足の一本二本もげても踊るのが大瀧冬佳だ

 

 

 

やっぱり何かがないとできないって

すぐに思っちゃうんですけど

多分そんなことはないんですよ

 

何を奪われても

何を失っても

何が壊れても

それでも私の自由の翼は折れませんって

 

ないならないで

きっとそれはそれでいいものができるんですよ

 

例えば私の耳が聞こえなくなったとしても

例えば私が足の一本二本失ったとしても

問題ないっす踊ります

だって命は持っていかれていないから

 

お金がないなんてつまらん理由で

時間がないなんてつまらん理由で

あなたは命があるのにやりたいことやらないの?

 

妻が反対している

夫が反対している

親が反対している

兄弟が反対している

あなたはいつまで誰かの奴隷でいるのかと

 

いつか….

いつかと言う日は

あなたが決めない限り一生やってこないって知っている?

 

今回の旗揚げ公演で私は団員に何度

「今を生きろ」と言っただろうか

 

 

外にばかり答えを探しに行っても

答えは自分の中にしかないからね

いつまで自分から逃げるんだって何度言っただろうか

 

 

何がしたい

何が伝えたい

何が欲しい

何ができる

 

答えはあなたの中にある

誰かがこれじゃないの?って教えてくれるもんじゃないんだよ

甘えるな、自分の命をなめるなと吠えまくってきた

 

私はあなたの答えなんて知るもんかと

そうして接してきて

冷たいなぁ〜とよく自分のことを思った

優しい団長でいる方がたぶん楽

 

でもそんなことしたら

私は私自身のことも信じられなくなる

私は私に自惚れ肝心な時に勝負できなくなる

ガラクタを守っている余裕は

私にはなかったから

大切なもの以外全部切って捨ててきた

 

今、足がなくたって踊れるなと思えるのは

そうやって積み重ねてきたからだと思う

 

ところで、

チケットの購入はお済みでしょうか?

チケット買わないと見られないですからね!

【現金振込みでの購入】
http://stage.corich.jp/stage/80675/ticket_apply

【クレジットでの購入】
https://uzmeticket.thebase.in/

 

 

大瀧冬佳ってこんな人
「KeyPage」に掲載させていただきました↓

http://keypage.jp/interview/otakifuyuka/

※「変わりたくなった!」ボタンを押してください!

 

ダンスカンパニーUzmeについての詳細は

shibuya cross FMに出演させていだきお話しました↓

 

ダンスカンパニーUzme公式サイトはこちら↓

http://uzme.dance/

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP