ダンサーオーディションを終えて

 

 

私は実は昨日のオーディションで

パフォーマンスを見て

涙を流してしまった

その方のというよりもみなさんを見て

 

 

心が震え、感動の涙を流したのではなかった

この世界の残酷さに

自分の嫌になるほどの正直な気持ちに

辛くて辛くてどうしたらいいかわからなくなってしまった

 

 

みなさんが必死だった

真剣だった、でもね現実なんです

パフォーマンスが全てだという現実

 

 

私だって悔しい思いなんて

いくらでもしてきた

 

あんなに練習したのに実力を出し切れなかった自分に腹が立ち

心の弱さに力の無さに、嫌気がさして

下手くそなクソな踊りに泣きながら稽古してたし

人知れず涙を流した日もあったし

今だってまた別の悔しさは毎日ある

 

でも全ては自分が決めたこと

全てはその日その瞬間私を見てくれる観客の皆様のため

 

 

今日だって、オーディション終了し帰宅後

朝までNYの予算計画書を立てて

パンフレットの原稿を書いて

スタッフの手配から全ての連絡やら諸々…

衣装を直して、

そんな事務作業をしながら

朝になるまで作品が降りてくるのを待った

けどなんも出てこなくてゲロ吐きそう

 

私は主役としてあの舞台に立っていたけれども

全体の1%にも満たない時間なんだよね

数え切れないダンスとは関係もないような手数が鬼のようにある

だからってそんなの1ミリも観客には関係ない

いつ何をどう過ごしていようが

その場で圧倒的なパフォーマンスができればそれでいいんだ

 

登場しただけでその場の空気を変える存在感があるとか

自分で言うなよ、じゃあやって見せてよ

感じさせてよ、その存在感

って言うそういう世界

 

すっげえ練習してもさ

届かない時があるんですよね、何かが

と言うより思うより何も届いていなくて自分だけの世界だったりして

表現って表に現すと書くので自分の中だけのものじゃダメなの

何が足りないのか

才能なのか、練習量なのか、答えはいつになってもわからないけど

ただ圧倒的にかなわないと思わせられてしまう人は存在して

 

 

今回のオーディション

私は観客として純粋に楽しめなかった

目の前のこの人たちがどれだけここにかけて

練習を積んで、考えられるだけのこと全て手は打って

それはわかるんだけど

それだけやってきてくれて、でも惹かれなかった

 

そんな客としての目が一番正しい

 

できることならみんな合格にしたいけどね

私自身がそう言う客としての目で

鏡を通して自分に厳しく生きていて

人を背負ってその目に打ち勝って行けるほど

私は自分に奢っていない

そんな傲慢にはなれない

 

私もその厳しさと残酷さを誰よりも知っているから

 

それを思ったら歴然と判断がすぐに降りてくる

素直な自分の心に対して

なんだかいろんな感情が込み上げてしまった

 

情や理性で選ぶのは失礼だしね

 

 

だけども本気で突っ込んできた時点で

全員勝ち得るものは確実にあるはずなんだ

私は落とされて失うことより得ることの方が今まで多かったように思う

 

本当に悔しいって気持ちって

そうそう味わえない

言い訳や退路や逃げ道を用意しておけばね

そう言う想いを味合わずに済むんだけど

その方がもっともっとたくさんのものを失うんだ

 

自分に嘘を平気でつけるようになってしまったり

自分の限界を超えていくような力の出し方を忘れてしまう

その他大勢には染まれるけれど自分ってなんだったのか

なんのために生まれてきたのか

なんで私は踊ってきたのか

さっぱりわからなくなっちゃって

それって本当に悲しいことですよ

 

 

だけど悔しい思いには未来しかない

あなたは逃げなかった

本当の厳しさを知ることで

本当の優しさを手に入れるよ

 

あなたのそのバネは次の壁を越えるのに必要なものなんだ

 

そう、私も信じてきてそれは間違いなかったと今でも思う

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP