

詳細はこちら!

 

アートセラピー ブログランキングへ

 

 

「好きを仕事にする」と「好きな仕事をつづける」のこえられない壁をこえるには??

 

「好きなことをする」から「それを仕事にする」←ここまでは

やる気があればなんとか自力でできるかもしれない

 

でも、10年続くものでないとごはんは食べていけない。

ましてや、こどもを養ってはいけない。

 

 


「ぷよぷよ」をやったことはあるだろうか??

 

ぷよぷよってゲームのことなんだけど。

(全日本国民がやったことあるものとして説明は割愛。)

 

連鎖させるには技術や戦略が必要

連鎖すれば連鎖するほど高い得点がはいる

 

 


 

 

 

 

どうしたって、

わたしたちの体は一つしかなく

時間も24時間しかない。

 

資本も限られている。

 

 

一馬力をどう倍々にしていくか?

どこで連鎖するように仕込んでおくか?

私の無鉄砲な行動がだんだんと

少しは「で?それがどこの連鎖をうむか?」に基づき

行動できるようになってきている気がする。

 

もうこれは世界仰天ニュースですよ。

(あ!明日12/9、世界仰天ニュース見てくださいね!)

 

 

1アクションがどれだけの利益を生むのか?

そんなこと考えたことなかった。

 

でもそういう視点をもつと

家に届くゴミ箱直行のDMを見る目も

電車の中つり広告も

雑誌の見出しのキャッチコピーも

誰のブログを読むかも

誰に時間をさくかも

変わる

 

 

 


 

特化したスキルをもっていると

自己満足のサービス紹介になっていることがありがち。

 

 

ヨガにおける呼吸がなんなのか?なんて

そう興味のある人以外はべつに知りたくもない。

 

その人にとって得になる情報を

パーーーーンっと気持ちよくシンプルに提示すること。

 


 

 

こういう考え方に

「好きなものが汚れていく」

「好きが好きでなくなるかも」

「好きをお金で換算したくない」

という思いをずっと抱いていた。

 

 

でもね、自信があるからこそ

価値がついてそれでお金を頂いても

至極真っ当なことだと思えた。

 

そんなに好きじゃない、

そんなに本気じゃない

自信をもてない中途半端なサービス

を私がしていたら

「なんて私はあざといんだ〜」と自己嫌悪に陥っていただろう。

 

金額をいくらに設定するのか?を

長らく考えつづけていたけれども

出口までもうすぐな気がしてきた。

とか言って、グサッと痛いとこつかれるのが

広尾の藤野さんのビジネスマラソン。

 

今日も私は日進月歩。

 

 

そんなビジネスマラソン詳細はこちら→広尾88ビジネスマラソン

 

 


・ヨガで体のうんちくは良いから私は何をしたらいいのか知りたい方

→あなたの体をみてどういう状態かどこに意識を向けどう変えたら良いかのレスポンスを素早く出します。それが私のレッスンの特徴。

・日頃から運動不足をどうにかしたいと思ってる方

・子供のころバレリーナに憧れていた方

・最近ストレスがたまって発散できる場所をさがしている方

 

ぜひ、12/19 「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」にお越し下さい。

 

 

 

アートセラピー ブログランキングへ 

 

 

コミュニケーション中の瞑想で無駄なエネルギーを使わない方法

 

瞑想って知ってます??

やったことあります??

 

じっと静かに座ってやるだけが

瞑想じゃないんだよ(私は)

 

 

なんと、私はコミュニケーション中にやっている。

 

 

 

金切り声でキーキーと喚き、

ヒステリックに怒っている人と

コミュニケーションをとるのがたまらなく嫌で

この技をあみだした。

 

 

接客業やってると時々出くわすでしょう?

 

 

 

大したことでもないのに

やんや、やんやと自分の主張の正しさを力説し

相手がどんなに間違っているか熱くなっている人

 

人の悪口を言って同意を求めてくる人

 

 

 

そういう人に遭遇してしまっても大丈夫

自分の心に静けさを保ち

熱くなっているその人を静かに観察する

 

ここは静かな森の中で美味しい空気をたっぷり吸い込むイメージで。

 

これだけ。

 

 

これで、あなたは人に流されず、

余計なエネルギーを使わずに今日も穏やかにすごせることでしょう。

 

 

 

 

そして、もうひとつ応用編!!!

 

 

人と会話しているとき

案外、相手が話しているときに

次自分が何を話すかを頭の中で組み立てていて

あんまり聞いてないときってない?

 

人と話していて

なんか噛み合ない

この人、あたしの話聞いてる?

 

って思うときもあるよね。

 

 

だから、瞑想するの。

心に静けさをたもって

相手の表情、身振り手振りから

何を言いたいのか、何を伝えようとしているのか

観察する。

 

 

当たり前のことだよね。

 

 

 

だから、ヨガっていうのは

そもそもポーズをとることが目的なのではなくて

動きながら瞑想、

つまり自分の中を観察することが目的なんだ。

 

自分が今、ココにいる、をかんじること。

 

 

 

ごはんを食べているときも

人と話しているときも

仕事中も

結構、心ここに在らずになってない??

 

 


 

FUYUKAヨガはポーズの完璧さなんてどうでもいいと思っている。

どうでもいいというより、そこは、専門家の私にまかせてほしい。

 

まずは自分を味わうことをしてもらいたい!!

 

12/19 「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」@吉祥寺

 

 

 

 

アートセラピー ブログランキングへ 

 

 

 

鏡よ鏡、世界でいちばん美しいのはだぁ〜れ??

 

『わたし!!』

と言ってしまえ!!!

 

たかが外見、されど外見な話。

 

 

人の女子力の高さを暗に揶揄する人は結構いる。

 

 

 

 

まぁまぁそんなこと言わないで〜?

 


 

 

 

七五三ではじめてのお化粧をしてもらったとき

成人式で振り袖をきたとき

結婚式でウェディングドレスをきたとき

パァっ〜と目の前のすべてが美しくみえた!!

 

 

今までそんな体験もなく

今後そういう機会もなさそうなら

だまされたと思って

『いいからスタジオラムズに行ってきたらいい!!』

 

 


 

 

 

女子力っていうと

私も少し抵抗があったりする

それは他者目線と誤解されがちなワードだから

12310689_574611799354297_5046538675057860942_n

 

だってこの髪型は

80年代で、とてもゆるふわ女子ではないし

男子からは嫌厭されがちなハードなパーマに

オンザ眉毛の前髪だからね。

 

一部では実験に失敗したとまで言われている。

(そんな悪口を言った犯人はこの方

 

 

私がよけりゃそれで良いのだ。


 

 

自分っていうキャンパスに

好き勝手いろいろやってみていいと思うの

自分の美意識をどんどん磨く

 

 

それがね、最期の最期の自分の砦になることがあるよ。

 

 

母が余命1ヶ月と宣告された闘病中に

精神力が、母も私もギリギリのところを

いかにユーモアをもってすごせるか?にかけていた

 

 

自分をどうしたら見失わずに

負けずにいられるかって

 

やっぱり最期は自分の在り方を試された気がする

 

 

 

うちの母は、自分のスタイルに強いこだわりをもつ人だった

服はしまむらばっかりだったけれども

周りの人は母のファッションを真似し

自慢のロングヘアーをとても大切にしていたから

どこの美容院に行っているのか聞かれていた

 

私が髪にこだわりをもつのは、母の影響もあるかもしれない

でも、自慢の髪も抗がん剤の副作用で全部ぬけてハゲになった

 

 

私「まるで生まれたてのヒヨコ笑」

母「ひどい!!爆笑」

 

とか言いながら、

内心、お互いとても辛かったんだろうけど

笑いに変えて、

ウィッグを買ってきて母は仕方なく満足したフリをしていた

 

 

私、このとき、毎朝、丁寧に化粧をしていた

(今はほぼスッピンなのに…)

 

 

母のお見舞いに来てくれる人、弟たち、

そして自分自身。

みんながどんよりと重苦しい空気にならないよう

ハッタリでも化けてでも、ウソでも良いから

そういう空気は作りたくなかった。

 

 

ウソもハッタリも貫けば

その通りになることある

ならなくても方向をかえることはできる

 

悪い方向っていうのは

一度滑り落ちたら際限なく

ズルズルズルズルっーと

落ちちゃうんだよね。

 


 

余命を宣告されてから1年後のこと

母は、危篤に陥った。

 

 

今すぐ逝ってしまっても

おかしくはない状況を担当医から

私ひとり、告げられた。

 

 

3日生存率5%なくても延命措置をとるか、

 

今、この少しの意識のあるまま逝くときを見守るか

 

の二択だった。

その全権が私に委ねられ

 

私は5%でも「やるだけやる」と母と話し合っていたから

独断で医者に土下座してお願いした。

 

 

それから、10日間私は一睡もせずに

昏睡状態の母に付き添った。

 

 

朝がくれば

母の顔を洗い

母にメイクをして

語りかけつづけた

 

私も毎日化粧をして

母の好きな音楽をかけて

踊ってみせた

爪もみをしたり

手を当てたり

気をおくってみたり笑

 

 

意識がない植物状態なのに

ピッピッピッってやつが

反応するのよ

 

 

それから、奇跡が起きて

母は10日後に目を覚ます

 

人工呼吸器が外れたばかりの喉では

声はでないのに

一生懸命、私に訴えてくる

母はなんと、死の淵からもどってきた第一声に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ママのピアスどこやったの?穴が塞がっちゃう!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

唖然….笑

…….気絶に近い感じで、私は3日まるまる、寝ました笑

 

 

「あぁ〜ごめんね。

化粧はしといたんだけど

ピアスはさ、なんかいろいろ検査とかあるし

そこまで気がまわりませんでしたよ。」

 

 

 

 


これは極端な例かもしれないけれど

自分がどう在るかって

本当に重要だなと思う。

 

 

化粧、と言うくらいだから

化けている訳だけども

不思議なことに潜在的な

自分の底力が湧き上がってくるんだよね

 

仮面かと思いきや

そうではないんだよね

 

 

自分に自信をもてて

より自分らしくふるまえたり

姿勢もシャン!として

笑顔があふれて

キラキラ輝くんだよね

 

 

人は変わることに抵抗をもっているから

そのきっかけにメイクがなっているんだと思う。

 

 

笑顔があふれて、

そしてまわりにもその笑顔が伝染するなんてステキでしょ?

 

 

 

 

 


ダンサーは「美意識」の追究をしつづけている

どの自分をどう表現するか??

 

 

 

いちばんのお気に入りの服をきて

きれいに化粧をして

かっこいいポージングで

 

「鏡よ鏡、世界でいちばん美しいのはだあれ?」

「わたし!!」とこたえてみよう!!

 

 

 

んな、アホな!!って言ってないで

最初はこっそり心の中でやればいいのだ。

 

 


大きな鏡の前にたつことってあまりないですよね?

どうです??ちょっと見てみませんか??

バレエはそういう意味ではうってつけ!!

ほんの少しの勇気で変化を!!

(と、言いつつ、もう少しでお申込みを締め切ります。いそげ〜!!)

 

レッスン情報→12/19 「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

 

 

 

アートセラピー ブログランキングへ

 

 

踊る踊る踊る、書く書く書く、話す話す話….しながら学ぶ

どうしてアウトプットをするの?

インプットがほぼ意味ないと思っているからだよ!

 

上手に踊ろうと思って踊れたというより

→踊ってみたら上手だったらしいとか

 

いい記事書こうと思って書いたというより

→書いてみたらいい記事だったらしいとか

 

美味しいごはん作ろうと思って作ったというより

→作ってみたら美味しかったらしいとか

 

 

結果と目標のとらえかたがインプットしつづける人とは逆だと思う。

 

 

 

 

結果はあなたには操作できない

アウトプットしながらの方がインプットできるし!

 

 

ただアウトプットしつづければいいってもんでもなくて

柔軟性は必須アイテムと思う

 

アウトプットするには

信念とか意志とか決意とか

必要だと勘違いしてる人多いかと思うけれども

あんまりなくていいと思う

 

 

 

大事なのはそこを楽しめているか?

 

 

清水の舞台からなんちゃらっていう覚悟はそんなにいらない

 

 

空回りする原因はそれです。

いつ信念を曲げてもいいから

その先を見たいという好奇心と探究心、そして柔軟性。

 

 

それが

踊ってみたら、人を感動させる踊りができてたらしい

までに到達するかもしれないんだ

 

 

 


 

 

私はバレエの先生としてクラスを自分で開きたい!と

3ヶ月前に思った。

 

そして、動き出した。

ひとまず、私は「バレエがおどれます、バレエをおしえられます」「バレエをおしえたいんです」

とどこに言っても話しつづけ、居酒屋で隣に座ったおじさんにも話した。

 

すると、おじさんは連絡先を教えてくれて

いざ開くとなったときに

チラシをおじさんのお店に置いてくれた。

 

アウトプットってそんな小さなことの積重ねです。

 

 

そこで、私がおじさんの経営の極意についてお話を聞きつづけても良かったけど

自分がこうしたいを話さなければ、

おじさんはじゃあ大瀧冬佳に自分ができることは何だろう?を考えてはくれなかった。

 

一番聞きたいアドバイスをしてくれるしね!!

 

実際、私はそのお話のときに、ただの主婦でした。

パートに行って、家事をして、子育てをしている主婦。

 

 

でも、お金をかけずに、誰にでも、いつでもアウトプットはできるんだよ。

 

 

アウトプットとインプットの応酬にあえるのが『かさこ塾』ですよ!!!

あたしにすごくあってた!!!

 

 

それから、商人魂のインプット、アウトプットしたいなら

絶対、広尾88のビジネスマラソン!!!

 

アウトプットって言われても意味分からん!!の背中をポンと押されて

進みだした人たちをたくさん見ました。

もちろん、私も!!!!

 

 

私のバレエのクラスもインプットじゃなくてアウトプットなのです。

自分を受け入れる、自分を癒す、自分に向き合う

自分を表現する、自分の内面をアウトプットする

 

 

難しいことじゃなくて、

おどってみたいな〜

カラダがやわらかくなったらな〜

そんなワクワクした気持ちをもって来てください!!

 

バレエのお席が埋まってきましたが

お申込み受け付けています!!!

12/19「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

 

 

からだかたくても大丈夫ですよ〜

 

FUYUKA流自分の整え方〜あしうら③の補足〜

 

 

あしうら③

の記事を投稿いたしましたら

なんだかたくさんご質問をいただきまして

 

 

つべこべ言わず

と書きましたが…

補足をいれたいと思います。

 

 

 


 

 

もう一度足の骨の形を観察してみてください

IMG_0272

 

形状からして

赤線の位置が一番加重がかからない

負担が少ないところだと私は思ってます。

 

それで、ここに重心をおいていると

自然とスネの骨の近くの筋肉がつかえて

連動して太ももの内側や骨盤周辺の筋肉を使えるんです。

背骨もゆるく保てる

 

別なところに重心をおくと

その分、別な場所で頑張らなければ立っていられない

すると、ふくらはぎや背中、腰、太もも、肩、首なんかが固まるのです。

 

 

この内側の筋肉は

使ってる感覚がないものなので

意思で動かせない、感じないので

「つべこべ言わず」と書きました。

(面倒くさかったわけじゃないんですよ笑)

 

 

ちゃんと、全身がゆるーくなる風に

筋肉がリンクしているので

設置感も感じにくい位置ではありますが

やってみてください。

(因みにわたしは足裏のアーチが高いのでココは地面から浮いてます)

 

 

(歩くときはこのライン上を外→内と体重移動しているのが感じられると思います)

(足裏はねじれながら着地しますので、愚直にゴンゴンと真っ直ぐつかなくていいですからね!)

(そういったことも関節するのがカラダの声を聞く第一歩だと思います)

 

 

 

 

 

そんなこともふんだんに織り交ぜながらのレッスンを行っています!!

12/19(土)「FUYUKAヨガ」「はじめてのバレエ」

 

 

舞台度胸と勝負強さの極意

 

 

あの人はもってる

決めるときにバシっと決められてかっこいい。

 

 

なのに自分は本番に弱い…

失敗したら、声がうわずっちゃったらどうしよう….

舞台にあがってもかっこわるい姿をさらすことになる

あがらないでクールな自分でいた方がマシだ。

 

天才と自分のような凡人はちがうんだ

大人しくしている方が無難

 

 

 

なんて思っていたら、

それは大きな勘違いだよ!!

 

 

 

 

みんな、みんなプレッシャーを感じている

それを力に変換できるか

はたまた足かせにしてしまうかの違い

 

 

私もわすれてた〜このゾクゾク感久しぶりに味わってる

私のように数えきれない失敗と成功の場を経験していると

プレッシャーはもはや楽しみでしかありません。

 

なので、ここに至る極意をご紹介。

 

 

  1. 視点をかえる

人は未知なこと、自分のコントロールがきかないこと

しらない、分からないことに恐怖や不安ストレスを感じる

 

だから、成功、達成、賞賛、失敗、からは視点をはずして

やることのみに淡々と集中すること

 

決めるときに決められる人は

見ているところが違うんだよ

 

 

2. 「思い込む」

 

こうありたい!こうやりたい!こうなりたい!

→こうあった!こうやった!こうなった!

 

までを細かーくイメージして自分を洗脳する勢いで思い込み、なりきる

そう振る舞う。

 

 

だから間違っても「緊張して吐きそう」とか

「プレッシャーに押しつぶされそう」とか言わないし

そういう表情もつくらない。

 

顔と脳は距離的にもすごく近いところにあって

楽しいときに哀しい顔はふつうできないと思う

そういう風に脳にインプットされている訳で

緊張の面持ちでいたら、緊張して呼吸の浅いメンタルとカラダになってしまう

 

 

実際、私は中学生の段階で

徹子の部屋にでてなんと答えるかまでイメージしていた

「バレエをはじめたきっかけはなんですか?」

「バレエはあなたにとってなんですか?」

「未来のバレリーナにむけてアドバイスはありますか?」

 

 

そして、失敗談としては

何度も何度もトゥシューズから血がにじむほどターンの練習をして

コンクールでどうしても「転ぶ」イメージに囚われて

案の定、大きな舞台で一人でたって「転んだ」

そのターンのときに。

もっと楽しむべきだった。踊りに集中すべきだったけど

私は自分に負けてしまって、舞台から降りた瞬間に

嗚咽がでるほど悔しくて泣いた。

 

 

だから逆流させるイメージで

成功したときの表情をつくって

心もカラダもニュートラルでフラットな自分で挑むこと。

 

 

 


ここまでで、それをいざやってみようと思うと

ものすごい集中力が要されるのにお気づきだろうか?

 

スポーツ選手がやるメンタルトレーニングというのは

ザックリ言って、この能力を最大限まで引き出すことをしている。

 

 

次にご紹介するのはこの集中力を上げる為のヒント!

 


 

3.  自分を信じる

 

これは練習の段階から結果に囚われない

気持ちをつくっていくこと。

 

目標や結果は自分ではコントロールできない

外の事象なので気にしない

 

できることをひたすらコツコツと自分を信じて取り組む

 

 

目標に向かって努力してしまうと

舞台にたつときに

あんなに努力したのに失敗できない!

という気持ちになってしまうから

 

立つ前から、外じゃなく内に目を向けて信じること

 

 

だから、私は目標を設定したら

目標を見て天井を決めてしまわないように

その倍以上のできることを考える。

 

例えば、ブログ1日1記事更新!であれば

一日に5、6記事あげても、10記事あげられるならあげる

自分のベストをつくすってこと。

 

 

ベクトルはあわせて到達点はいけるところまで。

コツコツやる。

 

 

目標や結果はベクトルでしかない

信じるのは自分だけ。

 

 

4.  思ったよりも人は優しい

 

つまりが人の目が気になっちゃうんだよね

何度かプレッシャーのかかる場を経験すると

結果はどっちに転がっても

人は案外温かいってわかると思う

 

一番厳しいのは自分自身で

みんなは敵ではないということ

 

結果が伴わないで頑張ったことを評価されるのは

小学校中学年までかな?

 

やっぱり結果を強いられ

出さなきゃ意味がないっていうのが

社会で生きていくってことが建前としてはあるけれど

本当のところはそうでもないって思い込んで

人の目も味方につけて取り組んだ方が

得だよね!って思う。

 

 


 

そんなマインドづくりにはヨガが最適です!!

 

2015年12月19日(土) 10:15~11:15 FUYUKAヨガ

11:15~12:15 はじめてのバレエ

 

@吉祥寺 参加費 各回2000円

 

残席 3名様です!お早めに〜

 

詳細はこちら→12/19 FUYUKAヨガ・はじめてのバレエ ご案内

 

 
クリックポチっとお願いします^^
 

アートセラピー ブログランキングへ 

一朝一夕に結果が欲しい人たち

 

 

 

 

結果を求めすぎると

遠回りになってしまうことがある

 

 

バレエの稽古に例えると

「高く足をあげたい!」という見た目の結果を求めていると

力で足をあげてしまい

足は太くガチガチにかたまり

とても重たくあがりにくい足ができてしまう。

 

 

 

身の回りでそのようなことはありませんか?

 

 

子供に「ごめんなさいは?」と結果をもとめる。

子供はなぜ「ごめんなさい」なのかの中身を考えずとりあえず言う。

子供の口からの本当の「ごめんなさい」から余計に遠ざかってしまう。

 

 

ダイエット。

体重計ばかり乗って食事を制限し

代謝の悪いやせにくいカラダに….

 

 

結果をもとめる人とは反対側には

「ありのままでいい」という意見

これはなぐさめの言葉でも、

開き直りOKの意味でもない。

 

 

結果を求めすぎている人への「おちつけ!」の言葉がけだ。

 

 

いい風にとって、わがままし放題

成長打ち止め、思考停止、向上心はいらない…

を促す言葉ではないよ。

 

 

日進月歩、ゆっくりじっくり成熟させていこう!

結果を求めて結果を求めず。

 

 


良いのはわかっているけれど

一朝一夕にいかず結果がなかなかでないのはあきてしまう…

お気持ちわかります…

私のレッスンでは楽しさや続けやすさに

とくに気を配って企画からレッスンの中身を構成してます。

 

【レッスン情報】

12/19 (土) ふゆかYOGA 10:15~11:15

はじめてのバレエ 11:15~12:15

@吉祥寺アムリタスタジオノースB1

 

参加費 各2000円(当日現金にてお支払いください)

お持ちもの 動きやすい服装、靴下、タオル、飲み物

お申込み方法 mementmori.0213_fuu@icloud.com

1お名前 2住所 3電話番号 4受講希望クラス

をご送信くださいませ!尚、Facebookのメッセージからもお受け致します!
Facebook友だち申請どうぞ!

大瀧冬佳

 

ご参加おまちしております!

アートセラピー ブログランキングへ